【Creative】Sound Blaster Play! 4の使用方法【レビュー】

2021年3月2日

sound-blaster-play-4-review

よりスマートなボイスコミュニケーションが行えるという、ハイレゾ対応USB DACのSound Blaster Play! 4。
今回の記事ではこの「Sound Blaster Play! 4」とCreative Appにより実現する、多数の機能を解説します。


Sound Blaster Play! 4とは?

USBオーディオインターフェースとして知名度の高い「Sound Blaster Play! 3」の後継モデルです。
接続端子には最新のUSB Type-Cを採用しており、USB Type-A非搭載の薄型PCやスマホとの接続も可能です。

旧製品である「Sound Blaster Play! 3」のレビューはこちらからご確認下さい。

Sound Blaster Play! 3との違い

Sound Blaster Play! 4は対応する端末が増えたことに加え、音質がさらに向上しています。
また本体自体にEQとマイクのミュートボタンを搭載し、直感的に操作できるようになりました。

最大24bit/96kHz ⇒ モード1(Windows PC/Mac/PS5・PS4/Nintendo Switch)
最大24bit/192kHz ⇒ モード2(Windows PC/Mac)

新旧の違いPLAY! 4PLAY! 3
インターフェイスUSB-C
(USB-A変換アダプタ付属)
USB-A
ソフトウェアCreativeアプリ
スマートコミュニケーション キット
(Windows PC向け)
Sound Blaster コントロールパネル
(Windows PC/Mac向け)
内蔵イコライザー本体のボタンで切り替え-
マイクミュート本体のボタンで切り替え-
音声入出力3.5mm端子(4極)3.5mm端子(4極+3極)
オーディオ再生品質最大24bit/192kHz 110dB最大24bit/96kHz 93dB

Sound Blaster Play! 4の特長

Sound Blaster Play! 4の特長

  • イヤホンマイクなどに使われる「4極プラグ」に対応している
  • 110dB 最大24bit/192kHzと、ハイレゾ再生(Windows PC/Mac)に対応している
  • パソコンに限らず、PS5・PS4やNintendo Switchなどのゲーム機でも利用できる
  • USB-C搭載のAndroidスマートフォン/タブレットに加え、iPad Proでも利用できる
  • Creativeアプリのスマート コミュニケーションキットに対応している

Sound Blaster Play! 4の商品内容

Sound Blaster Play! 4のパッケージは「タバコ」よりも少し大きいくらいです。

sound-blaster-play-4-review-01-1

パッケージ裏面には、Sound Blaster Play! 4の機能やハイレゾ対応について紹介されています。

sound-blaster-play-4-review-02-1

商品内容はSound Blaster Play! 4と変換アダプタ、取扱説明書などで「合計6点」です。

sound-blaster-play-4-review-03-1

Sound Blaster Play! 4本体です。
サイズはiPhoneの一部に付属していた「Lightning to イヤホン変換ケーブル」くらいです。

sound-blaster-play-4-review-04-1

Sound Blaster Play! 4の本体裏面では、シリーズ名の「Sound Blaster」を確認できます。

sound-blaster-play-4-review-05-1

Sound Blaster Play! 4との接続には、ヘッドホンとマイクが統合された「4極端子」を利用します。
本体表面には「イコライザーボタン」と「マイクミュートボタン」を搭載しています。

2つの機能はそれぞれのインジケーターで確認でき、わざわざソフトでの操作は不要な設計です。

sound-blaster-play-4-review-06-1

またSound Blaster Play! 4のインターフェイスは、標準でUSB-Cを採用しています。
USB-Cは高速で通信できる規格として普及しつつありますが、非搭載のパソコンも多いでしょう。

そんなとき付属の変換アダプタを利用すれば、接続の問題は解決します。

sound-blaster-play-4-review-07-1

この変換アダプタを利用すれば、Sound Blaster Play! 4をUSB-Aで接続できるようになります。

sound-blaster-play-4-review-08-1

ケーブルの途中には、型番「SB1860」や製造国などが記載されたタグがあります。

sound-blaster-play-4-review-09-1

Sound Blaster Play! 4の重量は、変換アダプタ抜きの実測で「約9g」でした。

sound-blaster-play-4-review-10-1



Sound Blaster Play! 4の接続方法

Sound Blaster Play! 4に搭載されている端子は、前述のように「4極プラグ」です。
そのためヘッドホン端子とマイク端子が分かれた3極のヘッドセットは、接続することができません。

pc-350-se-31

しかしこのような、3極を4極に変換するケーブルを利用すれば接続可能になります。

sound-blaster-play-4-review-11-1

この変換ケーブルの片方には、3極のヘッドホン端子とマイク端子を備えています。

sound-blaster-play-4-review-12-1

Sound Blaster Play! 4、変換ケーブル、ヘッドセットの順で接続すると良いでしょう。

sound-blaster-play-4-review-13-1

Sound Blaster Play! 4の使用方法

Sound Blaster Play! 4の使用方法

  • Sound Blaster PLAY! 4をコンピューターのUSB-Cポートに接続する
  • Creativeアプリをダウンロードして、コンピューターにインストールする
  • CreativeアプリからSmartComms Kitを起動する
  • 必要な機能を有効にし、それぞれの強度調整を行う

補足として「Creative Appのダウンロードとインストール方法」は、別記事で詳しく解説しています。

creative-app-download-install-1-150x150
【Creative】Creative Appのダウンロードとインストール方法

Sound Blaster Play! 4でSmartComms Kitを利用するために必要となる、管理ソフトウェアのCreativeアプリ。
今回の記事ではこの「Creativeアプリ」をダウンロードする方法と、インストール方法について解説します。

続きを見る

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazon.co.jpのタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062

よく読まれている記事

-ゲーム, スマホ