P1 EQ搭載のBluetoothスピーカー レビュー

2016年01月28日 [日記]

音質をある程度選べるイコライザーを搭載した、BluetoothスピーカーのP1ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B016EIW8RO
今回の記事では手軽にリッチなサウンドを楽しめるという、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B016EIW8RO&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B016EIW8RO

SoundPEATS – Bluetoothスピーカー P1ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B016EIW8RO

P1のポイント

EQ搭載
音質をある程度選ぶことができる、イコライザーを搭載しています。
マルチ対応
最大で2台までの端末と接続できる、マルチペアリング対応です。
有線接続
ステレオミニケーブルを利用すれば、有線接続も行えます。

商品説明

p1-01-320x240

高級感を抱くパッケージです。

p1-03-320x240

商品内容はBluetoothスピーカー、USBケーブル、オーディオケーブル、取扱説明書、保証書の5点です。

p1-15-320x240

設置イメージです。

p1-16-320x240

どっしりとした重量感があります。

p1-05-320x240

配色はシルバーを基調としています。

p1-06-320x240

若干ホワイトに見えますが、上部もシルバーです。

p1-07-320x240

搭載されているボタン数は多く、EQボタン、Bluetoothボタン、AUXボタンが珍しいです。
EQボタンを押すと、インサイドモードとアウトサイドモードが切り替わります。

p1-08-320x240

ボタンから外周にかけて、グレーのゴムが配置されています。

p1-09-320x240

メタルメッシュは正面だけではなく、背面にも採用されています。

p1-17-320x240

背面のデザインは正面とほぼ同じです。

p1-10-320x240

しかし、AUX端子とmicroUSB端子が存在する点が違います。

p1-11-320x240

底面には大きめの滑り止めが備えられています。

p1-12-320x240

充電用のmicroUSBケーブルです。

p1-13-320x240

有線接続用のステレオミニケーブルです。

p1-14-320x240

今回のBluetoothスピーカー P1の重量は、約662gでした。

音質テスト

低音強化モード

ノーマルモード

まとめ

存在感のある金属筐体を備えた、Bluetoothスピーカーです。
本体のカラーはシルバーで統一されており、設置する環境を選びにくいです。

また本体上部には豊富なボタン群を備え、再生/一時停止だけでなくミュートにも対応。
AUX端子やmicroUSB端子は背面に存在するため、有線接続時に外観を損ねないことも評価できます。

ちなみに特徴的なEQモードは、通常モードと低音強化モードの2種類に対応。
前者では類似品と大きな違いがありませんのから、低音強化モードで使うのがオススメです。

しかしこの低音強化モードは低音を強め過ぎるうえ、ボーカルを隠してしまうことが欠点。
それでも聞き続けていると、他のスピーカーが物足りなくなるほどの力強い音質が癖になります。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ