【WordPress】Classic Editorで旧編集画面に戻す方法【プラグイン】

投稿日:

wordpress-classic-editor

最近のアップデートにより、編集画面が従来のClassic EditorからGutenbergに変更されたWordPress。
今回の記事ではこの使いにくい「Gutenberg」を、プラグインにより旧編集画面に戻す方法を解説します。


 

Gutenbergとは?

WordPress 5.0より導入された「新しいユーザーインターフェイスを採用した編集画面」のこと。
しかしこれまでの編集画面に慣れている場合は著しく使いにくく、AddQuicktagも使用できません。

wordpress-classic-editor-01

Classic Editorの導入方法

WordPressの編集画面にログインし、左メニューから「プラグイン」「新規追加」と進みます。
プラグインの検索フォームに「Classic Editor」を入力し、図示したボタンで「インストール」します。

wordpress-classic-editor-02

インストールが完了したら「有効化」を選択するだけで、Classic Editorの導入は完了です。

wordpress-classic-editor-03

プラグイン導入後の編集画面

Classic Editorを導入することにより、編集画面がWordPress 5.0インストール前に戻ります。
ただしClassic Editorのサポートは、2021年の12月31日までを予定しているそうです。

wordpress-classic-editor-04

 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2019 All Rights Reserved.