【レビュー】ゲーミングマウス Kone Pure Owl-Eye【ROC-11-725-AS】

投稿日:2018年11月29日 更新日:

review-kone-pure-owl-eye-1

Kone EMPのスリムバージョンとして作られた、ゲーミングマウスのKone Pure Owl-Eye。
今回の記事ではこの「Kone Pure Owl-Eye(ROC-11-725-AS)」を、レビューしてみます。

 

Kone Pure Owl-Eyeとは?

ゲームデバイスメーカー「ROCCAT」による、ゲーミングマウス「Koneシリーズ」のひとつ。
最大12,000dpiに対応する「Owl-Eye オプティカルセンサー」を搭載しており、安定した性能を発揮します。

またシリーズ恒例の「EASY-SHIFT[+]テクノロジー」を使えば、割り当て可能なボタン数がなんと約2倍に。
さらに管理ソフトウェアの「ROCCAT Swarm」により、エフェクトやマクロなど柔軟な設定が行えます。

ROCCAT Swarmの使用方法

review-kone-pure-owl-eye-roc-11-725-as-01

Kone Pure Owl-Eyeの開封動画

Kone Pure Owl-Eyeの特長

Kone Pure Owl-Eye 公式ページ

高解像度対応
100~12,000dpiの間で調整可能な、Owl-Eye オプティカルセンサー搭載です。
多機能設計
各ボタンに2つの機能を割り当てでき、様々なショートカットに役立ちます。
LED搭載
1680万色からカスタマイズ可能な、イルミネーションを備えています。

Kone Pure Owl-Eyeの仕様

Kone Pure Owl-Eye ROC-11-725-AS
センサー名 Owl-Eye
センサー詳細 PixArt 3361
ベースセンサー PixArt 3360
最大解像度 12000dpi
ポーリングレート 1000Hz
応答速度 1ms
メインスイッチ オムロン D2FC-F-K(50M)
ライフサイクル 5000万クリック
加速 50G
最大速度 250ips
マウス加速 オフ
角度スナップ オフ
リフトオフディスタンス 調整可能
内蔵プロセッサ ARM Cortex-M0 50MHz
内蔵メモリ 512KB
サイズ 横70mm × 縦115mm × 高さ39mm
公称重量 88g
ケーブル長 1.8m

商品説明

パッケージは片側が斜めになっており、他メーカーでは覚えのないデザインです。
kone-pure-owl-eye-01

パッケージ背面には、Kone Pure Owl-Eyeの特長が各言語で掲載されています。
kone-pure-owl-eye-02

商品内容はマウス本体と、取扱説明書の合計2点です。
kone-pure-owl-eye-03

取扱説明書の入っているビニール袋の中には、メーカーのステッカーも同梱されています。
kone-pure-owl-eye-04

マウスは右利き専用となっており、左利きには対応していません。
kone-pure-owl-eye-06

左サイドには2つのボタンを搭載しています。
kone-pure-owl-eye-07

ケーブルは中央から出ており、一般的なマウスと同様です。
kone-pure-owl-eye-08

右側は薬指が保持しやすいよう、緩やかな曲線を描いています。
kone-pure-owl-eye-09

マウス後部には、LEDを搭載したメーカーロゴが存在します。
kone-pure-owl-eye-10

ケーブルは絡みにくい布巻ケーブルで、コネクタにもメーカーロゴが存在します。
kone-pure-owl-eye-11

マウス左側面です。
kone-pure-owl-eye-12

マウス後部です。
kone-pure-owl-eye-13

マウス右側面です。
kone-pure-owl-eye-14

マウス正面です。
kone-pure-owl-eye-15

マウスホイール近景です。
kone-pure-owl-eye-16

マウスを軽くつかんだ状態です。
kone-pure-owl-eye-17

マウスソールは前面と後面に備えられています。
中央の「Owl-Eyeオプティカルセンサー」は、400~3,000dpi時に最も安定する設計です。
kone-pure-owl-eye-18

ホイールの後ろには、2つの解像度変更ボタンを備えています。
kone-pure-owl-eye-19

ちなみにKone Pure Owl-Eyeの実重量は、ケーブル抜きで「約86g」でした。
kone-pure-owl-eye-05

そのほかイルミネーション有効の場合、マウス後部のロゴが光ります。
kone-pure-owl-eye-20

ROCCAT Swarmとは?

Kone Pure Owl-Eyeの詳細設定に必要な、メーカー純正のデバイス管理ソフトです。

roccat-swarm-setting-00

ただしその使用法については冗長となるため、別記事にて解説しています。

roccat-swarm-guide-300x300
【マウス】ROCCAT Swarmの使用方法【管理ソフト】

ROCCATのゲームデバイスを使用するうえでまず導入することとなる、ソフトウェアのROCCAT Swarm。
今回の記事ではこの「ROCCAT Swarm」を利用して、ボタン割り当てやマクロの設定方法を解説します。

続きを見る

まとめ

イメージ画像で受けた印象以上に小さく、そして軽い、Owl-Eyeオプティカルセンサー搭載マウスです。
右利き専用に設計されているためしっかり保持でき、プレイ中に変なズレを起こすことはありません。

最初に持ちあげた時はその重量から「おもちゃかな?」という感想でしたが、全体の工作精度は高め。
メインクリック・ホイールともに確かなクリック感があり、ゲーミングマウスであることは明白です。

まず筐体はツヤを抑えたブラックカラーで統一されており、自身の環境では滑ることもなく快適な設計。
他社ではラバーを採用している製品もありますが、材質の関係か多少の汗をかいても心配無いでしょう。

つぎに形状は左右の凹みが良い塩梅で、小さいサイズながら「かぶせ持ち」との相性は悪くありません。
ただし薬指と小指がマウスパッドに当たる構造のため、抵抗の増加が気になる方は注意が必要です。

そしてサイドボタンは押すことに苦にならず、誤操作も誘発しないであろう位置にあり、
こちらもメインクリックと同様に、確かなクリック感が感じられるスイッチを採用しています。

そのほかホイール直下の解像度変更ボタンは、当然キーの割り当て対象ボタンですから、
使用するゲームで必要なキーが足りなくなった場合には、自由なボタン候補として活躍します。

ちなみに実際の使用感は良好で、やはりその重量から手への負担が大きく減少した印象。
普段使用しているマウスとは「約20g」も違いますから、交互に持つとその違いは歴然としています。

さらにソフトウェアの「ROCCAT Swarm」を利用すれば、より詳細かつ柔軟な設定が可能に。
一般的な解像度の変更やキー割り当てはもちろんのこと、イルミネーションやマクロも管理できます。

また変更した設定はマウス本体の「512KBオンボードメモリ」へ保存するため、別PCへの接続時に有用。
Shiftキーのように機能する「EASY-SHIFT[+]」を割り当てれば、より高機能になる点も見逃せません。

――逆に気になる点を挙げるとするなら、まずホイールを除く全てのボタンのクリック音が大きいこと。
静音にはほど遠い音がするため、クリック音に神経質な方は覚悟が必要な水準だと言えます。

つぎにメインやサイドボタンほど、ホイールクリックにクリック感が存在しないこと。
私はホイールクリックに「リロード」を割り当てているのですが、毎回クリックできたか不安です。

そしてサイドボタンの手前側が若干押しにくく、大きく親指を動かさなければならないこと。
前述のように「誤操作しないこと」は利点ではあるのですが、頻繁に使う機能を割り当てにくいです。

それからマウスソールと「G-Pad」との相性が悪く、滑りにくい上に不快な感触と音を立てること。
より滑らかかつ静かなマウス操作を要求するのであれば、マウスソールの追加が必須条件となります。

そのほか独自機能として推している「EASY-SHIFT[+]」を利用するには、ボタンが1つ潰れること。
EASY-SHIFT[+]ボタンを押して離す」だけでも、機能割り当てを可能にすべきではないしょうか。

EASY-SHIFT[+]の使用方法と問題点

最後にマウスの構造に直接関係しないとはいえ、ボタンに「最小化」が割り当てできないこと。
自身はこの機能のためだけに「ロジクール」を使用しており、他社のデバイスが使えない状況です。

ゲームにだけ使うなら問題ありませんが、ゲームと作業の両方で使うならマウス2個は非現実的。
自身はウィンドウ右上のボタン操作をしないため、単独で機能する最小化ボタンの実装を強く望みたいです。

  • 確かなトラッキングを実現する「Owl-Eyeオプティカルセンサー」搭載
  • 実測86g(公称88g)という軽さで、手への負担が少ない
  • 優れた保持性を誇る「グリップコーティング」採用
  • ホイールクリックを除いた、全てのクリック音が大きい
  • EASY-SHIFT[+]を利用するには、ボタンのひとつが無駄になる
  • 私が常用マウスの必須条件としている「最小化」の割り当てができない

q?_encoding=UTF8&ASIN=B0711Y8G4N&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22&language=ja_JPir?t=utf-8-e3-22&language=ja_JP&l=li3&o=9&a=B0711Y8G4N 
Kone Pure Owl-Eye「ROC-11-725-AS」
総合評価 4.5

★★★★★

補記:G402と比べて

自身はロジクールの「G402」を3年以上利用しています。

その理由は前述のように「ウィンドウの最小化が割り当てられること」にあるのですが、
今回のKone Pure Owl-Eyeと比較し、Kone Pure Owl-Eyeが勝る点についてまとめておきます。

ちなみにKone Pure Owl-Eyeには「2年間」のメーカー保証が付属。
G402は1年ごとに故障して現在3台目なので、耐久性が高いことも期待したいです。

Kone Pure Owl-Eyeが優れている点

  • 比べてわかる圧倒的な軽さで、手への負担をかなり軽減できる
  • 最大12,000dpiまで100dpi刻みに解像度を調整でき、設定を5つまで保存できる
  • 柔軟なカスタマイズが可能な、ROCCAT Swarmに対応している
  • EASY-SHIFT[+]を使えば、割り当てられる機能の数が実ボタン数を超える
  • ゲーム中にキー割り当てが消えない(自身の環境ではロジクールのソフトがバグります)
 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.