FE2008C USB Type-C接続のHDDケース レビュー

2016年06月07日 [日記]

最大5Gbpsまでの転送速度に対応した、USB Type-Cを利用するHDDケースのFE2008C
今回の記事では工具不要で2.5インチドライブを組み込める、この商品をレビューします。

Inateck – HDDケース FE2008C

ポイント

FE2008Cの特長

USB Type-C
表裏関係なく挿し込める、最新のインターフェイスです。
アルミ筐体
筐体の表面には、放熱性と耐久性に優れるアルミを採用しています。
LED搭載
筐体の側面には、アクセス状況がわかるLEDと搭載しています。

商品説明

fe2008c-01

パッケージには、商品の仕様が簡単に記載されています。

fe2008c-02

商品内容はケース本体、USBケーブル、取扱説明書、クッションの4つです。

fe2008c-03

2.5インチドライブ用ということもあり、ケース本体はコンパクトです。

fe2008c-04

筐体表面にはアルミを採用しており、質感が高いです。

fe2008c-05

側面にも余計な装飾はありません。

fe2008c-06

筐体底面にはプラスチックを採用しています。
コストの関係かもしれませんが、こちらにもアルミを採用して欲しかったです。

fe2008c-07

筐体正面には内蔵したドライブの熱を逃がすため、多数の穴が開けられています。

fe2008c-08

筐体背面には、パソコンと接続するためのUSB Type-C端子を搭載しています。
右側の穴はアクセスランプで、ドライブとの通信時に白く光ります。

fe2008c-09

ドライブを内蔵するには、筐体の底面をスライドさせます。
工具不要なツールフリー設計のため、手軽にドライブの換装が行えます。

fe2008c-10

実際にドライブを内蔵した様子です。
右側のクッションは、ケース内部でドライブがガタつく場合に使用します。

fe2008c-11

付属しているUSB Type-Cケーブルです。
ラップトップでの使用を想定しているのか、ケーブル長は短めです。

fe2008c-12

ケースとUSBケーブルを接続した様子です。

fe2008c-13

今回のHDDケース FE2008Cの重量は、ドライブ抜きで約91gでした。

ベンチマーク

CrystalDiskMark 5.1.2 x64にて計測しました。

計測に手持ちのデータ入りSSDを使用したため、あまり正確ではありません。
最低これくらいの速度は出るという、参考値として下さい。

fe2008c-benchmark

まとめ

最新のインターフェイスであるUSB Type-Cで接続する、2.5インチドライブ用のケースです。
筐体表面にアルミを採用しているだけでなく、筐体正面には多数の穴を備え、放熱に配慮しています。

またドライブの組み込みに工具を使用しないツールフリー設計のため、スムーズに換装が可能。
実際の転送速度も特別遅いということはなく、USB3.0の特性を活かした高速転送が行えます。

ちなみに気になる点を挙げるとすれば、筐体全てがアルミ製ではないこと。
加えてアクセスランプが筐体背面にあるため、あまり意味を成さないことです。

そのほかUSB Type-Cを搭載した端末を所持していない場合でも、
USB Type-C – USB Type-Aケーブルを用意すれば、問題なく認識することを確認済みです。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ