【povo】月額0円で維持する方法【強制解約条件】

povo-getsugaku-0yen-kaiyaku-jyouken

『使いたいものを、使いたい分だけ選べる』をコンセプトに登場し、0円から使えることで人気のpovo2.0。
今回の記事ではこの「povo2.0」で選択可能なオプションのコスパと、強制解約の条件について解説します。


povoとは?

auの回線が0円から使えることで「楽天モバイル」の移行先としても選ばれている人気プランのことです。
基本料金0円に任意のオプションを組み合わせることにより、ユーザーのニーズにピッタリ合わせられます。

――補足としてpovoには1.0と2.0があり、現在契約可能なのは内容がより充実した「povo2.0」です。

\auの音声回線が月額無料で!/

povoの詳細を見てみる

楽天モバイルからの移行先として人気です

povoの主な注意点

「維持費0円から持てる」という特長が魅力のpovoですが、いくつか存在する「注意点」をまとめました。
また基本的な利用方法は、基本料金0円に「月間で必要な容量のデータトッピング」を選択することです。

povoの注意点

  • オンラインで加入するプランであり、店頭サポートは受けられない
  • データトッピングをしない場合、通信速度が送受信最大128kbpsになる
  • データトッピングには期間制限があるうえ、繰り越しに対応していない
  • ドコモと違い家族回線としてカウントされない(auから脱走すると家族の負担が増える)
  • 一定期間に利用量が少なかった場合、強制解約される可能性がある

最も注意すべきは、公式サイトにある下記の文面です。
しかしこの強制解約を回避する方法があり、後述する「条件」を満たせば問題ありません。

180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となることがあります。

引用元:料金プラン詳細

povoの主なメリット

上記いくつかのデメリットがある一方で、見逃せない「povoの魅力」についてまとめました。

povoの主なメリット

  • 何よりauの音声回線が「基本料金0円」から利用できる
  • 契約事務手数料が発生しないため、費用負担なく申し込みできる
  • 当初は物理SIMしか対応していなかったが、現在はeSIMにも対応している
  • 選択するデータトッピングによっては、ahamoに対抗できる組み合わせがある
  • ギガのチャージ活動「#ギガ活」でさらにお得に利用できる

データトッピングのコスパ比較

povo2.0で選択可能な「データトッピング」の一覧と、コストパフォーマンスの比較です。
オススメは「データ追加60GB」と「データ追加150GB」の2つで、月間あたりの費用はahamoを下回ります。

とはいえahamoには5分間の国内通話無料が付属していますから、対抗するには通話トッピングが必要です。
povo2.0の5分以内通話かけ放題は月額550円ですので、実質「月額2,713円」でahamo未満となります。

@1GB ⇒ 1GBあたりの料金
@30日 ⇒ 30日あたりの料金
月間容量 ⇒ 利用可能なデータ量を「月間平均」に置き換えた場合の目安量

トッピング名料金/回制限時間@1GB@30日月間容量
データ使い放題330円24時間-9,900.0円-
データ追加1GB390円7日間390.0円1671.4円-
データ追加3GB990円30日間330.0円990.0円3GB
データ追加20GB2,700円30日間135.0円2,700.0円20GB
データ追加60GB6,490円90日間108.2円2,163.3円20GB
データ追加150GB12,980円180日間86.5円2,163.3円25GB

\月間20GBで5分間通話無料!/

ahamoの詳細を見てみる

月間100GBの大盛りオプションも選べます

強制解約の回避条件

povoには「SIMを有効化した日から180日の利用量」が少ない場合、強制解約される可能性があります。
しかし下記どちらかの条件さえ満たせば、利用停止からの強制解約を回避することができます。

1⃣180日の間に、いずれかの有料トッピングを行う
2⃣180日の間に、従量通話料とSMS送信料の合計額が税込660円を超える

しかも強制解約の前に「長期間トッピング未購入による利用停止予告」の連絡が行われるとのこと。
つまり利用停止の予告が来てから有料トッピングを購入しても、問題がないということです。

引用元:トッピングの購入を一定期間実施しなかった場合、どうなりますか?

月額0円で維持する方法

参考サイトを参考にした「povo2.0を最低料金で維持する方法」は下記のとおりです。
ただしKDDI回線の契約限界である1名義5回線を消費したくないため、私自身は実証できておりません。

そのためあくまでも月額0円理論上のものであり、厳密には180日間に1度18円の課金が必要だと言えます。

povo2.0を最低料金で維持する方法

  • povoから利用停止予告のメールが来るのを待つ
  • 利用停止予告が来たら、その猶予が月末を超えるか確認する
  • 月末に月額550円の「5分以内通話かけ放題」を購入する
  • トッピングが反映されたら、その日のうちに解約する
  • 直近の請求が18円であることを確認する

※月末に通話トッピングを購入する理由

povoの規約上、月の途中で通話トッピングを購入した場合、定額料は満額請求されます。
しかし「当面の間」は日割りとなっているため、月末に契約&解約するのが最も効率的です。

もし利用停止期限が月末を超えない場合も、素直に「5分以内通話かけ放題」に加入しましょう。
最低料金18円で維持できませんが、月末まで19日未満の場合は「データ使い放題」よりも安価です。

逆にざっくり利用停止期限がその月の上旬の場合は、データ使い放題を選択して利用停止を回避します。

参考サイト:povo、180日経過しました。

利用停止から契約解除までの流れ

ちなみに「povoの利用停止から契約解除までの流れ」は、別記事で詳しく解説しています。

povo-riyou-teisi-keiyaku-kaijyo-kaihi-150x150
【povo】利用停止から契約解除までの流れ【回避方法】

180日間以上有料トッピングの購入などがない場合、利用停止や契約解除になることがある月額0円のpovo。
今回の記事では「povo」の利用停止から契約解除までの流れと、強制解約を回避する方法を解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

スマホ料金最適化 ⇒ 月額290円でドコモ回線impression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062月額0円でau回線

よく読まれている記事

-スマホ