【Windows 11】WhyNotWin11で更新できない原因を探ろう【動作環境】

windows-11-whynotwin11

Windows 11のアップグレード可否を判定する公式アプリでありながら、微妙な出来のPC 正常性チェック。
今回の記事では「WhyNotWin11」を利用して、Windows 11へ更新できない原因や詳細を確認してみます。


Windows 11の動作環境

最小要件Windows 11Windows 10
(64bit)
Windows 10
(32bit)
プロセッサまたはSoC搭載物理コア 2コア以上
動作周波数 1GHz以上
64bit互換であること
動作周波数 1GHz以上
メモリ4GB以上2GB以上1GB以上
ストレージ64GB以上20GB以上16GB以上
グラフィックスDirectX 12互換(WDDM 2.x)DirectX 9以上(WDDM 1.0)
ディスプレイ画面サイズ 9インチ以上
解像度 1280×720以上
解像度 800×600以上
インターネット接続Microsoftアカウントともに必要任意

WhyNotWin11のダウンロード

WhyNotWin11をダウンロードするには、下のボタンから「GitHub(WhyNotWin11)」に移動します。

GitHub(WhyNotWin11)

GitHub(WhyNotWin11)が開いたら、大きな画像が見えるまで画面を下にスクロールします。

whynotwin11-download-2

Downloadの項目が表示されたら、図示した「Download here」を選択します。
すると「WhyNotWin11.exe」のダウンロードが始まります。

whynotwin11-download-1

WhyNotWin11の使い方

ダウンロードした「WhyNotWin11.exe」を実行します。

whynotwin11-icon

アプリの実行後、PCの環境により「WindowsによってPCが保護されました」と表示されるかもしれません。
このメッセージが表示されたら、ウィンドウ中央左にある「詳細情報」を選択します。

whynotwin11-install-1

詳細情報により「アプリ」や「発行元」が表示されたら、画面下にある「実行」を選択します。

whynotwin11-install-2

WhyNotWin11はとくに操作を必要としないアプリです。
そのため「実行」したのちにしばらく待てば、チェック項目が一覧で表示されます。

これらの項目のうち「OK」がWindows 11の動作条件を満たすものであり、逆に「×」がアップグレードに必要な条件を満たしていないものです。

whynotwin11-upgrade

PC 正常性チェックの使い方

ちなみに「PC 正常性チェックの使い方」は、別記事で詳しく解説しています。

windows-11-system-requirements-150x150
【Windows 11】動作環境とPC 正常性チェックの使い方【アップグレード】

Windows 10の後継として2021年後半にリリースが予定される、オペレーティングシステムのWindows 11。
今回の記事ではこの「Windows 11」の動作環境と、更新を支援する「PC 正常性チェック」を解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-パソコン