【東芝】レグザ純正USBハードディスクの違い【キャッシュバック】

投稿日:

regza-hdd-campaign

東芝の液晶および有機ELテレビ「レグザ」での録画に最適だと言える、レグザ純正USBハードディスク。
今回の記事ではこの「レグザ純正USBハードディスク」の違いと、キャッシュバックについて解説します。


 

レグザ純正USBハードディスクとは?

レグザ純正USBハードディスクとは、レグザとの接続が保証された「東芝純正のハードディスク」のこと。
メーカーが動作確認をして販売しているため、他メーカーのハードディスクに比べ機能制限がありません。

例えば一部のハードディスクでは「タイムマシン対応」が明示されておらず、実際には使用できないことも。
しかしメーカー純正であれば、その品質と信頼性から安心して使うことができます。

ちなみに記事作成時点において、公式ページ掲載のレグザ純正USBハードディスクの種類は「3つ」です。

レグザ純正USBハードディスクの種類

  • V3 SERIES(V3シリーズ)
  • D2 SERIES(D2シリーズ)
  • V2 SERIES(V2シリーズ)

レグザ純正USBハードディスクの違い

レグザ純正USBハードディスク 公式ページ

表記時間はテレビの「レグザ」に接続した場合のものです。
レグザブルーレイやレグザタイムシフトマシンに接続した場合は、多少録画時間が変化します。

ちなみに表記時間は、地上デジタル放送をHDレート(最大17Mbps)で録画した場合で「D2シリーズ」の通常録画時間が他に比べて短いのは、1台2役で利用できるためです。

型番容量タイムマシン(6ch)通常録画時間備考
THD-100V31TB約20時間約125時間「V3シリーズ」
アルミボディ採用
縦置き・横置き対応
24時間録画対応
THD-200V32TB約40時間約251時間
THD-300V33TB約60時間約375時間
THD-400V34TB約80時間約502時間
THD-250D22TB + 0.5TB約40時間約62時間「D2シリーズ」
1台2役
背面取付対応
THD-500D24TB + 1TB約80時間約125時間
THD-200V22TB約40時間約251時間「V2シリーズ」
背面取付対応
THD-300V23TB約60時間約376時間

V3シリーズ

2019年8月7日に発売された、1TBから4TBまでの容量が選べる「最新のシリーズ」です。
通常録画だけでなくタイムマシンにも対応しており、放熱性に優れたアルミボディを採用しています。

regza-hdd-campaign-v3

D2シリーズ

他のシリーズではどちらかしか選べない「通常録画」と「タイムマシン」へ、同時に対応するシリーズです。
そのため接続するハードディスクを1台にまとめることができ、テレビ周辺をスマートに維持できます。

V2シリーズ

前述の「V3シリーズ」が発売されるまで主流となっていた、スタンダードなシリーズです。
タイムシフトマシン用やタイムシフトマシン増設用としてはもちろん、通常録画用としても使えます。

キャッシュバックキャンペーンとは?

タイムシフトマシンキャッシュバックキャンペーン 公式ページ

対象製品の組み合わせに応じて、普通為替証書で「キャッシュバック」が行われるキャンペーンのことです。
金額は10,000から30,000円までとなっており、条件を満たして応募することでもれなく還元されます。

ちなみに自身が購入した「X930」と「THD-200V3」のキャッシュバック金額は20,000円。
THD-200V3を20,000円未満で購入しているため、実質マイナスでハードディスクを入手できました。

regza-hdd-campaign-list

 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2019 All Rights Reserved.