【Apple】Apple WatchでiPhoneのロックを解除する方法【Face ID】

Apple WatchでiPhoneのロックを解除する方法

顔認証でiPhoneのロックを解除する「Face ID」と同時に使用することが可能な、Apple Watchのロック解除。
今回の記事ではこの「Apple Watch」を利用して、顔の認識がしにくい状況下で解除する方法を解説します。

Face IDについて

Face IDは従来の指紋認証システムである「Touch ID」に次ぐ、より高度で便利な「生体認証」の方法です。
iPhoneではiPhone X以降のモデルに導入されており、今ではiPad Proシリーズまで広がっています。

またiPhone 12以降かつiOS 15.4以降という両方の条件を満たせば、マスク着用中でもFace IDが使えます。
この仕様変更により顔認証を行うたびにマスクの着脱を行う手間から開放され、より快適になりました。

Face IDについて

参考リンク:Apple

Apple Watchでロックを解除する方法

Apple Watchでロックを解除するには、まずiPhoneのホームから「設定」をタップします。

設定

設定に移動したら、画面を下にスクロールして「Face IDとパスコード」をタップします。

Face IDとパスコードに移動したら、再び画面を下にスクロールします。
そして『APPLE WATCHでロック解除』という項目に到達したら「有効化」します。

すると『顔を認識できないときは"Apple Watch名"を使用してiPhoneをロック解除します』と表示されます。
メッセージに従って「オンにする」を選び、必要に応じてApple Watch側で設定を行えば完了です。

Apple Watchでロックを解除した状況

Apple Watchでロックを解除すると『このiPhoneでロック解除されました』と表示されます。

設定内に「マスク着用時Face ID」が存在するモデルの場合はこの「Apple Watchによるロック解除」が不要な場合もありますが、私の環境下ではマスク着用時でもたびたび機能していますし、また「マスク着用時Face IDが非対応のモデル」を使用中であれば、Apple Watchと組み合わせることできっと便利になるはずです。

Apple Watchでロックを解除した状況

  
1周年イベント:RED DASH復刻 NIKKEの情報を見る

🎉 新イベント:ONE MORE TIMEが開催中です


スマホ料金最適化 ⇒ 月額290円でドコモ回線月額0円でau回線



-Apple, スマホ