【RI-FP1BK】USBフットペダルスイッチ【レビュー】

投稿日:2015年1月21日 更新日:

ri-fp1bk

USBポートに接続するだけで任意のキーを追加可能な、USBフットペダルスイッチのRI-FP1BK。
今回の記事ではこの「RI-FP1BK」のソフトウェアの入手や、設定方法についてレビューします。


 

レビュー動画

RI-FP1BKの特長

RI-FP1BKの特長

  • ソフトウェアを利用して、任意のキーを追加できる
  • Alt、Ctrl、Shift、Windowsの4種類を組み合わせ、自由に割当できる
  • 一度キーを設定すると、別のパソコンに接続しても同じキーが使用できる
  • スイッチの反応が良く、これまでのところチャタリングが一度もない
  • ある程度の耐久性があり、万が一故障しても再購入が容易な価格である

ソフトウェアの入手方法

ri-fp1bk-1

ソフトウェアの入手先は「PCsensor.com」と「ルートアール」の2種類があります。
最新のバージョンを利用したい場合には、前者のサイトからソフトウェアを入手しましょう。

※現在は前者のサイトでは配布されていないため、後者のルートアールがオススメです。

ソフトウェアの設定方法

ri-fp1bk-2

ゲームで使用する場合は、上部のショートカットを設定する必要はありません。
入力するキーと、入力動作のみ設定すると良いでしょう。

Single Press:押した時だけキーが入力される。押し続けても入力はされない
Long Press:押している間は継続してキーが入力される

String:任意の英文を設定できるが、キーの入力とは排他仕様である

さらにこのデバイスの特徴は、一度設定したキーを内部に記憶できることにあります。
つまり別のパソコンに差し替えるたび、設定を変更する必要がありません。

自身の設定と備考

自身の設定

歩兵:しゃがみ
兵器:加速

歩兵でしゃがみに割り当てているのは、Battlefield 2の後期で流行ったしゃがみ連打撃ちの名残です。
Ctrlを押しながら射撃することに抵抗のないプレイヤーは、その他の行動に割り当てるべきでしょう。

また私はShiftキーがメイン武器切り替えのため、普段からShiftを押し続ける癖が付いていません。
そのため兵器では、頻繁に使用する加速をフットスイッチに割り当てています。

備考

「フットスイッチを導入すべきか否か?」と聞かれたら、個人的には推奨しないと言えます。
なぜなら私は「常々特殊なデバイスを使うべきではない」と考えていることが理由です。

操作に利用するのは可能な限りキーボードと、サイドボタン付きのマウスに限定すべきです。
もし左手キーボードや多ボタンマウスを使用してしまうと、生産完了後の故障時に苦労します。

オフライン大会に出場するようなガチ勢なら、持参する荷物を減らすこともできるでしょう。

追記

長年使用していた「RI-FP1BK」のバネが飛び出して壊れてしまったため、新製品を導入しました。
ルートアールのUSBフットペダルスイッチ「RI-FP1DXGのレビュー」は、別記事で詳しく解説しています。

ri-fp1dxg-usb-foot-pedal-review-150x150
【RI-FP1DXG】高機能なUSBフットペダル【レビュー】

確かなクリック音が感じられるメカニカルスイッチを採用した、USBフットペダルスイッチのRI-FP1DXG。
今回の記事ではこのキーボードの「RI-FP1DXG」と、設定ソフトの「FootSwitch」についてレビューします。

続きを見る

 

よく読まれている記事

-日記, 環境論

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.