D4 クレードル付属のBluetoothヘッドセット レビュー

更新日:

車内で使用することを想定して設計された、BluetoothヘッドセットのD4。
今回の記事では充電に便利なクレードルが付属した、このヘッドセットをレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B01M359XLV&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=li3&o=9&a=B01M359XLV

SoundPEATS - Bluetoothヘッドセット D4

 

ポイント

D4の特長

多彩な付属品
クレードルだけでなく、クリップや両面テープも付属しています。
シンプル設計
メインボタンと音量調節ボタンのみを備え、各操作が簡潔に行えます。
apt-X対応
高音質を実現する、apt-Xコーデックを採用しています。

商品説明

d4-01-320x240
メーカーロゴが中央に配置された、シンプルなパッケージです。

d4-02-320x240
商品内容はクレードル、クリップ、両面テープ、microUSBケーブル、キャリングケース、
ユーザーガイド、Bluetoothヘッドセット本体、イヤーピース、イヤーフックの合計9点です。

d4-03-320x240
Bluetoothヘッドセット本体は、プラスチックを採用した軽量な設計です。

d4-04-320x240
上部には電源メインボタンを、側面には音調調節ボタンを備えています。

d4-05-320x240
裏面下部の金属は、クレードルとの接続端子となっています。

d4-06-320x240
ヘッドセットの天面にはmicroUSB端子を備え、直接ケーブルを挿すこともできます。

d4-07-320x240
付属のイヤーピースに加え、イヤーフックを取り付けた状態です。

d4-08-320x240
イヤーピースは使用に不可欠ですが、イヤーフックは好みで着脱して良いでしょう。

d4-09-320x240
側面から見た状態です。

d4-10-320x240
クレードルと接続した状態です。

d4-11-320x240
ヘッドセットとクレードルは、内蔵されたマグネットにより固定される構造です。

d4-12-320x240
クレードルの側面下部には、microUSB端子を搭載しています。

d4-13-320x240
このmicroUSBケーブルをクレードルに接続することで、ヘッドセットの充電が行えます。

d4-14-320x240
付属のクリップを利用すれば、車内のエアコン吹き出し口に固定できます。

d4-15-320x240
クレードルの底面には僅かな凹みがあり、ここに両面テープを貼り付けることもできます。

d4-16-320x240
付属しているキャリングケースです。

d4-17-320x240
中には付属品を入れて、便利に持ち運ぶことができます。

d4-18-320x240
イヤーピースとイヤーフックを接続した状態でのヘッドセットの重量は、約9gでした。

まとめ

クレードルだけでなくクリップや両面テープが付属した、車内向けのBluetoothヘッドセットです。
クリップを利用してエアコンの吹き出し口や、両面テープを利用して任意の場所に固定できる設計です。

またBluetoothヘッドセット本体には、メインボタンと音量調節ボタンのみを搭載。
たったこの2つのボタンだけで、ペアリング・電話応答・リダイヤルなどに対応しています。

さらにクレードルを利用すれば、ヘットセットの着脱に電源が連動する設計。
着信中にクレードルからヘッドセットを取り外すだけで、電話に応答することもできます。

ちなみに実際の使用感はこの価格帯としては充分な音質を備え、通話に支障のないレベルを実現。
筐体やクレードルが若干チープである印象は拭えませんが、機能と付属品を考慮すれば充分でしょう。

そして何より評価したいのは、やはりヘッドセットを取り付けできるクレードルの存在。
充電のたびにmicroUSBケーブルを接続する必要がないため、面倒な充電がスマートに行えます。

 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.