【DVD】Windows 10のインストール方法【USBメモリ】

投稿日:

windows-10-install-guide

Windows Media Creation Toolを利用することで、簡単にインストールメディアを作成できるWindows 10。
今回の記事ではWindows 10のインストールに必要な、DVDディスクやUSBメモリの作成方法を解説します。


 

Windows 10のインストールに必要なもの

Windows 10のインストールに必要なものは「インストールメディア」と「プロダクトキー」の2つです。
ただし重要なのは後者の「プロダクトキー」であり、インストールメディアは無料で簡単に作成できます。

とはいえインストールメディアとプロダクトキーの両方を正規に用意するには、パッケージ版を購入します。
「これからWindows 10を導入したい」という方には、面倒ごとが回避できるこの方法がオススメです。

Windows 10 Home

Windows 10 Pro

インストールメディアの作成方法

Windows 10のインストールメディアを作成するには、まず「Microsoft公式」へ移動します。

Windows 10 のダウンロード

Windows 10のダウンロードページに移動したら、中央の「ツールを今すぐダウンロード」を選択します。
すると「メディア作成ツール(Media Creation Tool)」という実行ファイルがダウンロードされます。

ちなみに該当のファイル名は、記事作成時点で「MediaCreationTool1903.exe」です。
しかし末尾の数字は、Windows 10のアップデートに連動して少しずつ変化していきます。

windows-10-install-guide-download

メディア作成ツールの準備

ダウンロードした「MediaCreationTool1903.exe」を実行します。

media-creation-tool-exe-icon-1

適用される通知とライセンス条項に関して、内容を確認し「同意する」を選択します。

windows-10-install-guide-tools-1

実行する操作に関して「別のPCのインストールメディアを作成する」を選択します。

windows-10-install-guide-tools-2

言語、アーキテクチャ、エディションに関して、画像の通り設定します。
アーキテクチャは「64ビット(x64)」でも構いませんが、インストールメディアを様々なパソコンに流用する場合は、画像のとおり「両方」にしておきましょう。

アーキテクチャが選択不可能な場合は「このPCにおすすめのオプションを使う」のチェックを外します。

windows-10-install-guide-tools-3

インストールUSBメモリの作成方法

メディア作成ツールを起動したら、使用するメディアの選択画面で「USBフラッシュドライブ(USBメモリ)」を選択します。
ちなみにUSBメモリを使用する場合は、メディア作成ツールの起動前にパソコンへ接続しておきましょう。

windows-10-install-guide-usb-memory-1

有効なUSBメモリを接続していれば、ドライブの選択画面で選択可能になります。

windows-10-install-guide-usb-memory-2

ドライブを選択して「次へ」進むと、Windows 10のダウンロードが始まります。

windows-10-install-guide-usb-memory-3

しばらく待つと「USBフラッシュドライブの準備ができました」と表示されます。

windows-10-install-guide-usb-memory-4

インストールディスクの作成方法

Windows 10インストール用にUSBメモリが用意できない場合は、DVDディスクで代用します。
メディア作成ツールを起動したら、使用するメディアの選択画面で「ISOファイル」を選択します。

windows-10-install-guide-dvd-disk-1

次に進むと「Windows.iso」の保存先が表示されますから、任意の場所を指定します。
USBメモリの時と同様に、Windows 10のダウンロードが始まります。

windows-10-install-guide-dvd-disk-2

しばらく待つと、ISOファイル「isoファイル」の作成が完了します。
この画面が表示されたら「DVD書き込み用ドライブを開く」を選択します。

windows-10-install-guide-dvd-disk-3

パソコンの光学ドライブに「空のDVDディスク」を挿入し「書き込み」を選択します。
「書き込み後のディスクの確認」を任意ですが、チェックを入れたほうが信頼性が高まります。

windows-10-install-guide-dvd-disk-4

対応するDVDディスクが確認されたら、ディスクイメージの書き込みが始まります。

windows-10-install-guide-dvd-disk-5

しばらく待つと「ディスクイメージの書き込み」が完了します。

windows-10-install-guide-dvd-disk-6

ちなみに前述のアーキテクチャで「両方」を選択すると、標準(4.7GB)のDVD1枚に収まりません。
この場合は8.5GBの容量を持つ「DVD-R DL」もしくは「ブルーレイディスク」を必要とします。

windows-10-install-guide-dvd-disk-7

インストールメディアの容量

USBメモリ

作成完了後のUSBメモリのファイル構成はこのようになっており、全体の容量は「6.99GB」でした。

windows-10-install-guide-usb-memory-5-1

イメージファイル

作成完了後のイメージファイルのサイズです。
64ビット(x64)に比べ、32ビットと64ビットの両方では容量が「6.95GB」へ「2.98GB」増加します。

windows-10-install-guide-dvd-disk-size

64ビットのDVDディスク

64ビットのイメージファイルをDVDディスクに書き込むと、容量は「4.06GB」になります。

windows-10-install-guide-dvd-disk-size-2-2

ディスクイメージ書き込みツールの起動方法

ディスクイメージ書き込みツールの起動方法」は、別記事で詳しく解説しています。

windows-iso-image-writer-1-150x150
【iso】Windowsディスクイメージ書き込みツールの起動方法

Windows 10が持つ標準機能ながら、環境によって表示されないWindowsディスクイメージ書き込みツール。
今回の記事ではこの「Windowsディスクイメージ書き込みツール」を、簡単に起動する方法を解説します。

続きを見る

Windows 10を安く購入する方法

Windows 10を安く購入する方法」は、別記事で詳しく解説しています。

windows-10-buy-product-key-150x150
【G2A】Windows 10のプロダクトキーを安く購入する方法【OEM】

2015年7月29日に正式リリースされ、現在最も主流のOSとして使われているマイクロソフトのWindows 10。
今回の記事ではこの「Windows 10」のプロダクトキーを安く購入し、新規のPCにインストールしてみます。

続きを見る

 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2019 All Rights Reserved.