ZOOT NATIVEでDS-Liteを無料で試す方法

2017年11月18日 [日記]

リスクなしで最大2ヶ月の無料体験が可能な、DS-Lite対応プロバイダのインターリンク。
今回の記事ではNTTフレッツ網の網終端装置を経由しない、ZOOT NATIVEを試してみます。

ZOOT NATIVEとは?

プロバイダのインターリンクが提供している、NTT東西のフレッツ光に対応したサービスです。
同社提供のZOOT NEXTの上位サービスにあたり、IPoE DS-Lite方式で接続することが利点です。

IPoE DS-Lite方式とは、安定した通信速度が期待できるインターネットプロトコルのひとつ。
「光回線なのにあまり速度が出ない」という方に、ぜひ試して欲しいサービスだと言えます。

MAP-EやDS-Liteとは?

ちなみにインターリンクをお勧めする理由は、リスクなしで最大2ヶ月の無料体験が可能なこと。
他のプロバイダのように、一定の期間利用しないと違約金が発生するということがありません。

  • 安定した通信速度が期待できる
  • ルーターの設定が大変簡単
  • 最大2ヶ月の無料体験が可能
  • 対象フレッツ光回線とフレッツ・V6オプションが必要
  • DS-Lite対応ルーターが必要
  • 3ヶ月目以降は月額2,000円(税別)

体験前に確認しておくこと

開通済みのフレッツ光回線について

ZOOT NATIVEの対応回線は、フレッツ光ネクスト・フレッツ光ライト&ライトプラスの3種類です。
例としてそれ以外のBフレッツ ファミリー100や、フレッツ光プレミアムが対応しておりません。

もし対応していないプランを使用している場合、NTT東西へ上位プランへの移行を依頼しましょう。

DS-Lite対応ルーターについて

v6プラスと違い、DS-LiteはNTT東西のホームゲートウェイでは動作しない設計です。
そのため、DS-Lite対応ルーターを各自で用意しなければなりません。

DS-Lite対応ルーターが不明な場合には、こちらの記事を参考にして下さい。

DS-Lite対応ルーターまとめ

フレッツ・V6オプションについて

インターネットプロトコルのIPv6 IPoEを利用するには、フレッツ・V6オプションが必要です。
フレッツ・V6オプションはインターネットから簡単に申し込みが可能で、月額料金は無料です。

後述の「お客さまID」と「アクセスキー」を利用して、事前に登録を行っておきましょう。

フレッツ・v6オプションの申し込み方法

NTT東西から送付の開通のご案内について

ZOOT NATIVEの申し込みには「お客さまID」と「アクセスキー」が必要です。
これらはNTT東西から送付されている「開通のご案内」に記載されています。

もし手元に書類が見当たらない場合は、NTT東西に再発送を依頼しましょう。

ZOOT NATIVEの体験方法

下のバナーから、ZOOT NATIVEの案内ページへ移動します。

内容をある程度確認したら、ページ最下部の「今すぐお申し込み」を選択します。

インターリンクのメンバーIDを所持していない場合は「いいえ」を選択します。

連絡先メールアドレスと再入力用のフォームに同じ内容を入力し「次へ」進みます。

連絡先メールアドレスに、インターリンクからメールが届きます。
メールの件名は【ZOOT NATIVEサービスのお申し込み受付のお知らせ】です。

【ZOOT NATIVEサービスのお申し込み受付のお知らせ】内の「リンク」を選択します。

すると、このような申し込みが画面が表示されます。
ページ上部の「ZOOT NATIVE お申し込みに関する注意事項」を確認します。

各確認ボタンにチェックを入れ、ページ下部の「後利用中のフレッツ回線契約」に情報を入力します。

お客様情報の入力画面です。

会員登録の通知書の発行には任意です。
希望に応じて、オンライン発行または郵送を選択しましょう。

ページ下部で「支払い方法」を設定し、次に進みます。

インターリンクに契約者情報が登録されました。
この時点でインターリンクから【ZOOT NATIVEサービス ご契約情報】がメールで届きます。

また下部のリンクを選択すると、マイメニューに移動することができます。

登録完了通知がきたら

申し込みから約30分程度待つと「ZOOT NATIVE サービス 登録完了のご案内」がメールで届きます。
メールが届いたら、下のボタンからインターリンク セルフサポートへ移動します。

インターリンク セルフサポート

そして「マイメニューを開く」を選択します。

【ZOOT NATIVEサービス ご契約情報】に記載のメンバーIDとパスワードで「ログイン」します。

契約情報確認内にある契約状態が「契約中」になっていれば、ZOOT NATIVEサービスが利用できます。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ