BTSP-10P 低音強化型のBluetoothスピーカー レビュー

2016年01月28日 [日記]

あらゆる方向から臨場感あふれる音を放つ、BluetoothスピーカーのBTSP-10Pir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00QK0BRWY
今回の記事では音質を犠牲にすることなく小型化を実現した、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B00QK0BRWY&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00QK0BRWY

Inateck – Bluetoothスピーカー BTSP-10Pir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B00QK0BRWY

BTSP-10Pのポイント

迫力サウンド
3W+3Wフルレンジスピーカーを採用した、低音強化タイプです。
長時間駆動
音楽を一日中楽しめる、連続再生最大15時間のバッテリーを内蔵しています。
コンパクト設計
赤い金属メッシュとブラックシェルを備えた、コンパクトな設計です。

商品説明

btsp-10p-01-320x240

Inateckの音響製品では恒例となる、音符が配置されたパッケージです。

btsp-10p-02-320x240

商品内容はBluetoothスピーカー、取扱説明書、交換用のゴム、
ポーチ、オーディオケーブル、USBケーブルの6点です。

btsp-10p-03-320x240

Bluetoothスピーカーの外観です。

btsp-10p-04-320x240

鮮やかな赤色と、ハニカムデザインが特長です。

btsp-10p-05-320x240

メーカーロゴの付近には、アクセスランプを搭載しています。

btsp-10p-06-320x240

上部には3つのボタンを搭載しており、全ての操作はここで行います。

btsp-10p-07-320x240

左からBluetoothボタン、ボリュームダウン、ボリュームアップです。

btsp-10p-08-320x240

左側面です。

btsp-10p-09-320x240

右側面には、AUX端子、電源スイッチ、microUSB端子を搭載しています。

btsp-10p-10-320x240

背面では、スピーカーの仕様が示されています。

btsp-10p-11-320x240

底面には4つの滑り止めを備えています。
この滑り止めも六角形です。

btsp-10p-12-320x240

スピーカーを付属のポーチに入れたところです。

btsp-10p-13-320x240

microUSBケーブルです。

btsp-10p-14-320x240

ステレオミニプラグケーブルです。
コネクタには金属を採用しています。

btsp-10p-15-320x240

滑り止めの替えゴムです。
2つ付属しています。

btsp-10p-16-320x240

今回のBluetoothスピーカー BTSP-10Pの重量は、約395gでした。

音質テスト

まとめ

斬新な六角形のハニカムデザインを随所に採用した、Bluetoothスピーカーです。
そのため昨年紹介したBTSP-10に比べると、色の影響もあり存在感が増しています。

また電源スイッチは類似品と違い、確かな動作が確認できるスライド式。
本体上部のボタンで1度ペアリングを行っておけば、電源を入れればすぐに端末と自動で接続できます。

ちなみに音質は低音強化型と謳うだけあって、躍動感とキレのあるパワフルな音が特長。
それでいて中音を覆い隠すほど強調されることはありませんから、ボーカルもハッキリ聞こえます。

おそらくこの価格帯では、かなりのパフォーマンスを秘めたスピーカーではないでしょうか。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ