【Amazon】Echo DotやEcho Showの違い【性能比較】

echo-dot-echo-show-spec-hikaku

2021年11月26日から開催されている、年に1度の7日間ビッグセール:Amazon ブラックフライデー 2021。
今回の記事では「ブラックフライデー」でお得に買える、Echo DotやEcho Showの違いについて解説します。


Echoシリーズについて

Amazonのスマートスピーカー「Echoシリーズ」には、Echo Dot・Echo・Echo Showの3種類があります。

Echo Dotは小さなサイズのモデルで、音楽を聞くことよりも音声アシスタント目的での利用に最適です。
EchoはEcho Dotよりも優れたスピーカーを備え、下位モデルに比べて音楽をより高音質で楽しめます。

最後のEcho Showはスピーカーと液晶ディスプレイが一体化したモデルで、内蔵カメラによる通話も可能。
つまりビデオチャットに加えて、動画視聴やスマートフォトフレームなどの多彩な用途に対応できます。

Echo Dot / Echo / Echo Studioの違い

Echo Dot / Echo / Echo Studioの主な違いは、搭載されている「スピーカーの大きさや数」にあります。
上位に行くほど充実した音楽体験ができ、Echo Studioならその曲がもつ可能性を最大限に引き出します。

補足としてEchoやEcho Studioであれば、3.5mmミニジャックによる音声入力にも対応しています。

EchoシリーズEcho Dot
(第3世代)
Echo Dot
(第4世代)
EchoEcho Studio
通常価格4,980円~6,980円~11,980円~24,980円~
※セール価格1,490円~2,980円~5,990円~-
特徴コンパクトコンパクトプレミアムサウンドHi-Fi/3D対応
没入感のあるサウンド
スピーカーサイズ1.6インチ1.6インチ3.0インチウーファー
0.8ツイーター×2
5.25インチウーファー
2.0インチミッドレンジスピーカー
1.0インチツイーター
音楽ストリーミングサービス
Amazon Music HD対応
対応Amazon Music HD
Ultra HD
3Dオーディオ対応
外部スピーカー接続3.5mm出力3.5mm入出力
(アプリ切替)
3.5mm入力
mini-optical入力
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/nIEEE802.11a/b/g/n/ac
音声・ビデオ通話音声通話のみ対応
家電の操作対応(ただし別売の対応機器が必要)
リモコン家電の操作 対応(ただし別売の赤外線コントローラーが必要)
スマート家電の簡単セットアップ
※Zigbeeスマートホームハブ内蔵
--対応
音声ショッピング対応
保証とサービス1年間限定保証
およそのサイズ43×99×99mm100×100×89mm144×144×133mm 206×175×175mm
およその重量300g328g940g3,500g

※セール価格は、ブラックフライデー2021時のもの

Echo Showの違い

Echo Showの主な違いは、搭載されている「ディスプレイの大きさと自動フレーミング機能」にあります。
前者は単純に画面のサイズであり、上位モデルになるほどビデオ通話や動画視聴が快適に行なえます。

後者の自動フレーミング機能とは、Echo Showが自動でズームイン・ズームアウト・スクロールを行い、カメラに映っている対象をフレームに収め続けてくれる機能のことです。

Echo ShowシリーズEcho Show 5Echo Show 8Echo Show 10Echo Show 15
通常価格8,980円~14,980円~29,980円~29,980円~
※セール価格3,990円~6,990円~18,990円~-
Alexa内蔵
ディスプレイ5.5インチ8.0インチ10.1インチ15.6インチ
解像度960×4801280×8001280×8001980×1080
自動色彩調整機能-搭載-
スピーカー1.6インチ×12.0インチ×21.0インチツイーター×2
3.0インチウーファー
1.6インチ×2
カメラ200万画素1300万画素500万画素
自動フレーミング-搭載-
CPUMediaTek MT8163MediaTek MT8183
Amazon NNA
Amazon AZ1
Amlogic PopcornA(Pop1)
Amazon AZ2
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
音楽ストリーミングサービス対応
音声・ビデオ通話両方に対応
家電の操作 対応(ただし別売の対応機器が必要)
リモコン家電の操作対応(ただし別売の赤外線コントローラーが必要)
スマート家電の簡単セットアップ
※Zigbeeスマートホームハブ内蔵
--対応-
壁掛け可能---対応
利用可能な方向横向き横向き / 縦向き
プライバシー機能カメラカバー
マイク オン/オフ
カメラ オン/オフ
保証とサービス1年間限定保証
およそのサイズ148×86×73mm200×130×99mm251×230×172mm402×252×35mm
およその重量403g1,037g2,560g2,200g

※セール価格は、ブラックフライデー2021時のもの

Echo Autoとは?

Echoという名を冠しながらも、本体にスピーカーを内蔵していない「車載用のAlexa内蔵デバイス」です。
スマートフォンのAlexaアプリを介してAlexaと対話する設計のため、利用にはスマートフォンが必須です。

Echo Autoなら8つのマイクと音声認識技術により、騒々しい中でもハンズフリーでの遠隔操作を実現。
主な利用用途は音楽のストリーミングやニュース、RadikoやAudibleなどの再生が想定されるでしょう。

Fire TV Stick 4K Maxと通常版の違い

ちなみに「Fire TV Stick 4K Maxと通常版の違い」は、別記事で詳しく解説しています。

fire-tv-stick-4k-max-tigai-spec-hikaku-150x150
【Amazon】Fire TV Stick 4K Maxと通常版の違い【性能比較】

2022年7月12日から2022年7月13日まで開催されている、年に1度のビッグセール:Amazon プライムデー。
今回の記事では「プライムデー」でお得に買える、Fire TV Stick 4K Maxと通常版の違いを解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-Amazon