【Twitter】お金配りRTのリスクと詐欺対策【受け子】

2022年9月19日

twitter-okane-kubari-rt-sagi-taisaku

2022年9月19日にTwitterのトレンドとして上位に食い込んできた、お金配りRTに関する注意喚起のツイート。
今回の記事ではこの「お金配りRTに参加する際のリスク」と、考えられる詐欺対策についてまとめてみます。


お金配りRTとは?

お金配りRTとは「お金配り企画者の投稿」をRTすると参加でき、抽選でお金が貰えるという内容の投稿です。
中には有名人が行っていることもありますから、あなたも一度は見かけたことがあるのではないでしょうか。

twitter-okane-kubari-rt-sagi-taisaku-image

詐欺注意喚起のツイート

2022年9月19日にTwitterのトレンドに入っていたツイートです。
真偽は不明ですが、お金配りの目的として有り得そうなエピソードです。

振り込め詐欺に加担する流れ

上記のツイートを元に、振り込め詐欺詐欺の「受け子」として加担する流れを考えてみました。
お金配りの企画者と当選者とのやりとりは、Twitterのダイレクトメッセージ(DM)で行います。

twitter-okane-kubari-rt-sagi-taisaku-nagare-1

お金配りの目的とは?

お金配りの中には善意のものもあるかもしれませんが、基本的に全て疑ってかかるべきです。
仮にあなたが使い切れないほどの大金を持っているとして、見ず知らずの相手にお金を配るでしょうか。

万が一お金を配るとしても、きっとその行為には「何らかの見返り」を求めるはずです。

お金配り企画のポイント

  • 銀行口座を晒すことに躊躇がない「カモリスト」が簡単に手に入る
  • お金配りを本当に行っても良いし、行わなくても企画側にリスクがない
  • 応募者全員に当選DMを送って口座番号を集めれば、なおさら効率的である
  • 回収した口座を振り込め詐欺の送金先にすることで、口座を作る手間がない
  • 振り込め詐欺によって得たお金は、誤送金したという名目で回収する(今回の件)
  • 仮に当選者が持ち逃げしてもすでに詐欺へ加担しているし、それを餌に追い込める
  • 仮に当選者が持ち逃げに成功しても、元手は振り込め詐欺被害者のお金なので痛くない
  • 当選者を選ぶのは企画側なので、事前にSNSを調査して詐欺に都合の良い人物を洗い出せる

お金配りの詐欺対策

お金配りの詐欺に巻き込まれないための対策を考えてみました。

お金配りの詐欺対策

  • お金配りを含む「抽選企画」に参加しない
  • 安易に銀行口座を教えない
  • 見覚えのない入金を受けたら、銀行窓口で「組戻し」を依頼する
  • 予防 ⇒ 可能な限りSNSで個人情報を公開しない(写真や動画はとくに注意)
  • 最強 ⇒ そもそもSNSを利用しない、SNSのアカウントすら作成しない

毎日のチェックがおすすめ! ⇒ Amazonタイムセールimpression?a_id=2812297&p_id=170&pc_id=185&pl_id=4062楽天スーパーDEAL

続きはこちら ⇒ 最新のレビュー記事を見る

よく読まれている記事

-ニュース, レビュー