リコイルコントロールの方法と武器の相性判断

2014年05月15日 [戦闘論]

この記事では射撃の際に基本となる、リコイルコントロールの方法を解説します。
併せて各武器に設定されているリコイルとプレイヤーの、簡単な相性判断も行います。

リコイルとは?

各武器に設定されている反動の数値です。(上と左右方向のみ・下方向は無い)
射撃を行う度に一定の方向へ設定された値だけ銃身が移動し、目標との差違を生み出します。

一般的にはレートや威力が高い武器はリコイルが強く設定されており、制御しにくい傾向。
逆にレートや威力の低い武器はリコイルが抑えられており、制御しやすい傾向にあります。

リコイルコントロールとは?

上記の通り各武器を普通に射撃すると、リコイルにより目標の上部を射撃してしまいます。

recoil-01

そのため例えばこのようなリコイルなら、同じ値だけマウスを下方向に動かします。
この時下方向に動かす値が強すぎると、銃身が下がりすぎるため注意が必要です。

recoil-02

もちろん上方向だけでなく、左右方向にもリコイルは存在します。
上方向と同様に、リコイルとちょうど相反する程度の強さでマウスを左方向へ動かします。
(例図は右リコイルの場合、左リコイルの場合はマウスを右方向へ移動する)

recoil-03

しかし実際の射撃では上方向と左右方向を合わせた、斜め方向への制御が必要となります。
(例図は右リコイルの場合、左リコイルの場合はマウスを右下方向へ移動する)

ちなみにリコイルコントロールが不得意な方のポイントは、左右リコイルが小さい武器を選ぶこと。
下方向に比べると左右方向への制御は難しいため、左右リコイルが強い武器は不利に働きます。

武器の相性判断方法

ここからは私が推測する、簡単な武器の相性判断方法を解説します。
突然ですが、格闘ゲームをアーケードステイックでプレイしているところをイメージして下さい。

recoil-04-2

αがいわゆる波動券コマンドです。
この波動券コマンドが得意な方は、手を内側に移動する「押し」に適しているということ。

つまり右手が左手と同じ特徴だとすれば、右リコイルが大きい武器の制御に向くでしょう。

βがいわゆる竜巻旋風脚コマンドです。
この竜巻旋風脚コマンドが得意な方は、手を外側に移動する「引き」に適しているということ。

つまり右手が左手と同じ特徴だとすれば、左リコイルが大きい武器の制御に向くでしょう。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ