【Zen 2】Ryzen 4800UとCore i7-1065G7との違い【性能比較】

投稿日:

ryzen-4800u-core-i7-1065g7-hikaku

2020年1月6日のAMD CES 2020にて発表された、8コア16スレッドのノートPC向けCPUとなるRyzen 4800U。
今回の記事ではこの「Ryzen 4800U」と、競合製品として挙げられたCore i7-1065G7との性能を比較します。


 

AMD at CES 2020

仕様の違い

省電力なUシリーズに属するRyzen 4800Uと、その競合製品となるIntelのCore i7-1065G7です。
前者のRyzen 4800Uのほうがコア/スレッド数が多く、動作周波数が高い設計となっています。

その影響もあるのか、後述の性能比較ではCore i7-1065G7を上回る性能を見せています。

ryzen-4800u

性能比較Ryzen 7 4800UCore i7-1065G7
コア8コア4コア
スレッド16スレッド8スレッド
CPU基本動作周波数1.8GHz1.3GHz
CPU最大動作周波数4.2GHz3.9GHz
L3キャッシュ合計8MB
最大メモリー速度DDR4-3200
LPDDR4-4266
DDR4-3200
LPDDR4-3733
内蔵GPUAMD Radeon GraphicsIntel Iris Plus Graphics
対応ソケットFP6FCBGA1526
TDP15W

性能の違い

Ryzen 4800UとCore i7-1065G7を比べると、まずCinebench R20で目を見張る結果に直面します。
シングルスレッドではわずか「+4%」の値が、マルチスレッドでは約23倍の「+90%」にも達します。

また3DMark Time Spy Extremeでも「+28%」の性能差を生み出しており、グラフィック性能も優秀です。

ryzen-4800u-core-i7-1065g7-hikaku-1

つぎにコンテンツ制作における、各アプリケーションごとの比較表です。
それぞれ「+27% ~ +49%」という結果を残しており、Core i7-1065G7に比べてより快適です。

ryzen-4800u-core-i7-1065g7-hikaku-2

最後に比較するのは、TOP-TIERに位置する各ゲームのフレームレート(1080p / 低設定)です。
League of Legendsを除くタイトルで優れており、OverwatchとGTA Vは60fpsにまで迫っています。

ryzen-4800u-core-i7-1065g7-hikaku-3

引用元:Tom's Hardware

Ryzen 4000シリーズ比較表

C / T:コア・スレッド数
基本:基本クロック
最大:最大ブースト・クロック
L2+L3:L2キャッシュとL3キャッシュの和
TDP:デフォルトTDP/TDP

モデルナンバーC / T基本最大L2+L3GPUコアTDP
Ryzen 7 4800H8 / 162.9GHz4.2GHz12MB745W
Ryzen 7 4800U8 / 161.8GHz4.2GHz12MB815W
Ryzen 7 4700U8 / 82.0GHz4.1GHz12MB715W
Ryzen 5 4600H6 / 123.0GHz4.0GHz11MB645W
Ryzen 5 4600U6 / 122.1GHz4.0GHz11MB715W
Ryzen 5 4500U6 / 62.3GHz4.0GHz11MB615W
Ryzen 3 4300U4 / 42.7GHz3.7GHz6MB515W
 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.