【PS5】DualSenseの各部名称とペアリングの方法【レビュー】

投稿日:

dualsense-button-pairing

2020年11月12日にPlayStation 5と同時発売となり、PS5本体にも同梱されているコントローラーのDualSense。
今回の記事ではこの「DualSense」の各ボタンの名称と、PS5本体とペアリングする方法について解説します。


 

DualSenseとは?

正式名称「DualSense ワイヤレスコントローラー(CFI-ZCT1J)」のPlayStation 5対応コントローラーです。
ツートンカラーの特徴的なデザインを採用し、これまでのDUALSHOCK 4から機能を多数向上させています。

DualSenseの特長

最新の「DualSense ワイヤレスコントローラー」と「DUALSHOCK 4」との違いを簡単にまとめました。

【新品/在庫あり】[PS5パーツ] デュアルセンス ワイヤレスコントローラー [CFI-ZCT1J]

DualSenseの特長

  • より体感的なフィードバックを実現する「デュアルアクチュエーター」を搭載している
  • さまざまな強さや張力を体感できる「アダプティブトリガー」を搭載している
  • フレンドとオンラインでのチャットを可能にする「マイク」を内蔵している
  • 簡単に会話のオンオフをコントロールできる「ミュートボタン」を搭載している
  • ゲームプレイを録画したり、ライブ配信が行える「クリエイトボタン」を搭載している
  • ツートンカラーとより進化したスティックを備え、ライトバーが一新されている

そのほか「3.5mmヘッドホン端子」「内蔵バッテリー」「内蔵スピーカー」「モーションセンサー」「タッチパッド」などは、DUALSHOCK 4から継承されている機能です。

DualSenseの充電方法

DualSenseを最も簡単に充電する方法は、PS5とDualSenseをUSBケーブルで接続することです。
またPS5本体のほかに、USBケーブルをパソコンやUSB充電器に接続しても充電できます。

ただしレストモード中に充電する場合は「PS5で機能の有効化」が必要です。
(レストモードに関する内容は、PS5ユーザーズガイドを確認して下さい)

補足としてUSBケーブルを接続する方法以外に、充電スタンドを利用する方法もあります。

【新品/在庫あり】[PS5パーツ] デュアルセンス 充電スタンド [CFI-ZDS1J]

DualSenseの各部名称

dualsense-button-name

位置名称備考
A方向キーゲーム中の機能などに利用する
Bクリエイトボタンゲームの録画やライブ配信に利用する
Cライトバータッチパッドの左右両方に存在する
Dタッチパッド押し込むとタッチパッドボタンとして機能する
Eプレーヤーランプ自身のプレーヤー番号を表示する
Fオプションボタン様々な機能変更に利用する
Gアクションボタン△ボタン / ○ボタン / ×ボタン / □ボタンの4つ
H右スティック / R3主に照準の移動に利用する
押し込むとR3ボタンとして機能する
Iスピーカーコントローラー本体で音声出力ができる
JPSボタンペアリング時に利用する
Kヘッドホン端子任意のヘッドセットを接続できる
Lマイクコントローラー本体で音声入力ができる
Mミュートボタンマイクをミュート化する
N左スティック / L3主にキャラクターの移動に利用する
押し込むとL3ボタンとして機能する
左上L1 / L2手前がL1ボタン、奥がL2ボタン
右上R1 / R2手前がR1ボタン、奥がR2ボタン

PS5とペアリングする方法

はじめてDualSenseを使う際に必要な「PS5へのペアリング(登録)方法」です。
一度登録すれば、それ以後は便利なワイヤレスでゲームの操作が行なえます。

PS5とペアリングする方法

  • PS5の電源をオンにする
  • PS5本体に同梱されているUSBケーブルを利用し、PS5とDualSenseを接続する
  • DualSense本体中央にある「PSボタン」を押し、DualSenseの電源を入れる

DualSenseの商品内容

DualSenseのパッケージは、PS5本体と同じ「ホワイトカラー」です。

dualsense-review-01

パッケージ裏面には、前述したDUALSHOCK 4から変更された点が記載されています。

dualsense-review-02

パッケージの底面です。

dualsense-review-03

DualSenseの初期ロットの型番は「CFI-ZCT1J」で、JANコードは「4948872414975」です。

dualsense-review-04

パッケージを開けると、同じく白い段ボール箱が現れます。

dualsense-review-05

この箱を開けると、袋に包まれたDualSenseが確認できます。

dualsense-review-06

商品内容は「DualSense本体」と「取扱説明書」の合計2点です。

dualsense-review-07

DualSense本体は、ホワイトとブラックのツートンカラーとなっています。

dualsense-review-08

方向キーは透明なパーツが採用されており、質感が向上しています。

dualsense-review-09

グリップの部分はDUALSHOCK 4に比べ、より洗練されたデザインになりました。

dualsense-review-10

DualSenseの中央部分です。

dualsense-review-11

上から「スピーカー」「PSボタン」「ミュートボタン」「マイク」「ヘッドホン端子」です。

dualsense-review-12

タッチパッドはDUALSHOCK 4を継承しており、もちろん押し込みにも対応しています。

dualsense-review-13

アクションボタンと評される右側の部分も、方向キー同様に透明なパーツを採用しています。

dualsense-review-14

右側のグリップ部分です。

dualsense-review-15

DualSenseを反対にして撮影してみました。

dualsense-review-16

左手にあたる部分には、手前にL1ボタンを、奥側にL2ボタンを搭載しています。

dualsense-review-17

USBケーブルの接続は従来のmicroUSBから、現在主流の「USB Type-C」へと変更されています。
この変更により上下を気にすることなくケーブルを接続でき、また耐久性も向上しています。

dualsense-review-18

右手にあたる部分には、手前にL1ボタンを、奥側にL2ボタンを搭載しています。

dualsense-review-19

DualSenseを側面から見たところです。

dualsense-review-20

DualSenseの背面です。
手が触れる部分はサンドブラスト加工のようなものが施され、ザラザラとして滑りにくいです。

また内蔵バッテリーには簡単にアクセスできず、取扱説明書の「廃棄するときは」という項目に分解方法が掲載されています。

dualsense-review-21

DualSenseの重量は、実測で「約283g」でした。

dualsense-review-22

 

よく読まれている記事

-ゲーム

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.