P5 360度サウンドのBluetoothスピーカー レビュー

2017年05月22日 [日記]

360度サウンドが楽しめる、IPX4対応BluetoothスピーカーのP5。
今回の記事ではタッチ操作やハンズフリー通話も可能な、このスピーカーをレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B071CN7JZ5&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=li3&o=9&a=B071CN7JZ5

SoundPEATS – Bluetoothスピーカー P5

 

ポイント

P5の特長

360度サウンド
表裏にドライバを備え、どの置き型でも音が広がる設計です。
直感操作
ボリュームダイヤルとタッチパネルにより、操作が明瞭です。
IPX4対応
あらゆる方向からの飛沫に耐える、防水性能を有しています。

商品説明

p5-01-320x240
パッケージは横に長く、アウトドアでの使用イメージ写真が使われています。

p5-02-320x240
パッケージ裏面では、各機能の特長が解説されています。

p5-03-320x240
商品内容はスピーカー本来、ユーザーガイド、オーディオケーブル、microUSBケーブルの合計4点です。

p5-04-320x240
スピーカーの使用イメージです。

p5-05-320x240
スピーカーの正面です。

p5-06-320x240
物理的なボタンは、中央左にあるモードボタンと中央右にある電源ボタンの2つです。

p5-07-320x240
スピーカーの裏面です。

p5-08-320x240
中央から左右に渡って、滑り止めが施されています。

p5-09-320x240
左側のキャップを開けると、microUSB端子とAUX端子が現れます。

p5-10-320x240
本体の外装には、メッシュデザインを採用しています。

p5-11-320x240
上部にはボリュームダイヤルを備え、直感的に音量調整が行えます。

p5-12-320x240
天面にはLED付きのタッチパネルを備え、充電状態が中央のランプで判別できます。

p5-13-320x240
スピーカー本体を横から見た状態です。

p5-14-320x240
側面と同じく、手触りの良い滑り止めが底面にも施されています。

p5-15-320x240
底面も振動する設計で、低音が良く響きます。

p5-16-320x240
周囲の外装は取り外すことができ、交換にも対応しています。

p5-17-320x240 p5-18-320x240
外装を外した状態での上側と下側です。

p5-19-320x240
外装はプラスチック製で、メッシュカバーは不織布製になっています。

p5-21-320x240
付属しているmicroUSBケーブルは、スピーカーの充電に利用します。

p5-20-320x240
付属しているオーディオケーブルは、非Bluetooth搭載端末との接続に利用します。

p5-22-320x240
スピーカー本体の重量は、約576gでした。

まとめ

省スペースな縦型にも対応可能な、IPX4防水対応のBluetoothスピーカーです。
もちろん横置きでも使用できる設計で、表裏に搭載されたドライバにより360度サウンドが楽します。

またBluetooth接続だけでなく、ステレオミニジャックを利用したAUX接続にも対応。
本体正面に内蔵されたマイクを利用すれば、便利なハンズフリーの通話も行えます。

何より特長的な点は、搭載された物理ボタンが2つというシンプルなデザインであること。
加えて直感的に操作可能なボリュームダイヤルと、曲移動が行えるタッチパネルの存在です。

p5-sousa-2-320x240 p5-sousa-320x240

前者は時計回りで音量アップ、反時計回りで音量ダウンが行え、
後者は左から右へのフリックで曲送り、右から左へのフリックで曲戻しが行えます。

p5-sousa-3-320x240

さらに電源ボタン下のモードボタンを押すことで、2つの音質を容易に切り替え可能。
インドアモードでは低音強調、アウトドアモードでは低音抑制と使用環境に応じて設定できます。

ちなみに実際の使用感は、同メーカーの製品で最高クラスとも言える音質を備えた印象。
解像感はいまひとつですが、自身がよく聞くEDMとの相性に優れていることは疑いようがありません。

ただし気になる点を挙げるとするなら、ボリュームダイヤルの感度が低いこと。
これは反応しないというわけではなく、ダイヤルの動きと音量の増減具合が小さいことにあります。

そのほか細かいことですが、電源投入後はインドアモードで固定されること。
アウトドアモードで電源を落としても設定は保存されず、起動するたび任意のモードへ変更が必要です。

とはいえ、省スペースながら一定以上の音質を備えていることは確か。
自身は机を少しでもスマートに変えるため、従来のブックシェルフ型から置き換えることにしました。

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ