【世界最軽量】AQUOS zero2とAQUOS zeroの違い【ベンチマーク】

投稿日:2020年2月3日 更新日:

aquos-zero2-aquos-zero-hikaku

有機ELディスプレイ搭載で世界最軽量を実現したという、SHARPのハイエンドスマホであるAQUOS zero2。
今回の記事では2020年発売の「AQUOS zero2」とAQUOS zeroを、ベンチマーク結果とともに比較します。


 

AQUOS zero2 紹介ムービー

AQUOS zero 紹介ムービー

デザインの違い

AQUOS zero2とAQUOS zeroの主な違いはディスプレイサイズや、メインカメラの数にあります。
またAQUOS zeroでは背面に搭載されていた「指紋認証」が、AQUOS zero2では画面内で行えます。

※画像左「AQUOS zero2」 画像右「AQUOS zero」

aquos-zero2-design-hikaku

引用元:AQUOS zero2 | ソフトバンク

性能の違い

AQUOS zero2とAQUOS zeroを比較すると、CPUやメモリなどの基本性能と画面サイズが変更されています。
またAQUOS zero2には広角カメラが追加され、ディスプレイ性能が大きく向上しています。(※後述)

ちなみに記載しているAQUOS zeroのスペックは、SoftBank版となる「801SH」のものです。

性能比較AQUOS zero2
(SH-01M)
AQUOS zero
(801SH)
サイズ(縦×横×厚み)約158×74×8.8mm約154×73×8.8mm
重量約141g約146g
OSAndroid 10Android 9
CPUSnapdragon 855
(2.8GHz + 1.7GHz)
Snapdragon 845
(2.8GHz + 1.7GHz)

SH-M10は周波数相違
2.6GHz + 1.7GHz)
RAM / ROM8GB / 256GB6GB / 128GB
外部メモリ非対応
ディスプレイ約6.4インチ / 有機EL約6.2インチ / 有機EL
解像度FHD+(2340×1080)WQHD+(2992×1440)
アウトカメラ約1220+2010万画素約2260万画素
インカメラ約800万画素
バッテリー容量3130mAh
防水 / 防塵IPX5・IPX8 / IP6X
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.0
フルセグ / ワンセグ-
おサイフケータイ対応
NFC対応
顔認証対応
指紋認証対応(画面内)対応(背面)
テザリング最大10台

ベンチマーク比較

Antutuベンチマーク

最新の「AQUOS zero2(SH-01M)」のAntutuベンチマークと、Geekbenchの結果です。

aquos-zero2-sh-01m-benchmark

ハイエンドスマホの「AQUOS R3」や、人気機種の「AQUOS sense3」のデータも掲載しておきます。

aquos-sense3-sh-02m-benchmark

増減率とは「AQUOS sense3」を基準とした「AQUOS zero2」との比較です。

aquos-zero2-sh-01m-graph

Antutu(Ver.8.2.2)AQUOS zero2
(SH-01M)
AQUOS R3
(SH-04L)
AQUOS sense3
(SH-02M)
増減率
総合427637396815116615+267%
CPU13240813183541561+219%
GPU15011215870316798+794%
MEM753214451032764+130%
UX697966176725492+174%

Geekbench 5

記事掲載時点で「AQUOS zero」のAntutuベンチマーク未回収のため、Geekbench 5を利用します。
増減率とは「AQUOS zero(SH-M10)」を基準とした「AQUOS zero2(SH-01M)」との比較です。

Multi-Coreのスコアを比較すると、AQUOS zero2はAQUOS zeroに対して「19%優位」となるようです。

aquos-zero2-sh-01m-geekbench

Geekbench 5AQUOS zero2
(SH-01M)
AQUOS zero
(802SH)
AQUOS zero
(SH-M10)
増減率
Multi-Core253721832126+19%
Single-Core757508503+50%

引用元:801SH - Geekbench 5 CPU Search

ゲーミング性能について

AQUOS zero2を紹介するうえで欠かせないのは、10億色の表現力を持つ有機ELディスプレイにあります。
従来よりも美麗な表現ができることに加え、リフレッシュレートは滑らか表示の「120Hz」に対応します。

さらに黒画面挿入により残像を抑える4倍速(240Hz表示)も可能であり、タッチ感度も驚愕の240Hzを実現。
ゲームの勝敗にも大きな影響を及ぼすハードウェアを限界まで追求し、ゲーミングスマホの地位を狙います。

 

よく読まれている記事

-スマホ

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.