COUGAR 300M ゲーミングマウス レビュー

2015年11月04日 [日記]

信頼性と反応速度に優れた、4000 DPI対応ゲーミングマウスのCOUGAR 300M
今回の記事では競技系プロゲーマーの要求を十分に満たすという、この商品をレビューします。

関連記事1:クーガーマウスパッド スピード Sサイズ レビュー
関連記事2:COUGAR 200K ゲーミングキーボード レビュー

COUGAR 300M ゲーミングマウス オレンジ

レビュー動画

COUGAR 300Mのポイント

4000 DPI対応
Avago製のADNS-3090 高性能光学ゲーミングセンサーを搭載しています。
高耐久設計
500万回のクリックを保証する、オムロンマイクロスイッチを搭載しています。
LED変更可能
1680万色のカスタマイズが行え、3種類のプロファイルに割り当て可能です。

公式動画

商品説明

cougar-300m-01

パッケージにはマウス本体と同じオレンジを配色しており、店頭でも目立ちそうです。

cougar-300m-02

商品内容は、マウス本体と取扱説明書の2点です。
マウスの管理ソフトウェアであるCOUGAR UIX SYSTEMは、メーカーサイトから導入できます。

cougar-300m-03

マウスの全景です。
形状はプロゲーマーによる協力のもと開発されたという、右利き用の設計です。

cougar-300m-04

マウスを左後部から見た画像です。
搭載された全7つのボタンは、エルゴノミクスデザインに添って配置されています。

cougar-300m-05

マウスを左前部から見た画像です。
メインボタンには500万回クリックの耐久性を誇る、オムロンマイクロスイッチを採用しています。

cougar-300m-06

マウスを右後部部から見た画像です。
手を添える表面には滑り止めのラバーコーティング加工が施され、シットリとした感触です。

cougar-300m-07

マウスを右前部から見た画像です。
ホイールにはALPS製のエンコーダと、ゴム製のホイールを採用しています。

cougar-300m-08

マウス本体の奥側です。
ホイール直下にDPI変更ボタンを、さらにその下に2つのLEDバックライトを搭載しています。

ちなみにこのLEDバックライトは、なんと1680万色から任意にカスタマイズが可能です。

cougar-300m-09

マウス本体の手前側です。
メーカーロゴが主張しすぎない程度に印刷されています。

cougar-300m-10

マウス本体の左側面です。
親指の周辺には、2つのサイドボタンを搭載しています。

cougar-300m-11

マウス本体の左側面後部です。

cougar-300m-12

マウス本体の後部です。

cougar-300m-13

マウス本体の右側面後部です。

cougar-300m-14

マウス本体の右側面です。

cougar-300m-15

マウス右側面には僅かな窪みを備え、持ち上げやすくなっています。

cougar-300m-16

搭載された2つのサイドボタンはマウス奥側が進むマウス手前側が戻るです。
もちろんこの設定は、COUGAR UIX SYSTEMを使用することで変更することができます。

cougar-300m-17

ホイールをスクロールした感触は、カチカチよりもコロコロ寄りです。

cougar-300m-18

ホイール直下のDPI変更ボタンを押すことで、設定した2種類の解像度を交互に切り替えできます。
またLEDバックライトは、現在の解像度とプロファイルをライトの数と色で表示してくれます。

cougar-300m-19

DPI変更ボタンはホイールよりも低めに設計されており、ゲーム中に誤って押すことはありません。

cougar-300m-20

マウスの底面です。

cougar-300m-21

中央には、Avago製のADNS-3090 高性能光学ゲーミングセンサーを搭載しています。
このセンサーは最大4000 DPIと、ポーリングレート1000Hzに対応しています。

さらに左側のモードサイクルボタンにより、最大で3つのプロファイルを順番に切り替えできます。

cougar-300m-22

底面上部には最高の滑りと正確性を実現するという、ゲーミングソールを採用しています。

cougar-300m-23

底面下部にも上部と同様のソールが、マウスの幅いっぱいに採用されています。

cougar-300m-24

パソコンとの接続には、一般的なUSB Aコネクタを使用します。

cougar-300m-25

ケーブルには絡みにくく耐久性の高い、編込みケーブルを採用しています。

まとめ

右利き用のエルゴノミクスデザインを採用した、解像度4000 DPI対応のゲーミングマウスです。
突飛な形状でないため使用者を選びにくく、他製品から乗り換える際にも違和感を感じにくいでしょう。

またスイッチには500万回のクリックを保証するという、高耐久のオムロンマイクロスイッチを搭載。
表面には施されたラバーコート加工は滑りにくく、ゲームに集中できる快適な環境を提供してくれます。

さらにマウスの管理ソフトウェアであるCOUGAR UIX SYSTEMを使えば、様々な柔軟な設定に対応。

各プロファイルごとに、DPI変更ボタンでリアルタイムで切り替えできる2種類の解像度を設定したり、
7つのボタンに好みの機能を設定できるうえ、ゲームの起動でプロファイルの自動切り替えも可能です。

プロファイルの切り替えを行うモードサイクルボタンはマウス底面にあり、押しにくいとも言われます。
しかしこの機能も任意のボタンに変更できますから、私なら押しやすいDPI変更ボタンに割り当てます。

そのほか割り当てできる機能には、スナイパーモードも存在。
このスナイパーモードは、割り当てたボタンを押している間だけスナイパーDPIに切り替える機能です。

例えばこのスナイパーDPIを極端に低くしておけば、遠くの敵の頭を狙うことすら容易に行えます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ