【NTT東西】コラボ光を選択すべき理由【事業者変更】

2023年2月22日

コラボ光を選択すべき理由

全国で最も大きなシェアを持つNTT東西のフレッツ光およびコラボ光と、競合する他社光やケーブルテレビ。
今回の記事ではプロバイダが速度に影響するため評価が不安定な、コラボ光を選択すべき理由を解説します。

インターネットサービスの種類

インターネットサービスの種類

現在選択可能な候補として挙げられる「主なインターネットサービス」についてまとめました。

主なインターネットサービス

  • FTTH ⇒ 光回線のこと。フレッツ光&コラボ光や電力光、auひかりやNURO光などがある
  • ADSL ⇒ 電話回線を利用した従来の主流規格。今後のサービス終了が示唆されている
  • ホームルーター ⇒ モバイル回線を利用した代替手段。一部の業者は住所固定である
  • モバイルルーター ⇒ モバイル回線を利用した移動手段。現在は需要が低迷している
  • テザリング ⇒ モバイル回線を利用した機能で番外。スマホをモバイルルーター化する

おすすめの光回線

私がおすすめしたい光回線は、タイトルにあるとおり「フレッツ光」もしくは「コラボ光」です。
とはいえ前者のフレッツ光は新規申込み向けの特典が乏しいため、これから検討するならコラボ光一択です。

そこで初手に選択したいおすすめのコラボ光は、工事費が一括無料となっている「ドコモ光」です。
一定期間工事費を相殺する実質無料は数多くありますが、負担のない一括無料はおそらくドコモだけです。

話が前後しますが、おすすめの光回線にNTT東西のフレッツ光と関連するコラボ光を挙げる理由はただ1つ。
それは設備が共通のため、携帯会社を乗り換えるMNPを利用した場合に再工事が不要となることです。

例えばコラボ光からauひかりに乗り換える場合、再工事が不可避ですので一時的に回線が2本になります。
しかも初期費用が再び発生することから、例えauひかりが工事費実質無料でも長い拘束期間が発生します。

仮にこの拘束期間中に、今のauやUQ mobileからSoftBankやdocomoに乗り換えたくなったとしましょう。
すると工事費の残債・違約金に加え、プランや時期により撤去工事費の3つが重くのしかかって来ます。

これでは乗り換えでどんなに大きな特典を積まれても、光回線の切り替え費用で相殺されてしまいます。
しかしコラボ光であれば再工事が不要ですし、初手がドコモ光であれば工事費の残債すら発生しません。

また一般的に誤解されている「フレッツ光やコラボ光が遅い」というのは、プロバイダ選びの失敗です。
知名度の高いメジャーなプロバイダでIPoE(IPv4 over IPv6)方式を選べば、まず快適に通信できます。

さらに思い出して欲しいのは、昨年通信が不安定なことで話題となった「NURO光」の存在です。
NURO光は表向き独自回線のため事業者変更に対応しておらず、気軽に乗り換えできない光の業者です。

これがコラボ光の場合、万が一なんらかの影響でサービスに問題があれば乗り換えれば良いのです。
コラボ光の基幹となっているフレッツ光に大きな問題が発生したことは、経験上遭遇していません。

光回線の切り替え方式まとめ

光回線切り替え方式のまとめ

新規・転用・事業者変更・解約新規など「光回線の切り替え方式」についてまとめました。

光回線の切り替え方式

  • フレッツ光からコラボ光 ⇒ 転用と呼ばれる。フレッツ光の違約金は請求されない
  • コラボ光からコラボ光 ⇒ 事業者変更と呼ばれる。現在はアナログ戻しも不要となった
  • コラボ光からフレッツ光 ⇒ これも事業者変更。ただフレッツ光への再転用に旨味はない
  • コラボ光から他社光 ⇒ 解約新規と呼ばれる。戸建てなら2本引いて1本解約するのが常
  • 他社光からコラボ光 ⇒ これも解約新規。工事費残債や違約金が負担ならSoftBank光へ

おすすめのホームルーター

もしあなたが「固定回線が使えない環境」に住んでいるなら、ホームルーターを選択すべきです。
基本的にSoftBank Airは論外ですが、WiMAXやクラウドWi-Fi、docomoのhome 5Gならまずまずです。

このとき選択すべきホームルーターは端末一括無料の業者が良く、速度が出ない場合の切り替えが容易です。
もしホームルーター選びに迷ったら、またもやdocomoのホームルーターがおすすめとして挙げられます。

ドコモ贔屓というわけではないのですが、ドコモのインターネットサービスは選択肢として悪くありません。
とくに最も後発なだけあって速度も比較的期待でき、先ほど取り上げた端末一括無料も遭遇しやすいです。

home 5Gが他社に劣る点は使用場所が契約住所に固定される点で、日によって使用場所を変えられません。
しかし端末一括無料キャンペーン適用時は3年間3,850円で使え、気になる違約金も存在しないプランです。

NURO光から乗り換える方法

ちなみに「NURO光から乗り換える方法」は、別記事で詳しく解説しています。

【NURO】おすすめな光回線の乗り換え先は?【キャッシュバック】

現在通信速度が極めて遅かったり通信品質が安定しないことから、問い合わせが増えているというNURO光。
今回の記事ではこの「NURO光」からオススメする乗り換え先について、主な光回線サービスを解説します。

続きを見る

頻繁に更新されます! Amazon 売れ筋ランキングを見る

🛒 売上に基づいた最も人気の商品です




-スマホ