【Amazon】第11世代の新型Kindle Paperwhiteと第10世代の違い【防水対応】

kindle-paperwhite-11th-generation-tigai

2021年10月27日に発売されることが決まった、色調調節ライト搭載で新しい第11世代のKindle Paperwhite。
今回の記事ではこの「Kindle Paperwhite」と、2018年発売の第10世代Kindle Paperwhiteの違いを比較します。


Kindle Paperwhiteとは?

Amazonが販売している読書のための専用端末「Kindle」の中で「最も人気があるモデル」のことです。
エントリーモデルのKindleに比べてより明るく、フラットベゼルや防水機能などの機能も搭載しています。

またこれまで販売されていたKindle Paperwhiteは、2018年に発売された第10世代でした。
しかし2021年10月27日には、第11世代となる新しいKindle Paperwhiteが発売されます。

第11世代と第10世代の違い

仕様から確認できる主な違いは「画面サイズ・明るさ・色調調節ライト・持続時間・接続端子」などです。

Kindle Paperwhite比較第11世代第10世代
発売日2021年10月27日2018年11月7日
広告ありの価格
広告なしの価格
14,980円
16,980円
13,980円(Wi-Fi 8GB)
15,980円(Wi-Fi 8GB)
ディスプレイ6.8型(300ppi)6型(300ppi)
サイズ約174×125×8.1mm約167×116×8.18mm
重量約205g約182g(Wi-Fiモデル)
容量8GB8GB / 32GB
フロントライト搭載
明るさ設定13段階10段階
色調調節ライト搭載-
バッテリー最大10週間数週間
充電時間(PC接続)約5時間約4時間
充電時間(9WのUSBアダプタ)約2.5時間約3時間
Wi-Fi802.11b、802.11g、または802.11n
防水性能IPX8等級
接続端子USB Type-CmicroUSB

第11世代が第10世代よりも優位な点

第11世代が第10世代よりも「優位な点」を、上記の仕様を含めてまとめました。
第11世代が第10世代よりも「劣る点」は、32GBモデルと無料4Gモデルが選択できなくなったことです。

第11世代が第10世代よりも優位な点

  • 画面サイズが大きくなり、文字がより見やすくなった
  • 性能が向上し、ページ送りが20%早くなった
  • フロントライトのLEDが増加し、最大設定で10%明るくなった
  • 明るさ設定の段階が増え、より柔軟な調整が行えるようになった
  • 色調を明るいホワイトから、暖かみのあるアンバーへ調節可能になった
  • 1回のフル充電で最大10週間使え、充電を必要とする頻度が減少した
  • 接続端子が方向を気にする必要のない、最新のUSB Type-Cに変更された
  • 9WのUSB充電アダプタを利用すれば、約2.5時間で充電が可能となった
  • 水深0.25メートルまでの海水で、最大3分まで耐えられることが明記された
    (これまでは「真水で水深2メートルまでで最大60分」という記載のみだった)

Kindle Paperwhiteとシグニチャーエディションの違い

ちなみに「Kindle Paperwhiteとシグニチャーエディションの違い」は、別記事で詳しく解説しています。

kindle-paperwhite-signature-edition-kids-tigai-150x150
【Kindle】Paperwhiteとシグニチャーエディションの違い【キッズモデル】

米Amazon.comで9月21日に発表された、Kindle PaperwhiteとKindle Paperwhite シグニチャーエディション。
今回の記事ではこの2つの「Kindle Paperwhite」と、Kindle Paperwhite キッズモデルとの違いを解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-Amazon