【Kindle】Paperwhiteとシグニチャーエディションの違い【キッズモデル】

kindle-paperwhite-signature-edition-kids-tigai

米Amazon.comで9月21日に発表された、Kindle PaperwhiteとKindle Paperwhite シグニチャーエディション。
今回の記事ではこの2つの「Kindle Paperwhite」と、Kindle Paperwhite キッズモデルとの違いを解説します。


Kindle Paperwhite シグニチャーエディションとの違い

通常モデルのKindle Paperwhiteと「Kindle Paperwhite シグニチャーエディション」の違いです。
仕様から確認できる主な違いは、ストレージ容量、明るさ自動調整機能、ワイヤレス充電の3点です。

さらに後者のKindle Paperwhite シグニチャーエディションには「ワイヤレス充電スタンド付き」もあります。

Kindle Paperwhite通常モデルシグネチャーエディション
発売日2021年10月27日2021年11月10日
広告ありの価格
広告なしの価格
14,980円
16,980円
-
19,980円
ディスプレイ6.8型(300ppi)
サイズ約174×125×8.1mm
重量約205g約207g
容量8GB32GB
フロントライト搭載
明るさ設定13段階
色調調節ライト搭載
明るさ自動調整機能-搭載
バッテリー最大10週間
充電時間(PC接続)約5時間
充電時間(9WのUSBアダプタ)約2.5時間
ワイヤレス充電-対応
Wi-Fi802.11b、802.11g、または802.11n
防水性能IPX8等級
接続端子USB Type-C

Kindle Paperwhite キッズモデルとの違い

通常モデルのKindle Paperwhiteと「Kindle Paperwhite キッズモデルとの違い」の違いです。
仕様から確認できる主な違いは、キッズカバーが同梱されていることと、より長い保証期間の2点です。

しかし最も大きな違いは、子供向けオールインワン定額サービス「Amazon Kids+」が1年間無料で利用できることです。

つまり期間中は日本や世界の名作、児童文庫、学習マンガや科学の本など、1,000冊以上の本が1年間読み放題になるためお得だと言えます。

補足として「Amazon Kids+」は年間9,800円相当、プライム会員は年間4,800円相当の有料サービスです。
1年間の使い放題期間が終了すると、有料の月額プランへ自動更新されるため注意しましょう。

そのほかKindleキッズモデルの対象となっている「Amazon Kids+のラインナップ」はこちらです。

Amazon Kids+のラインナップ紹介

Kindle Paperwhite通常モデルキッズモデル
発売日2021年10月27日
広告ありの価格
広告なしの価格
14,980円
16,980円
-
16,980円
ディスプレイ6.8型(300ppi)
サイズ約174×125×8.1mm約175.5×129.2×13.5mm
(キッズカバー含む)
重量約205g約321g
(キッズカバー含む)
容量8GB
フロントライト搭載
明るさ設定13段階
色調調節ライト搭載
明るさ自動調整機能-
バッテリー最大10週間
充電時間(PC接続)約5時間
充電時間(9WのUSBアダプタ)約2.5時間
ワイヤレス充電-
Wi-Fi802.11b、802.11g、または802.11n
防水性能IPX8等級
接続端子USB Type-C
キッズカバー-同梱(3種から選択)
Amazon Kids+
-1年間無料で利用可能
保証1年間限定保証2年間限定保証

2021年秋発売のKindle Paperwhiteまとめ

Kindle Paperwhiteの特長と、2021年秋に発売される「新モデルの違い」をまとめました。

Kindle Paperwhiteの特長

Kindle Paperwhiteの特長

  • 2021年秋に発売されるKindle Paperwhiteは「第11世代」である
  • Kindle Paperwhiteは、Kindleシリーズで最も売れているモデルである
  • Kindle Paperwhiteは下位のKindleに比べ画面が大きく、解像度も高い
  • Kindle PaperwhiteはKindleに比べ、LEDが多く搭載されているためより明るく見やすい
  • Kindle Paperwhiteはフラットベゼルに加え、防水機能と色調調節ライトを搭載している

2021年秋発売となる新モデルの違い

2021年秋発売となる新モデルの違い

  • Kindle Paperwhiteは必要十分な機能を備え、広告つきならシリーズ最安値で入手できる
  • シグニチャーエディションは容量が大きく、明るさ自動調整機能とワイヤレス充電を備えている
  • キッズモデルには本体を守るカバーが付属しており、保証期間が1年から2年に延長されている
  • キッズモデルなら年間9,800円相当の「Amazon Kids+」が、なんと1年間無料で利用できる
  • Amazon Kids+とは、子供の学習に適した1,000冊以上の本が読み放題の有料サービスである

第11世代の新型Kindle Paperwhiteと第10世代の違い

ちなみに「第11世代の新型Kindle Paperwhiteと第10世代の違い」は、別記事で詳しく解説しています。

kindle-paperwhite-11th-generation-tigai-150x150
【Amazon】第11世代の新型Kindle Paperwhiteと第10世代の違い【防水対応】

2021年10月27日に発売されることが決まった、色調調節ライト搭載で新しい第11世代のKindle Paperwhite。
今回の記事ではこの「Kindle Paperwhite」と、2018年発売の第10世代Kindle Paperwhiteの違いを比較します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

スマホ料金最適化 ⇒ 月額290円でドコモ回線impression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062月額0円でau回線

よく読まれている記事

-Amazon