【WordPress】Classic Widgetsで元のウィジェットに戻す方法【ブロック】

plugin-classic-widgets-block-1

Gutenbergが標準で有効化されており、これまでのバージョン慣れてきたユーザーを悩ませるWordPress。
今回の記事ではプラグインの「Classic Widgets」を使い、ブロック化したウィジェットを元に戻します。


Gutenbergによるウィジェットの変化

Gutenbergによる管理画面の変化は投稿編集画面だけではなく、外観の「ウィジェット」にも及びます。

plugin-classic-widgets-guide

この変更もやはり旧バージョンに慣れていると、ほとんどの方が使いにくいと感じるはずです。

plugin-classic-widgets-block-sample

Gutenberg版ウィジェットの特長

Gutenberg版ウィジェットの「特長」をまとめてみました。

Gutenberg版ウィジェットの特長

  • テーマには1個のブロックエリアがあり、コンテンツを追加、編集できます。ここに検索バー、ソーシャルアイコン、その他のタイプのブロックを追加して、サイトでどのように表示されるか確認してみてください
  • 各ブロックには、色、幅、配置などを変更するための独自のコントロールが付属しています。これらは、ブロックを選択すると自動的に表示または非表示になります
  • 利用可能なブロックはすべてブロックライブラリにあります。+アイコンが表示されていれば、そこからアクセスできます

Classic Widgetsのインストール方法

Classic Widgetsをインストールするには、WordPressにログインして「ダッシュボード」の「プラグイン」から「新規追加」を選択します。

plugin-classic-widgets-install-2

新規追加に移動したら、右側の検索フォームから「Classic Widgets」を検索します。
Classic Widgetsを検索し表示されたら「今すぐインストール」から「有効化」を行います。

plugin-classic-widgets-install-3

すると自動でプラグインの画面に戻され、Classic Widgetsが追加されていることが確認できます。

plugin-classic-widgets-install-4

Classic Widgetsが有効化されたあとでウィジェットを開くと、元の管理画面に戻っています。

plugin-classic-widgets-install-5

Classic Editorで元の編集画面に戻す方法

ちなみに「Classic Editorで元の編集画面に戻す方法」は、別記事で詳しく解説しています。

plugin-classic-editor-gutenberg-3-150x150
【WordPress】Classic Editorで元の編集画面に戻す方法【Gutenberg】

WordPressの最新版をインストールすると直面することとなる、Gutenbergが適用された投稿の編集画面。
今回の記事ではプラグインの「Classic Editor」を利用して、元の編集画面に戻す方法を解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

PV100万超えを達成したテンプレート ⇒ AFFINGER6のレビュー

よく読まれている記事

-サイト