Rainbow Six Siege Starter Editionとは?

2017年02月15日 [R6S]

通常版に比べより低い導入コストでプレイを開始できる、Rainbow Six Siege Starter Edition。
今回の記事では販売が復活しただけでなく、継続して併売されるというこのバージョンを解説します。

Rainbow Six Siege Starter Editionとは?

Rainbow Six Siegeを手軽に始めたいプレイヤーに適した、スターターセットです。

rainbow-six-siege-starter-edition-1-640x366

ゲームの内容は通常版と同じうえ、各DLCにて追加されたオペレーターも解除すれば利用可能。
もちろんYear 1 / Year 2 シーズンパスも適用でき、豊富なVIP特典も問題なく受けられます。

使用可能なオペレーター

2018年3月6日以降、初期で使用可能なオペレーターが増加しています。
下記の攻撃側・防衛側のオペレーターのうち、各3名ずつがランダムでアンロックされます。

攻撃側

・Ash
・Fuze
・Sledge
・Thermite
・Thatcher

防衛側

・Jager
・Kapkan
・Mute
・Rook
・Smoke

通常版との違い

通常版との大きな違いは、各オペレーターの解除に必要な名声が増加していることです。

本編発売以後DLCで追加となったオペレーターは影響をうけないものの、
基本となるオペレーターをスムーズに解除していくことは、通常版に比べて難しくなっています。

そのため、ある程度使うオペレーターを決めているプレイヤーには向きますが、
チームメイトやマップに応じて使うオペレーターを選択するプレイヤーの場合、注意が必要です。

とはいえかなり安いコストで始められることは疑いようがなく、仕様を理解していれば買いでしょう。

Rainbow Six Siege Advanced Edition とは?

オペレータートレーラー

オペレーター解除コスト比較

※スターターエディションにおけるオペレーターの解除コスト
(表の内容はOperation Velvet Shellまでのものです)

基本オペレーター:12,500名声ポイント or 300 R6クレジット
拡張オペレーター:25,000名声ポイント or 600 R6クレジット

計算上は、500,000 – 275,000 = 225,000名声ポイントとなり、
1人あたり平均して、7,500名声ポイント余分に解除コストが増加するようです。
(基本オペレーター20人のみに限定すると、1人あたり11,250名声ポイントとさらに増加します)

Starter Editionのコスト

スターター
1人目
2人目
3人目
4人目
1部隊
部隊数
合計
基本12,50012,50012,50012,50050,0005部隊250,000
拡張25,00025,000--50,0005部隊250,000
合計-----10部隊500,000

通常版のコスト

通常版
1人目
2人目
3人目
4人目
1部隊
部隊数
合計
基本5001,0001,5002,0005,0005部隊25,000
拡張25,00025,000--50,0005部隊250,000
合計-----10部隊275,000

引用元:Ubisoft


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ