【第2世代】Echo Show 5とEcho Show 8の違い【世代比較】

投稿日:2021年5月13日 更新日:

2nd-generation-echo-show-tigai

2021年6月9日の発売が予定されている第2世代のEcho Show 5と、同じく第2世代となるEcho Show 8。
今回の記事ではこの新しい「Echo Show 5」と「Echo Show 8」の違いや、前世代との違いを比較します。


 

Echo Showシリーズでできること

Echo Show 5やEcho Show 8が搭載している機能の一例です。

Echo Showシリーズでできること

  • 話しかけるだけで操作が可能な、スマートスピーカー機能を搭載している
  • 標準でPrime VideoやNetflixなどの動画に加え、Amazon MusicやApple Musicなどが楽しめる
  • 外出先から内蔵カメラにアクセスして、Echo Showを設置した部屋の様子を確認できる
  • 内蔵カメラを利用して、Echo端末を持っている友人や家族とビデオ通話ができる
  • Alexa対応のライトやカーテンなどと連携し、目ざめの定型アクションを設定できる
  • Amazon Photosを使用して、ホーム画面をスマートフォトフレームにできる

Echo Show 5とEcho Show 8の違い

Echo Show 5とEcho Show 8を比較すると、後者のほうが画面サイズが大きく「高機能」です。
またスピーカーも後者のほうが大きく、音楽ストリーミングもより高音質で楽しめるでしょう。

自動色彩調整機能 ⇒ 環境光に合わせて写真を見栄え良く調整する
パッシブ低音ラジエーター ⇒ 低音域を強化する
自動フレーミング機能 ⇒ ビデオ通話中に、いつも自分を相手の画面の中心に表示する

性能比較第2世代Echo Show 5第2世代Echo Show 8
価格8,980円14,980円
カラーグレーシャーホワイト
チャコール
ディープシーブルー
グレーシャーホワイト
チャコール
サイズ約148×86×73mm約200×130×99mm
重量約403g約1037g
ディスプレイ5.5型(960×480、タッチ対応)8.0型(1280×800、タッチ対応)
自動色彩調整機能-搭載
内蔵カメラ約200万画素約1300万画素
カメラカバー搭載
Wi-FiWi-Fi 5(デュアルバンド対応)
Bluetooth対応
スピーカー1.65インチフルレンジスピーカー×12.0インチネオジムスピーカー×2
パッシブ低音ラジエーター-搭載
SoCMediaTek MT 8163MediaTek MT 8183
音楽ストリーミング対応
音声・ビデオ通話対応
自動フレーミング機能-搭載
家電の操作対応
リモコン家電の操作対応



前世代との比較

第1世代Echo Show 5との違い

第1世代Echo Show 5から、強化された機能の一覧です。
前世代との違いはカラーの追加と、内蔵カメラの画質向上にあります。

第1世代Echo Show 5と違い

  • 内蔵カメラが約100万画素から、約200万画素に強化された
  • 本体カラーに、グレーシャーホワイトとディープシーブルーが追加された
性能比較第2世代Echo Show 5第1世代Echo Show 5
価格8,980円7,980円
カラーグレーシャーホワイト
チャコール
ディープシーブルー
サンドストーン
チャコール
サイズ約148×86×73mm
重量約403g約410g
ディスプレイ5.5型(960×480、タッチ対応)
自動色彩調整機能-
内蔵カメラ約200万画素約100万画素
カメラカバー搭載
Wi-FiWi-Fi 5(デュアルバンド対応)
Bluetooth対応
スピーカー1.65インチフルレンジスピーカー×1
パッシブ低音ラジエーター-
SoCMediaTek MT 8163
音楽ストリーミング対応
音声・ビデオ通話対応
自動フレーミング機能-
家電の操作対応
リモコン家電の操作対応

第2世代と第1世代を比較して

第2世代Echo Show 5の発表により、価格が9,980円 ⇒ 7,980円へと改定されています。
カラーにこだわりがなく内蔵カメラの画質を気にしないのであれば、下の第1世代で問題ありません。

第1世代Echo Show 8との違い

第1世代Echo Show 8から、強化された機能の一覧です。
SoCの強化でレスポンスが良くなり、内蔵カメラの画質が大きく向上しました。

第2世代Echo Show 8と違い

  • SoCがMediaTek MT8163から、SoCはMediaTek MT8183に強化された
  • 内蔵カメラが約100万画素から、約1300万画素に強化された
  • 自動フレーミング機能と、自動色彩調整機能が搭載された
性能比較第2世代Echo Show 8第1世代Echo Show 8
価格14,980円12,980円
カラーグレーシャーホワイト
チャコール
サンドストーン
チャコール
サイズ約200×130×99mm約200.4×135.9×99.1mm
重量約1037g
ディスプレイ8.0型(1280×800、タッチ対応)
自動色彩調整機能搭載-
内蔵カメラ約1300万画素約100万画素
カメラカバー搭載
Wi-FiWi-Fi 5(デュアルバンド対応)
Bluetooth対応
スピーカー2.0インチネオジムスピーカー×2
パッシブ低音ラジエーター搭載
SoCMediaTek MT 8183MediaTek MT 8163
音楽ストリーミング対応
音声・ビデオ通話対応
自動フレーミング機能搭載-
家電の操作対応
リモコン家電の操作対応

第2世代と第1世代を比較して

第2世代Echo Show 8の発表により、価格が14,980円 ⇒ 12,980円へと改定されています。
第1世代Echo Show 8と比べて価格差以上の機能が追加されているため、下の第2世代がオススメです。

Fire HD 10とFire HD 10 Plusの違い

ちなみに「Fire HD 10とFire HD 10 Plusの違い」は、別記事で詳しく解説しています。

fire-hd-10-fire-hd-10-plus-tigai-150x150
【第11世代】Fire HD 10とFire HD 10 Plusの違い【5月26日発売】

2021年5月26日に発売されることが発表された、AmazonのタブレットであるFire HD 10とFire HD 10 Plus。
今回の記事ではこの2つのタブレットの違いや性能に加え、YouTubeを視聴する方法について解説します。

続きを見る




無線ルーターの選び方

当サイトでも記事の閲覧数が多く、おそらく今は導入していない家庭を探すほうが少ない無線ルーター。
昨今はコロナによる巣篭もりの影響で、さらに需要が高まる「無線ルーターの選び方」を解説します。

musen-router-wi-fi-6-ipv6-150x150
【実売5千台超え】無線ルーターの選び方【Wi-Fi 6とIPv6対応版】

インターネットの普及に応じて認知度が上がっており、今や導入していない家庭が少ない無線ルーター。
今回の記事ではこれまで5千台以上の無線ルーターを緩く販売してきた私が、簡単に選び方を解説します。

続きを見る

月額無料で使える!

楽天モバイルは利用状況により、電話が使える音声回線であるにもかかわらず「月額無料化」が可能です。
しかも加入から解約まで、全ての手数料が無料となっているためまず損はありません。

この「楽天モバイルを無料で利用する方法」は、別記事で詳しく解説しています。
逆に「安価な月額料金と通信品質を両立したい」という場合には、ドコモの「ahamo」が大変人気です!

rakuten-mobile-free-150x150
【月額無料】楽天モバイルの料金や利点と欠点【アンリミⅥ】

MNO化から行われていた1年間の無料キャンペーンが終了し、契約数が約390万回線に達した楽天モバイル。
今回の記事ではこの「楽天モバイル」で新たに始まった3ヵ月無料キャンペーンと、新料金を解説します。

続きを見る

 

置くだけWi-Fiの決定版!

「オンラインゲームをしない」
「すぐに使いたい」

そんな人にオススメなのが、ホームルーターと呼ばれる「置くだけWi-Fi」です。
これまではWiMAXとSoftBankしかありませんでしたが、ついにドコモから新サービスが始まりました。

ドコモの「home 5G」は他社を下回る月額料金ながら、5Gもしくは4Gでの高速通信に対応しています。
しかも安心のドコモ回線ですから、SoftBank Airと違って快適かつ安定したレスポンスが期待できます。

さらに家族内の回線に「ドコモ光」や「home 5G」がなければ、スマホのプランに応じたセット割引も可能。
自身や家族がSoftBankでない限りは、ドコモのhome 5Gを選ばない理由がないほどの内容だと言い切れます。

快適な置くだけWi-Fiが欲しい ⇒ ドコモのhome 5G
家族がSoftBank回線で固めており、おうち割 光セットを受けていない ⇒ ソフトバンクSoftBank Air
日によって使う場所が変わる ⇒ WiMAX、もしくは楽天モバイル(home 5GやSoftBank Airは住所固定)

000000052130impression?a_id=2846921&p_id=3732&pc_id=9137&pl_id=52130 000000037385impression?a_id=2858471&p_id=2923&pc_id=6722&pl_id=37385

オススメのモバイルルーターは?

「面倒な工事は避けたい」
「家でも外でも使いたい」

よく聞かれるこのような要望に合致するのが、モバイルルーターと呼ばれるお手軽なWi-Fiです。
このWi-Fi業者には「GMOとくとくBB0」や「gifbanner?sid=3152227&pid=886948959BIGLOBE」などがありますが、オススメは楽天モバイルです!

なぜなら「モバイルルーターの本体価格が実質0円」で、端末の導入が必要ないからです。
しかも無料どころか付与される楽天ポイントを考慮すると、実質マイナスで導入できてしまいます。

やはり楽天モバイルは、月間1GB以下なら「何の料金も発生しない」ことが見逃せない大きなメリット。
サービス面や速度面で気に入らなければ、すぐに無料で解約できる点が他の業者の追随を許さない理由です。

rakuten-wifi-pocket-2b-campaign

Rakuten WiFi Pocket 2の詳細を見る

ドコモがあるならdカード GOLD

ドコモの利用料金に応じてもらえるポイントがなんと10倍になるカード、それが「dカード GOLD?ad=00000lqiv000q1n&s=m」です。
さらに1枚無料の家族カードを発行すれば、申込者の家族が受け取るポイントも10倍の10%になります。

?ad=00000t518000q1n

もちろんdカード GOLDの魅力は「10%のポイント還元」だけに留まりません。
「もしかして損をしているのでは?」と気になる方は、ぜひこちらの記事をご覧ください。

d-card-gold-10bai-point-back-150x150
【ドコモ】dカード GOLDで還元率10%超えを狙う方法【特典豊富】

ドコモユーザーなら、持っているだけで利用料金の10%がポイントで還元されるdカード GOLD。
今回の記事ではこの「dカード GOLD」を使い、還元率10%超えを狙う方法について解説します。

続きを見る

 

よく読まれている記事

-Amazon

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2021 All Rights Reserved.