【AQUOS】sense7 plusとsense7の違い【機能比較】

2022年9月26日

aquos-sense7-plus-sense7-tigai-hikaku

2022年9月26日に発表された、シャープのスマートフォンであるAQUOS sense7 plusとAQUOS sense7。
今回の記事では「1/1.55型の大型センサー」を搭載した、この2つのAndroidスマホの違いを解説します。

2022秋冬 AQUOS新製品発表会

AQUOS sense7 plusの紹介動画

約6.4インチの大画面を搭載した「AQUOS sense7 plus」の紹介動画です。

AQUOS sense7の紹介動画

AQUOS sense7 plusとほぼ同じ機能を実現している「AQUOS sense7」の紹介動画です。

AQUOS sense7シリーズの特長

AQUOS sense7 plusと、AQUOS sense7に共通する特長をまとめました。

AQUOS sense7シリーズの特長

  • CPUにオクタコアの「Snapdragon 695 5G Mobile Platform」を搭載している
  • アウトカメラに約5,030万画素の「1/1.55インチセンサー」を採用している
  • 6GB RAMと128GB ROMを備え、最大1TBまでの「microSDXC」に対応している
  • お風呂防水対応という高い防水機能に加え「MIL-STD-810G」の耐衝撃性能も備える
  • 生体認証として従来の指紋認証のほか「マスク対応の顔認証」が使える

AQUOS sense7 plusとsense7の性能比較

シャープ公式の「AQUOS2022秋冬 最新モデル」を参考に、それぞれの性能を比較してみました。

性能比較AQUOS sense7 plusAQUOS sense7
ディスプレイ約6.4インチFHD+ IGZO OLED約6.1インチFHD+ IGZO OLED
解像度2,340×1,0802,432×1,080
OSAndroid 12
CPUSnapdragon 695 5G Mobile Platform
(2.2GHz + 1.8GHz オクタコア)
RAM6GB
ROM128GB
外部メモリmicroSDXC(最大1TB)
内蔵バッテリー容量5,050mAh4,570mAh
Wi-FiWi-Fi 5(IEEE802.11a/b/g/n/ac)
BluetoothVer.5.1
防水 / 防塵IPX5・IPX8(お風呂防水対応)/ IP6X
耐衝撃対応(MIL-STD-810G)
生体認証顔認証(マスク対応)/ 指紋認証
外部接続USB Type-C
音声出力イヤホンマイク端子(3.5φ)
その他おサイフケータイ[FeliCa] / NFC対応
サイズ約160㎜×約76㎜×約8.2㎜約152㎜×約70㎜×約8.0㎜
質量約172g約158g

AQUOS sense7 plusとsense7のカメラ比較

AQUOS sense7 plusとsense7のカメラに、違いは見当たりません。

カメラ比較AQUOS sense7 plusAQUOS sense7
アウトカメラ1有効画素数 約5,030万画素(標準)CMOS
F値1.9レンズ「焦点距離23㎜相当(35mm換算)」
アウトカメラ2有効画素数 約800万画素(広角) CMOS
F値2.4レンズ「焦点距離15㎜相当(35mm換算)」
インカメラ有効画素数 約800万画素 CMOS
F値2.0レンズ「焦点距離26㎜相当(35mm換算)」

AQUOS sense7 plusとsense7のバンド比較

AQUOS sense7 plusとsense7を比較すると、下位モデルに当たる後者のほうが対応するバンドが多いです。

バンド比較AQUOS sense7 plusAQUOS sense7
5G NR(sub6)n3 / n28 / n77 / n78n3 / n28 / n41 / n77 / n78 / n79
4G LTE(FDD-LTE)1 / 2 / 3 / 8 / 12 / 171 / 2 / 3 / 5 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 21
4G LTE(TD-LTE)38 / 41 / 42
3G(W-CDMA)1 / 2 / 81 / 2 / 5 / 8
2G(GSM)900 / 1800 / 1900850 / 900 / 1800 / 1900

AQUOS sense7 plusとsense7の違いまとめ

AQUOS sense7 plusと、AQUOS sense7の違いをわかりやすくまとめました。
双方の大きな違いは、より高いリフレッシュレートの実現と高音質スピーカーの有無です。

つまり上位の「AQUOS sense7 plus」なら、AQUOS sense7以上に動画や音楽を堪能できるということです。

  • AQUOS sense7 plusは、動画フレーム補間120fpsに対応した240GHz駆動のIGZO OLEDを搭載している
  • AQUOS sense7 plusは、AQUOS史上最高のBOX構造採用大口径スピーカーユニットを搭載している
  • AQUOS sense7 plusは、内蔵バッテリー容量が5,050mAhと大きい(AQUOS sense7は4,570mAh)
  • AQUOS sense7 plusとAQUOS sense7との基本性能に大きな違いはなく、カメラ機能も同一である
  • AQUOS sense7 plusの対応バンドはAQUOS sense7よりも少なく、4G LTE(FDD-LTE)では顕著である
  • AQUOS sense7 plusの解像度(2,340×1,080)は、下位のAQUOS sense7(2,432×1,080)に劣る

引用元:SHARP

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

スマホ料金最適化 ⇒ 月額290円でドコモ回線impression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062月額0円でau回線

よく読まれている記事

-スマホ