【スマホ】SoftBankの料金の仕組み【ギガモンスター】

投稿日:

smart-phone-softbank-ryoukin-guide

大容量データ通信の「ウルトラギガモンスター+」と、従量制の「ミニモンスター」を提供するSoftBank。
今回の記事では「みんな家族割+」や「おうち割 光セット」を含めて、SoftBankの料金を解説します。


 

ウルトラギガモンスター+とは?

現在SoftBankが推奨している、月間50GBまでの利用ならデータ通信の帯域制限が発生しないプランのこと。
さらに「Youtube」や「AbemaTV」に「huru」など、主要な動画サービスはデータカウントの対象外です。

smart-phone-softbank-ryoukin-guide-02

つまり仮に「Youtube」に限って利用するユーザーがいた場合、帯域制限は理論上発生しないと言えます。

参考元:ウルトラギガモンスター+とは?

ウルトラギガモンスター+の料金

ウルトラギガモンスター+の月額料金は「おうち割 光セット」と「みんな家族割+」の有無で変わります。
とくに後者のみんな家族割+は「最大2,000円割引」ですから、安く運用するには必須の割引だと言えます。

ちなみに記載している「通話基本プラン」は、通話すると30秒ごとに20円ずつ課金されるタイプのもの。
仮に5分までの通話無料なら「毎月500円」が、24時間通話無料なら「毎月1,500円」が加算されます。

内容1人2人3人4人
通話基本プラン1,500円(+500円 / +1,500円)
データ通信料5,980円
おうち割 光セット-1,000円
1年おトク割-1,000円
みんな家族割+--500円-1,500円-2,000円
月額料金5,480円4,980円3,980円3,480円
月額料金(2年目~)6,480円5,980円4,980円4,480円

ミニモンスターとは?

50GBまでデータ通信が利用可能なウルトラギガモンスター+とは違い、段階型のデータ通信プランのこと。
みんな家族割+が「適用されない」ため、毎月2GBを超えるならウルトラギガモンスター+が有利です。

そのほか通話基本プランは、ウルトラギガモンスター+と同様に3種類が存在します。

smart-phone-softbank-ryoukin-guide-01-1

内容~1GB~2GB~5GB~50GB
通話基本プラン1,500円(+500円 / +1,500円)
データ通信料2,480円4480円5980円6980円
おうち割 光セット1,000円
1年おトク割1,000円
みんな家族割+×
月額料金1,980円3,980円5,480円6,480円
月額料金(2年目~)2,980円4,980円6,480円7,480円

参考元:ミニモンスターとは?

みんな家族割+とは?

グループ化した人数によって毎月の料金が割引される、SoftBank流の家族割引サービスのこと。
docomoの「シェアグループ」よりも条件が緩く、同住所の友人やシェアハウスの同居人すら対象です。

ただしミニモンスターの場合は人数としてカウントされるものの、みんな家族割+の割引を受けられません。

smart-phone-softbank-ryoukin-guide-02

参考元:みんな家族割+とは?

おうち割 光セットとは?

自宅のインターネットとスマホやケータイを組み合わせることで、毎月の料金が割引される施策のこと。
2018年1月17日以降は割引額が一新され、主要なプランでは永年1,000円の割引が受けられます。

smart-phone-softbank-ryoukin-guide-03

参考元:おうち割 光セットとは?

SoftBankの料金まとめ

  • インターネットを存分に楽しむなら「ギガモンスター+」を選ぶ
  • 毎月のデータ通信が少ない場合は「ミニモンスター」を選ぶ
  • 可能な限り「みんな家族割+」を適用して、毎月の料金を下げる
  • ギガモンスター+は「50GBのプラン」しか選べない
  • ミニモンスターには「みんな家族割+」が適用されない
  • auと同じく端末料金分割型のため「総支払額」に注意する

スマホに関する情報まとめ

bgt?aid=171005587548&wid=006&eno=01&mid=s00000015265001022000&mc=10

スマホに関する情報まとめ

 

よく読まれている記事

-スマホ

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2019 All Rights Reserved.