【WD60EZAZ-RT】6TB HDDのレビュー【WD60EZAZ-ECとの違い】

2021年12月26日

6TB HDD「WD60EZAZ-RT」のベンチマークとレビュー

価格.comの人気売れ筋ランキングにおいて2位となっている、Western Digitalの6TB HDDのWD60EZAZ-RT。
今回の記事では「WD60EZAZ-00SF3B0」の性能をいくつかのベンチマークで測定し、レビューしてみます。

WD60EZAZ-RTの特長

WD60EZAZ-RTはWestern Digitalから発売されている、WD BlueシリーズでSATA接続の「6TB HDD」です。
記録方式には従来のCMRではなく「SMR」を採用し、回転速度は5400rpm/sで256MBキャッシュ内蔵です。

WD60EZAZ-RTの特長まとめ

  • 外付けHDDや内蔵ドライブの増設・乾燥に最適なWD Blueシリーズである
  • WD Blueシリーズのコンセプトとして、静音・低発熱・低消費電力が掲げられている
  • NoTouchランプロードテクノロジーにより、記録ヘッドがディスクの表面に触れにくい
  • 別途ダウンロードすることで「Acronis True Image WD Edition」が利用できる
  • 2年間の製品保証が付属している

参考リンク:CFD - WD60EZAZ

WD60EZAZ-RTの情報

WD60EZAZ-RTの情報を「CrystalDiskInfo 8.12.12 x64」で表示させた結果です。
今回性能を測定するWD60EZAZ-RTのモデルナンバーは「WD60EZAZ-00SF3B0」です。

WD60EZAZ-RTのCrystalDiskInfo

WD60EZAZ-RTの仕様

WD60EZAZの仕様内容
流通型番WD60EZAZ-RT / WD60EZAZ-ECなど
JANコード0718037855684
検証モデルナンバーWD60EZAZ-00SF3B0
シリーズWD Blue
容量6TB(実容量5589GB)
インターフェースSATA 6Gb/s
Advanced Format対応
内部転送レート180MB/s
キャッシュ256MB
回転速度5400rpm/s
記録方式SMR
保証期間2年

WD60EZAZ-RTの保証期間(RMA)

WD60EZAZ-RTの保証期間(RMA)を下の公式サイトから確認したところ、購入日から「2年間」でした。

Western Digital

保証期間

WD60EZAZ-RTとWD60EZAZ-ECの違い

WD60EZAZ-RTとWD60EZAZ-ECの双方に性能の違いはなく、後者が「通販専用型番」となっているようです。

WD60EZAZ-RTの商品内容

こちらがWestern DigitalのWD Blueシリーズの6TB HDDである「WD60EZAZ-RT」のパッケージです。
WD BlueシリーズのHDDはかなりの数購入していますが、シンプルなデザインはずっと変わりません。

WD60EZAZのレビュー-01

回転数は5,400rpmに対応しており、コストパフォーマンスに優れることから一般利用に適しています。

WD60EZAZのレビュー-02

パッケージの裏面には、WD Blueシリーズが持ついくつかの特徴が掲載されています。

WD60EZAZのレビュー-03

パッケージを開梱すると、緩衝材に包まれた「WD60EZAZ-RT」と「テックウィンドの製品保証書」が現れました。

WD60EZAZのレビュー-04

緩衝材を取り外すと、静電気防止袋で保護された「WD60EZAZ-RT」との対面です。

WD60EZAZのレビュー-05

静電気防止袋を取り外した状態です。
天面のシールにかつて存在していたQRコードはなくなっており、少し寂しい印象を受けます。

WD60EZAZのレビュー-06

シールの上部を拡大してみました。
写真を加工している場所に「シリアルナンバー」があり、その直下に「モデルナンバー」があります。

WD60EZAZのレビュー-07

WD60EZAZ-RTの正面です。

WD60EZAZのレビュー-08

WD60EZAZ-RTの側面です。

WD60EZAZのレビュー-09

WD60EZAZ-RTの背面です。

WD60EZAZのレビュー-10

WD60EZAZ-RTの底面です。

WD60EZAZのレビュー-11

基板部分を拡大してみました。

WD60EZAZのレビュー-12

WD60EZAZ-RTの重量は、実測で「約568g」でした。

WD60EZAZのレビュー-13

WD60EZAZ-RTのベンチマーク

計測に使用したのは、マザーボードの「SATA 6G」です。

ベンチマーク計測PC内容
OSWindows 10 Pro 64bit
マザボードASUS「TUF Z390-PLUS GAMING」
CPUIntel「Core i9-9900K」
メモリCorsair「CMK16GX4M2A2666C16」
グラフィックカードGIGABYTE「GV-N2070WF3-8GCC1」
ストレージIntel「SSDPEKKW256G8」
電源Cooler Master「RS750-AMAAG1-JP」

CrystalDiskMark 8.0.4 x64

CrystalDiskMark

HD Tune Pro 5.75

HD Tune Pro 5.75の「読み込み速度」のみ、不自然な結果となりました。
本体であれば直下の「書き込み速度」のように、外周へ向かうほど転送速度が低下するはずです。

しかし何度計測しても傾向が変化しなかったため、画像をそのまま掲載しています。

読み込み速度

HD Tune Pro 5.75 Read

書き込み速度

HD Tune Pro 5.75 Write

ATTO Disk Benchmark 4.01.0f1

ATTO Disk Benchmark

WD60EZAZ-RTのレビューまとめ

昨今のHDDとしては大きな特徴を挙げづらく、可もなく不可もない容量単価に優れた6TB HDDです。
価格.comの価格比較では、3.5インチの6TB HDDにおいて「ST6000DM003」に次ぐ2位に位置しています。

ST6000DM003との価格比較

そのため「どうしてもSeagateへの抵抗感が拭えない」という方に向けた、選択肢として機能します。
ただし記録方式は流行のSMRですから、頻繁な書き換えを行う環境では性能が低下する可能性があります。

つまり主な用途としては、あまり書き換えを行わない倉庫利用が望ましいことに疑いようがありません。

そのほか動作音に関しても、同容量・同価格帯の他製品と比べて大きな差はない印象。
音はベンチマークのように数値化が難しいため、自身はあくまで印象程度でしか案内できません。

――総じてST6000DM003と比べた時、WD60EZAZ-RTにアドバンテージがあるかと問われたら悩むところ。
導入に向く用途もまず変わりませんから、余程のこだわりがなければより安価なほうで良いでしょう。

レビューした商品 ⇒ Western Digital「WD60EZAZ-RT」
WD60EZAZ ウエスタンデジタル 【バルク品】3.5インチ 内蔵ハードディスク 6.0TB WesternDigital WD Blue
総合評価4.0

★★★★★

WD80EAZZ(8TB HDD)のレビュー

ちなみに「WD80EAZZ(8TB HDD)のレビュー」は、別記事で詳しく解説しています。

【WD80EAZZ】8TB HDDのベンチマークとレビュー【CMR】

価格.comの人気売れ筋ランキングにおいて1位となっている、Western Digitalの8TB HDDであるWD80EAZZ。
今回の記事では「WD80EAZZ-00BKLB0」の性能をいくつかのベンチマークで測定し、レビューしてみます。

続きを見る

人気の商品が日替わりで登場! タイムセールを見る

⏰ クーポン・アウトレット・在庫処分もあります

続きはこちら ⇒ 最新のレビュー記事を見る



-パソコン, レビュー