【一括0円】home 5Gの最低料金とよくある質問【無制限】

2021年8月28日

home-5g-0-yen-getugaku-faq

2021年8月27日の発売当日に一括0円で購入可能と判明したことから、俄に盛り上がっているhome 5G。
今回の記事では実際に「一括0円」でhome 5Gを入手した私が、最低料金とよくある質問を解説します。


home 5Gとは?

契約後、コンセントに挿すだけでWi-Fiを構築できる「工事不要のインターネットサービス」のことです。
docomoの5Gネットワークと無制限通信に対応しており、契約を躊躇させてしまう定期契約も不要です。

home-5g-image

引用元:home 5G | NTTドコモ

home 5Gの月額料金

home 5Gの月額料金は、消費税込みで「4,950円」です。

現時点での対応端末は「HR01」に限られ、39,600円という端末価格は基本的に36回払いで設定します。
ただしこれは月々サポート割引が「-1,100円×36回」となっているため、ちょうど36ヶ月で相殺されます。

つまり36ヶ月以内に解約しない限り端末費用は請求されず、端末価格が実質0円となります。

home 5Gの料金内容
契約事務手数料3,300円
(オンラインショップは0円)
月額基本料金4,950円
端末料金(HR01)+1,100円×36ヶ月間
月々サポート割引-1,100円×36ヶ月間
月間請求金額4,950円

000000052133impression?a_id=2846921&p_id=3732&pc_id=9137&pl_id=52133

home 5Gの利点と欠点

home 5Gの利点と欠点をまとめました。

  • 月額わずか4,950円でありながら、快適なドコモの5G/4Gネットワークが使い放題である
  • 端末割賦の場合に36ヶ月使えば残債が請求されず、そもそも定期契約自体が存在しない
  • ドコモ光と同様、家族回線の携帯料金が割引される「home 5G セット割」が受けられる
  • 当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多い場合、制限を受ける可能性がある
  • 家族回線内にすでにドコモ光がある場合、携帯料金に対するセット割引は重複しない
  • 設置場所でしか利用できず、引っ越しした際には住所変更を行わなければならない

一括0円とは?

ある家電量販店グループで行われている、対応端末HR01の「39,600円割引」のことです。
これによりHR01が一括0円で購入できるうえ、毎月1,100円の月々サポート割引も受けられます。

第1弾

第1弾の期限は「8月末まで」でした。

第2弾

第2弾の期限は「9月末まで」となっています。

一括0円と家電値引きはどちらが得?

上記で紹介した家電量販店グループでは「一括0円」と「33,000円の家電値引き」が選択できます。
シンプルに比較するなら「39,600円値引き」になる、前者の一括0円のほうがお得です。

後者の「差し引き6,600円損する家電値引き」を選ぶ理由があるとすれば、

「今すぐ欲しい家電があるが手持ちがない」
「月額費用は本来の4,950円で構わない」

――という人くらいでしょうか。

キャンペーン比較一括0円家電値引き
契約事務手数料3,300円
月額基本料金4,950円
端末料金0円+1,100円×36ヶ月
月々サポート割引-1,100円×36ヶ月-1,100円×36ヶ月
36ヶ月目までの料金3,850円4,950円
37ヶ月目からの料金4,950円
家電値引きなし-33,000円
3年間利用時のコスト141,900円181,500円
コストの内訳3,300円+3,850円×36ヶ月3,300円+4,950円×36ヶ月
コスト差額-39,600円-

最低月額料金とは?

最低月額料金は、端末を一括0円で購入した時の「月額3,850円」だと言えます。
しかし実際の請求金額は、ユニバーサルサービス料などの影響で月額3,854円となります。

home-5g-monthly-cost-1

よくある質問

契約事務手数料は?

実店舗の場合「3,300円」で、最初の請求月に加算される
ただし一部のドコモショップの場合は、頭金という名目で「礼金」を要求される可能性あり

またドコモオンラインショップで契約する場合、この3,300円の契約事務手数料は発生しない

月額料金は?

ベースは「月額4,950円」になると認識すべきである
ただし端末を一括購入すると、月々サポートのみが残るため「月額3,850円」となる

この月額3,850円は36ヶ月続き、37ヶ月から「4,950円」に戻る

定期契約は?

home 5Gの契約に関して、定期契約がそもそも存在しない
home 5Gの契約にドコモの既存契約すら必要なく、過去に「やらかし」がない限り契約できると推測される

帯域制限は?

当日を含む直近3日間のデータ利用量が多い場合、帯域制限がかかる可能性がある
この「3日間のデータ利用量」は非公開となっており、何GBという回答は一切なされていない

利用場所は?

申し込み時に設定した「設置場所」に限定される
通電時に位置情報が固定されるため、ドコモショップでも契約時の通電は厳禁とされている

もし引っ越しなどで設置場所を変更したい場合、月に1度のみ許容される
それ以上の変更はドコモの裁量となるため、いまのところ検証待ちである

通信速度は?

5Gと4Gネットワークの両方に対応しており、電波状況に影響されるとはいえ5Gが優先される
5G通信時の最大受信速度は4.2Gbpsではあるが、Wi-Fiでの最大速度はWi-Fi 6対応端末でも1201Mbpsである

一方で有線LANポートの規格は「1000BASE-T」であり、無線と有線のどちらが有利かも検証待ちである

MNPの対象か?

ポートアウト、ポートインともに対応していない

みんなドコモ割のカウント対象か?

みんなドコモ割のカウント対象とはならない
ただしドコモ光が存在しないファミリー回線に組み込めば、お得な「home 5G セット割」が適用される

このhome 5G セット割が適用されると、対象プランを利用しているスマホの月額料金が割引となる
しかもこの割引はファミリー回線全体に作用するため、ファミリー回線が多いほど有利に働く

home 5GとSoftbank Airの違い

ちなみに「home 5GとSoftbank Airの違い」は、別記事で詳しく解説しています。

home-5g-softbank-air-tigai-150x150
【月額料金】ドコモのhome 5GとSoftbank Airの違い【通信速度】

データ量無制限で使えるドコモのhome 5Gと、工事不要なため利用者の多いソフトバンクのSoftbank Air。
今回の記事ではこの「home 5G」と「Softbank Air」の月額料金や通信速度、違約金の違いを比較します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-スマホ, パソコン