IC-BK04 バックライト搭載のBluetoothキーボード レビュー

2015年11月12日 [日記]

明るさ調節可能な7色のバックライトを搭載した、BluetoothキーボードのIC-BK04ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B015469M44
今回の記事では頻繁に持ち運びやすいほど薄くて軽量な、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B015469M44&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B015469M44

iClever IC-BK04 Bluetoothキーボードir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B015469M44

IC-BK04のポイント

バックライト
明るさと色の変更が調節可能な、7色のバックライトを搭載しています。
薄型・軽量
頻繁に持ち運んでも苦にならない薄型軽量設計で、重量は約212gです。
長時間駆動
待機時間最大120日/連続使用200時間の、長時間バッテリー内蔵です。

商品説明

ic-bk04-01-320x240

パッケージはキーボード本体と同様に、薄い設計となっています。

ic-bk04-02-320x240

商品内容はキーボード、取扱説明書、メッセージカードの3点です。

ic-bk04-031-320x240

キーボードは、iOS/Windows/Androidの3種類に対応しています。

ic-bk04-041-320x240

裏面にはメーカーロゴのみ存在します。

ic-bk04-05-320x240

キーボードの色は、ツヤを抑えたブラックです。

ic-bk04-06-320x240

4隅はこのように丸まっています。

ic-bk04-07-320x240

キースイッチには、スムーズなタイピング体験を実現するというシザースイッチを採用しています。

ic-bk04-08-320x240

キーの感触は、押し込み・反発ともに良好です。

ic-bk04-09-320x240

左下部には様々なショートカットを可能にする、ファンクションキーを搭載しています。

ic-bk04-10-320x240

スペースキーは幅が広く、押しやすいです。

ic-bk04-11-320x240

右下部にはバックライトを切り替えるキーと、カーソルキーを搭載しています。
バックライトの明るさや色の変更は、この2つのキーを利用して行います。

ic-bk04-12-320x240

右上部には、電源スイッチとペアリングボタンを搭載しています。

ic-bk04-13-320x240

右側面には、充電用のmicroUSB端子を搭載しています。

ic-bk04-14-320x240

全体的に指紋が付かず、傷も目立たないデザインです。

バックライト一覧

全7色のバックライトは、いずれも3段階(強・弱・消灯)で明るさの切り替えが可能です。
また掲載している画像の順番は、キーを押すことで変化する色の順番と同一にしています。

ic-bk04-red-160x120 ic-bk04-blue-160x120 ic-bk04-green-160x120 ic-bk04-purple-160x120

ic-bk04-yellow-160x120 ic-bk04-cyan-160x120 ic-bk04-white-160x120

まとめ

暗闇でも使えるバックライトを搭載した、薄型軽量のBluetoothキーボードです。
かなり薄いため持ち運びがしやすいにも関わらず、バッテリーの駆動時間は十分です。

また主要な3つのOSに対応し、ペアリング設定もボタンを押して検索しタップするだけの簡単設計。
もちろん一度設定しておけば電源を入れると自動で接続してくれるため、再設定は必要ありません。

さらに特徴的なバックライトのカラーは7色から、明るさは強・弱・消灯の3種類から選択可能。
使用環境や使用者の好みに併せられる点が、有り難い機能だと言えます。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ