「XL2411P」と「XL2411」の違い

2018年03月18日 [環境論]

BenQのZOWIEシリーズに属した、144Hz駆動対応のディスプレイである「XL2411P」。
今回の記事ではこの「XL2411P」と、旧モデルとなる「XL2411」との違いを解説します。

デザインの違い

XL2411P 公式サイト XL2411 公式サイト

左が新型の「XL2411P」で下が旧型の「XL2411」です。

新型の「XL2411P」は「XL2411」のマイナーチェンジモデルという位置づけです。
そのためデザインの変化はまず見受けられません。

しかし「XL2411P」の背面を見ると、新たに搭載されたDisplay Portが確認できます。
一方「XL2411」に搭載されていたミニD-sub15ピンは「XL2411P」で削除されています。

仕様の違い

項目 XL2411P XL2411
サイズ‎ 24型‎
筐体色‎ ダークグレイ‎
パネル‎ TN‎
アスペクト比‎ 16:9‎
解像度‎ 1920 × 1080(Full HD)
表示色‎ フルカラー約1677万色‎‎‎‎
画素ピッチ‎‎ 0.276mm‎
輝度‎‎ 350cd/㎡‎
コントラスト比‎‎ 1000:1‎
DCR‎‎ 1200万:1‎
視野角 水平170° / 垂直160°‎‎‎‎
応答速度‎‎ 1ms(GtG)
リフレッシュレート‎‎ 144Hz
入出力端子‎ DVI-DL / HDMI
Display Port 搭載 ×
ミニD-sub15ピン × 搭載
ヘッドフォンジャック‎ 搭載
フリッカーフリーテクノロジー‎ 搭載
ブルーライト軽減モード‎ 搭載
VESAマウント‎ 搭載
ピボット機能‎ 搭載
スウィーベル機能‎ 搭載
ティルト角度‎ -5 / 20°‎
高さ調整機能‎ 130mm‎
Color Vibrance‎ 搭載 ×
Black eQualizer‎ 搭載
AMA 搭載
保証期間‎ 3年保証(パネル・バックライトは1年保証)‎
発売日‎ 2017年12月21日‎‎ 2016年10月7日

価格の違い

上が新型の「XL2411P」で下が旧型の「XL2411」です。
記事公開時点のAmazon.co.jp調べでは「XL2411」が終息しており、価格差は不明です。

ただし他ショップの在庫を調べると、XL2411の流通価格は約28,890円のようでした。

XL2411P

XL2411

まとめ

新型の「XL2411P」の利点と欠点をまとめてみました。

「Color Vibrance」とは、色の鮮やかさを調整することで敵を見やすくなる機能のこと。
Color Vibrance非搭載のモデルに比べ、より鮮明なカラー表示をすることが可能です。

全体的に見ると「XL2411P」は「XL2411」の機能に、Color Vibranceを追加したモデルだと言え、
よほどの価格差がない限り、後継の「XL2411P」を選択するほうが無難です。

  • Color Vibrance搭載
  • Display Port搭載
  • ミニD-sub15ピン非搭載


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ