【Amazon】Fireタブレットの性能比較まとめ【2021】

2021年4月9日

amazon-fire-tablet-hikaku

Amazonが提供するサービスとの親和性が高く、またコストパフォーマンスが優秀なFireタブレットシリーズ。
今回の記事では現在販売されている「Fireタブレット」の性能や、おすすめのセールについてまとめます。


Fireタブレットとは?

ショッピングサイトのAmazonが販売している、Androidベースの「Fire OS搭載タブレット」のことです。
Amazonのサービスと相性が良い設計であり、同価格帯の他社タブレットと比べると性能が高い傾向です。

しかし独自のOSを採用しているため、Google Playで提供されているアプリがインストールできないことも。
そのため購入する前に「Amazonが許可したアプリしか使えない」ということを、認識しておきましょう。

ちなみにインストールしたいアプリの「apk」を直接Fireタブレットに導入すれば、動くアプリもあります。

Fireタブレットで出来ること

Fireタブレットで出来ること

  • 映画やドラマ、音楽や電子書籍まで様々なコンテンツがこれ1台で楽しめる
  • Prime Video、Netflix、DAZN、Abema TVなどのストリーミングサービスを視聴できる
  • アレクサと話しかけて天気予報やニュースを聞いたり、Alexa対応家電の操作ができる
  • ペアレンタルコントロール機能を利用して、子供向けの設定に変更することができる
  • ストアから任意のアプリでカスタマイズでき、microSDカードによる容量拡張もできる

Fireタブレットの性能比較

Fireタブレット比較Fire HD 10Fire HD 8 PlusFire HD 8Fire 7
カラーブラック
ブルー
ホワイト
スレートブラック
ブルー
ホワイト
ブラック
ASINB07KD9HHM3B0839N8B8VB07WJSJ28XB07JQP28TN
ディスプレイサイズ10.1インチ8インチ7インチ
解像度1920 × 12001280 × 8001024 × 600
画素密度224ppi189ppi171ppi
SoCMT8183MT8168MT8163V/B
CPUCortex-A73(2.0GHz × 4)
Cortex-A53(2.0GHz × 4)
Cortex-A53(2.0GHz × 4)Cortex-A53(1.3GHz × 4)
GPUMali-G72 MP3 GPUMali-G52 3EE MC1Mali-T720 MP2
RAM2GB3GB2GB1GB
ストレージ32 / 64GB16 / 32GB
オーディオDolby Atmos
デュアルステレオスピーカー マイク
モノラルスピーカー マイク
Alexa搭載Alexa搭載
ハンズフリーモード対応
Alexa搭載
ハンズフリーモード対応
(Showモード非対応)
USBUSB-C (2.0)USB 2.0
microSD対応(最大512GB)対応(最大1TB)対応(最大512GB)
カメラ2メガピクセルフロントカメラ
リアカメラ +720pHDビデオレコーディング
wifiデュアルバンド a/b/g/n/acデュアルバンド a/b/g/n
バッテリー最大12時間最大7時間
サイズ262 × 159 × 9.8mm202 × 137 × 9.7mm192 × 115 × 9.6mm
ワイヤレス充電-対応--
ゲームモード-対応-
重量504g355g286g
保証1年間限定保証90日間限定保証

引用元:Fireタブレットのデバイス仕様

Fireタブレット紹介

一部のタブレットに限り「3ヵ月分のKindle Unlimitedつき」が「Kindle Unlimitedなし」と同価で選べます。
この「Kindle Unlimited」は、200万冊以上が読み放題となる「月額980円」のサービスです。

Fire HD 10

Fireタブレットシリーズ中、最も大きなディスプレイを採用したことで「動画視聴に向くモデル」です。

CPUにはCortex-A73とCortex-A53のオクタコアCPUを搭載している反面、2GBメモリが貧弱という声も。
とはいえ価格を考慮すると機能面は十分であり、シリーズで唯一「1年間限定保証」が付属しています。

Fire HD 8 Plus

専用充電スタンドを用意することで「ワイヤレス充電」に対応した、スタンダードな8型タブレットです。
下位のFire HD 8に比べるとメモリが2GBから3GBへ変更されており、アプリの安定性向上が期待できます。

Fire HD 8

Fire HD 8 Plusとは違いワイヤレス充電に非対応となっている、クアッドコアCPU搭載の8型タブレットです。
HDディスプレイ搭載機では最も安価であり、外出先でダウンロードしたコンテンツの視聴にも適します。

ちなみにFire HD 8シリーズが対応している「ゲームモード」とは、通知を外しプレイに集中できる機能です。

Fire 7

軽くて持ちやすいデザインと最大7時間駆動のバッテリーを採用した、microSD対応のエントリーモデルです。
お試ししやすい価格から初心者向けと言える一方、低性能のため素直にオススメしにくい側面もあります。

Fireタブレットの購入を検討している際にはこの「Fire 7」に限らず、まずレビューを確認しておきましょう。

おすすめのセール

記事作成時点では「Fire HD 8 Plus」と「Fire HD 10」がセール対象です。

前者のFire HD 8 Plusは、タブレット本体に便利なワイヤレス充電スタンドがセットになった商品です。
しかもこのスタンドにタブレットを横向きで置くと、自動的にShowモードが起動する設計です。

つまり充電しながらAlexaを利用し、ハンズフリーでFire HD 8 Plusを使用することができます。

後者のFire HD 10は、自動でスリープ/スリープ解除ができる純正カバーが実質無料となるセットで販売中。
しかも落下や衝撃から本体を保護してくれる「キッズカバー」も実質無料ですから、大変お買い得です。

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

スマホ料金最適化 ⇒ 月額290円でドコモ回線impression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062月額0円でau回線

よく読まれている記事

-Amazon, タブレット