【B4B】Back 4 Bloodをフルスクリーンでプレイする方法【ShadowPlay】

2021年10月13日

back-4-blood-gameusersettings-ini-full-screen

標準ではボーダレスフルスクリーンモード、もしくはウィンドウモードしか選べないBack 4 Blood(B4B)。
今回はフルスクリーンモードを有効化し、ShadowPlayを利用して録画できる状態にする方法を解説します。


GameUserSettings.iniの位置

Back 4 Bloodをフルスクリーンでプレイするには「設定ファイル(ini)」を直接編集します。
この設定ファイルは「GameUserSettings.ini」という名前であり、プレイ環境により位置が変わります。

下記に示したどちらかのディレクトリを探すか、検索ソフトの「Everything」を利用して見つけてください。

保存先

C:\Users\USERNAME\AppData\Local\Packages\WarnerBros.Interactive.e172091a-6630-4ff3-959f-830_ktmk1xygcecda\LocalCache\Local\Back4Blood\WinGDK\Saved\Config\WinGDK

または

X:\WpSystem\★\AppData\Local\Packages\WarnerBros.Interactive.e172091a-6630-4ff3-959f-830_ktmk1xygcecda\LocalCache\Local\Back4Blood\WinGDK\Saved\Config\WinGDK

※上記の★の部分には長い文字が入りますが、個体を表す可能性があるため割愛しています

フルスクリーンでプレイする方法

フルハイビジョン(1920×1080)の環境でプレイする場合の設定例です。

71行目、72行目

ResolutionSizeX=1600(例) ⇒ ResolutionSizeX=1920
ResolutionSizeY=1000(例) ⇒ ResolutionSizeY=1080

78行目、79行目、80行目

FullscreenMode=1 ⇒ FullscreenMode=0
LastConfirmedFullscreenMode=1 ⇒ LastConfirmedFullscreenMode=0
PreferredFullscreenMode=1 ⇒ PreferredFullscreenMode=0

編集部分まとめ

編集する部分を図で示しました。

back-4-blood-gameusersettings-ini-full-screen-change

設定後のグラフィックオプション

前述の方法でフルスクリーンモードを有効化して、オプションの「グラフィック」に移動しましょう。
グラフィックタブの最上部にあるウィンドウモードがロックされ、顔のアイコンが表示されれば完了です。

back-4-blood-graphic-option-1

垂直同期やFPS制限を変更する方法

垂直同期やフレームレートに関わる設定も、変更しておくと良いでしょう。
変更するための項目は、先程のウィンドウモードと同じ画面の下部にあります。

垂直同期 ⇒ オフ
FPS制限(選択式) ⇒ ディスプレイ、もしくはカスタム
FPS制限(指定値) ⇒ 最大値

back-4-blood-graphic-option-2

Back 4 Bloodのカード一覧と効果まとめ

ちなみに「Back 4 Bloodのカード一覧と効果まとめ」は、別記事で詳しく解説しています。

back-4-blood-card-kouka-build-support-150x150
【B4B】Back 4 Bloodのカード一覧と効果まとめ【ビルド支援】

究極のリプレイアビリティを目指したという、豊富なカードを利用してデッキを作成するBack 4 Blood。
今回の記事ではこの「B4B」のカードシステムとデッキの作成方法、および全カードの効果を解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-B4B, ゲーム