【手書き】第2世代Apple Pencilと第1世代Apple Pencilの違い【対応型番】

2021年7月27日

apple-pencil-tigai

絵を描く、スケッチする、色を塗る、メモを取る、PDFに注釈を加える時などに活躍するApple Pencil。
今回の記事では第2世代と第1世代の違いと、各々が対応するiPadのモデル番号(製品型番)を解説します。


iPad Airの紹介動画

Apple公式に「Apple Pencil」の紹介動画がないため、代わりにiPad Airの動画を紹介します。
冒頭からApple Pencilを使用しており、Apple Pencilの使い方が簡単にイメージできると思います。

Apple Pencilの性能比較表

Apple Pencilには形状と機能の異なる「第2世代」と「第1世代」があります。
どちらもピクセルレベルの精密さを持ちながら、使い慣れた鉛筆のように使えることが特長です。

Apple Pencil紹介ページ

性能比較表第2世代Apple Pencil第1世代Apple Pencil
型番MU8F2J/AMK0C2J/A
税込価格15,950円11,880円
長さ166mm175.7mm
直径8.9mm
重量20.7g
接続BluetoothBluetooth
Lightningコネクタ
その他の機能磁力での装着とペアリングマグネット式キャップ
同梱物Apple Pencil本体Apple Pencil本体
Lightningアダプタ
予備の先端
無料の刻印サービス対応-

Apple Pencilの対応表

新旧のApple Pencilには、対応するiPadと対応しないiPadが存在します。
ちなみに表に記載されていないモデルは、そもそもApple Pencilが利用できないiPadです。

また後述のモデル番号がわかる場合は「Ctrl + F」で検索するか、右下のフォームに入力してください。

iPad対応表第2世代Apple Pencil第1世代Apple Pencil
iPad Pro12.9インチ 第5世代
A2378 / A2461 / A2379 / A2462
12.9インチ 第4世代
A2229 / A2069 / A2232 / A2233
12.9インチ 第3世代
A1876 / A2014 / A1895 / A1983
11インチ 第3世代
A2377 / A2459 / A2301 / A2460
11インチ 第2世代
A2228 / A2068 / A2230 / A2231
11インチ 第1世代
A1980 /A2013 / A1934 / A1979
12.9インチ 第2世代
A1670 / A1671 / A1821
12.9インチ 第1世代
A1584 / A1652
10.5インチ
A1701 / A1709 / A1852
9.7インチ
A1673 / A1674 / A1675
iPad Air第4世代
A2316 / A2324 / A2325 / A2072
第3世代
A2152 / A2123 / A2153 / A2154
iPad-第8世代
A2270 / A2428 / A2429 / A2430
第7世代
A2197 / A2200 / A2198
第6世代
A1893 / A1954
iPad mini-第5世代
A2133 / A2124 / A2126 / A2125



モデル番号の確認方法

AppleのiPadやiPhoneには「Aから始まる文字列」が、各製品ごとに割り当てられています。
iPadの場合は背面で確認できますから、iPhoneのようにSIMトレイを取り出す必要はありません。

ipad-model-number-1

新旧のApple Pencilの違い

第2世代Apple Pencilと第1世代Apple Pencilの違いは、その形状と充電する方式にあります。

第2世代Apple Pencilが、第1世代Apple Pencilよりも優位な点

  • 第2世代はピクセルレベルの精密さと、業界トップレベルの低レイテンシーを実現している
  • 第2世代と第1世代の直径と重量は同じだが、長さを比べると第2世代が9.7mm短くなっている
  • 第2世代は鉛筆のようなデザインとなり、より転がりにくくなった
  • 第2世代は対応するiPadに平面の部分を近づけると、吸着しつつ充電するようになった
  • 第2世代は第1世代と違い、見栄えの悪いiPadに直接差し込んでの充電が不要になった

新旧Apple Pencilの外観

第2世代Apple Pencil

第2世代Apple Pencilには平面があり、どこまでも転がる第1世代Apple Pencilとは異なります。
ただし「転がりにくいだけ」ですから、第1世代と同じく紛失には注意しましょう。

apple-pencil-2nd-design

第1世代Apple Pencil

第1世代Apple Pencilは全体が丸く、ペン先の反対側に充電用のコネクタとキャップがあります。
充電はiPadに直接接続するほか、同梱のコネクタにiPhoneの充電器を挿して行う方法があります。

apple-pencil-1st-design

Apple Pencilの共通アクセサリ

Apple Pencilの共通アクセサリとして紹介できるのは「Apple Pencilチップ」です。
これは消耗したペン先の交換用途として使える、第1世代と第2世代の両方に対応したApple純正品です。

Apple Pencilの便利アクセサリ

紛失防止キャップ

Apple Pencilのキャップや純正Lightningアダプタの紛失を防止できる、シリコン製のアクセサリです。

代替キャップ

紛失したApple Pencilのキャップの代わりにLightning端子を保護できる、シリコン製のキャップです。

メタルクリップ

スーツの胸ポケットやカバンに挿して持ち運べる、高級感のある表面加工を施した金属製のクリップです。

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-Apple, タブレット