【R6S】G-Tune 動作確認済みBTO PC比較

投稿日:

g-tune-r6s-bto-pc-hikaku-640x360

レインボーシックス シージ アドバンスエディションが付属した、G-TuneのNEXTGEARシリーズ。
今回の記事では3種類用意されている、マウスコンピューターのR6S動作確認済みPCを比較します。

 

レインボーシックスシージ アドバンスエディションとは?

ゲーム本編に「600 R6クレジット+アウトブレイク・コレクションパック」が追加されたパックです。

前者の「600 R6クレジット」を利用すれば、任意のオペレーターやスキンの解除が可能で、
後者の「アウトブレイク・コレクションパック」を開封すれば、ランダムでスキンが入手できます。

Outbreak コレクションパックとは? Outbreak 出現アイテムまとめ

outbreak-collection-pack-3-640x252

G-Tune 動作確認済みBTO PCとは?

マウスコンピューターの「G-Tune」から発売されている、R6S向けBTO PCのこと。
エントリー・ハイスペック・ハイエンドの3種類が用意されており、予算に応じた構成が選択できます。

スペック比較

R6S動作確認済みモデルを見るshow?id=soa3VHlQ36s&bids=92827

動作目安とは、各総合品質の設定におけるゲーム中のフレームレートです。
フレームレートが高いほど、より滑らかに、より快適にプレイすることができます。

ただし通常のディスプレイは60Hz駆動ですから、60fpsを超えるフレームレートの恩恵を受けたい場合、
120/144/240Hz駆動という表記のある「ゲーミングディスプレイ」を購入しましょう。

120Hzであれば120fpsまで、144Hzであれば144fpsまで、240Hzであれば240fpsまで対応できます。

――ちなみに60fpsの場合は、1秒間に60枚の映像が切り替わります。
つまり144fpsの場合は1秒間に144枚の映像が切り替わるため、ゲームをより有利に立ち回れます。

項目 エントリー ハイスペック ハイエンド
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Core i5-8400 Core i7-8700 Core i7-8700K
GPU GTX 1060(6GB) GTX 1070 GTX 1080
メモリ 16GB(8GB×2)
SSD - 240GB
HDD 1TB 2TB
チップセット B360 Z370
光学ドライブ オプション
電源 500W 700W
動作目安:低設定 100~120fps - 190~230fps
動作目安:高設定 70~100fps 90~120fps -
動作目安:最高設定 - - 110~160fps

お勧めモデル

ngm2show?id=soa3VHlQ36s&bids=92827

R6Sハイスペックモデルの詳細を見る
show?id=soa3VHlQ36s&bids=92827

上記3モデルの中でお勧めするとすれば「NEXTGEAR-MICRO im610GA1-R6S」だと言えます。

CPUには6コア/12スレッドの最大4.6GHzで駆動する「Core i7-8700」を搭載。
GPUにはほとんどのゲームを快適にプレイできる「GeForce GTX 1070」を採用しています。

また16GBメモリ(8GB×2)を搭載しており、データを保存するHDDも1TBと十分な容量。
動作目安も総合品質「中設定」で90~120fpsですから、多少設定を変更すれば常時120fpsも狙えます。

惜しむべきはSSDを採用していないことですが、HDDとの違いはゲームのロード時間くらいのもの。
とはいえR6Sは全員のロードが終わってからラウンドが始まるため、大きな支障とはなりにくいです。

 

よく読まれている記事

-R6S

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.