【WordPress】プラグインをバージョンダウンする方法【WP Rollback】

wordpress-plugin-version-down-wp-rollback-1

豊富に公開されているプラグインを導入することにより、管理者が望むサイト作成が可能となるWordPress。
今回の記事ではこの「プラグイン」を、バージョンダウン(ダウングレード)する方法について解説します。

WP Rollbackの機能

WP Rollbackを導入するとWordPressのプラグインに「ロールバック」を追加して、巻き戻しを可能にします。
これによりプラグインのバージョンアップによってトラブルに遭遇しても、導入前の状態に復元できます。

WP Rollback

wordpress-plugin-version-down-wp-rollback-info

WP Rollbackの導入方法

WP Rollbackを導入するには、WordPressの管理画面から「プラグイン」の「新規追加」に進みます。
キーワード検索に「WP Rollback」を入力して検索結果に表示されたら、インストールして「Active」です。

この流れはWP Rollbackに限らず、WordPressへプラグインを導入する際の基本的な操作になります。

wp-rollback-install

WP Rollbackの注意点

WP Rollbackを導入したら、同じく管理画面からプラグインの「インストール済みプラグイン」に進みます。
すると各プラグインに「ロールバック」というボタンが追加されているため、ここから巻き戻し可能です。

wp-rollback-use-guide

ただしバージョンダウンを行う前に、ロールバック対象のプラグインでバックアップを必ず行いましょう。
例えばTablePressであれば「テーブルをエクスポート」から「すべて選択」の後で「JSON」を選択します。

そこから「エクスポートファイルをダウンロード」を行えば、TablePressのバックアップが完了します。
とはいえ私のようにデータがあまりに多い場合、エクスポートに失敗するため小分けにする必要があります。

wp-rollback-notice

WP Rollbackの使用方法

ダウングレードしたいプラグインのバックアップを終えたら、任意の項目で「ロールバック」を選択します。

wp-rollback-use-guide-2

例としてTablePressの場合、私の環境化で不具合のあった2.0.1から長らく使っていた1.14に戻してみます。

wp-rollback-use-guide-3

過去のバージョンを選択して『次のロールバックを実行してもよろしいですか?』と表示されたら、自己責任で「ロールバック」します。
トラブルにさえ遭遇しなければ、作成したテーブルを維持したまま本体のみダウングレードできます。

wp-rollback-use-guide-4

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

おすすめメーカーやクーポンセールも ⇒ ゲーミングデバイス祭りimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-サイト