【マネーフォワード ME】無料版と有料版の違い【プレミアム】

マネーフォワード MEの無料版と有料版の違い

毎日のお金の出入りをこれ1つで確認できる、お金・資産管理の家計簿アプリで人気のマネーフォワード ME。
今回の記事ではこの「マネーフォワード ME」の有料版となる、プレミアムサービスの違いを解説します。

マネーフォワード MEの紹介動画

マネーフォワード MEの導入方法

マネーフォワード MEを導入するには、iOSもしくはAndroid用のリンクからダウンロードします。

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

マネーフォワード ME 有料版の機能

投資資産1,000万円以上の約4人に3人が利用しているという「プレミアムサービス」の機能です。
このプレミアムサービスは初回登録時に1ヶ月無料で利用でき、解約も簡単に行える設計です。

プレミアムサービスの違い

  • 個別資産を詳しくチェックでき「より細かい分析」が可能となる(一部資産対象外)
  • 無料会員では4件に制限されている「連携口座数」が無制限になる
  • 資産推移を「グラフ」で表示でき、資産全体の変動を一目で把握できる
  • 資産全体のバランスを表す「ポートフォリオ」が見える
  • 複数の口座を都度更新せず「一括更新」ができる(一部口座対象外)
  • 口座の「更新頻度」がアップし、最新状況を確認するたびのストレスが軽減する
  • 無料会員では対応していていない「1年以上前のデータ」が確認できる
  • カード引き落とし前のお知らせ設定により「残高不足」を防止できる
  • 貯めたポイントの「有効期限」が近づくと教えてくれる
  • 入出金を他のアプリにインポートできる「CSV形式」でダウンロードできる
  • 契約中の「サブスク(サブスクリプションサービス)」をまとめて管理できる

マネーフォワード ME 有料版のお試し方法

マネーフォワード MEを導入して何らかの口座を連携したら、画像のような画面になっているはずです。
無料版の場合は中央に『1ヶ月無料で資産の推移グラフを試す』というボタンや、資産管理の画面に『1ヶ月無料で試してみる』というリンクが表示されるため、必要に応じて選択します。

マネーフォワード ME 有料版のお試し方法

すると『初回登録なら1ヶ月間無料』という文字とともに、プレミアムサービスの機能説明が始まります。
もしプレミアムサービスに興味がある場合は、画面を下にスクロールさせていきます。

マネーフォワード ME 有料版のお試し方法-2

記事冒頭で取り上げたようなプレミアムサービス機能説明が終わると、画面下に2つのボタンが出ます。
どちらも1ヶ月無料であるものの、左が「年額プラン」で右が「月額プラン」です。

ここではもし解約を忘れた時のために、右側の「月額プラン」を選択します。
プランを選択するとiPhone場合承認画面が表示されますから、内容を確認して承認します。

マネーフォワード ME 有料版のお試し方法-3

プレミアムサービスへの加入が完了すると『購入手続きが完了しました』と表示されます。
プレミアムサービス加入後に元の画面に戻すと、有料版の案内がなくなり画面が変わっています。

マネーフォワード ME 有料版のお試し方法-4

マネーフォワード ME 有料版のグラフ表示

マネーフォワード ME 有料版のグラフ表示は、標準で「3ヶ月」に設定されています。
このグラフはホーム画面のほか、例えば「投資信託」の画面に移動しても表示されます。

マネーフォワード ME 有料版のグラフ表示

期間の部分をタップすると、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月・1年・全期間の「全5種類」から選択できます。

マネーフォワード ME 有料版のグラフ表示-2

五千万円を一括投資してみた

ちなみに関連記事の「五千万円を一括投資してみた」は、別記事で詳しく解説しています。

【五千万円】一括投資してみた【新NISA】

2024年以降、非課税保有期間の無期限化や口座開設期間の恒久化などと併せて導入予定となっている新NISA。
今回の記事ではこの「新NISA」に先駆け、人気の投資信託5銘柄に合計5000万円を投入して検証してみます。

続きを見る

200万冊以上が読み放題! Kindle Unlimitedを試してみる

📚 30日間の無料体験は、いつでもキャンセルできます




-スマホ