v6プラスで使用可能なポートを確認する方法

投稿日:2018年1月18日 更新日:

IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6サービスのひとつで、インターネット速度の向上が見込めるv6プラス。
今回の記事ではv6プラス契約中に使用可能なポートを、一覧で確認する方法を解説します。

 

サイトを利用する場合

まず下のボタンから、IPv4/IPv6接続判定サイトにアクセスします。

IPv4/IPv6接続判定ツール

IPv6で接続している場合は、画像の位置に長い文字列が表示されます。
文字列を確認したら、括弧を除いた最初から最後までを「コピー」します。

v6-plus-port-kakunin-1-640x240

次に下のボタンから、ポート確認サイトにアクセスします。

ポート確認

緑の枠で示したフォームに先ほどの文字列を「ペースト」し「計算」を選択します。
すると橙の枠で示した位置に、自身が使用可能なポートが一覧で表示されます。

v6-plus-port-kakunin-2-640x188

NTT東西のHGWを利用している場合

HGW(ホームゲートウェイ)とは、NTT東西のブロードバンドルーターのこと。
基本的にひかり電話ありの場合に設置され、背面に複数のLANポートを搭載していることが特長です。

ホームゲートウェイとSSIDについて

ntt-hgw

上の画像のような機器を使用している場合は、下のボタンからHGWの内部にアクセスします。

配信済事業者ソフトウェア一覧

この画面が表示されたら、メニュー左にある「IPv4設定」を選択します。

v6-plus-port-kakunin-3-640x400

すると右側の利用可能ポート欄に、使用可能なポートが一覧で表示されます。

v6-plus-port-kakunin-4-640x200

 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.