【Apex Legends】絶対に守りたい立ち回り【初心者向け】

投稿日:

apex-legends-beginner-guide

Apex Legendsに限らず、多くのシューティングゲームでAIM以上に重要な要素になると考えている立ち回り。
今回の記事では「Apex Legends」の初心者向けとして、絶対に守るべき立ち回りの例について解説します。


 

絶対に守りたい立ち回り

この記事で紹介する「絶対に守りたい立ち回り」の目次です。
今後のプレイで何か思いついたら、追記するかもしれません。

絶対に守るべき立ち回りまとめ

  • 障害物を使う ⇒ 被ダメージ範囲を少なくすると、当然体力も減りにくい
  • 高度を取る ⇒ 相手よりも低い位置で有利となる状況は、極めて限られる
  • 味方から離れない ⇒ もし離れる際には、すぐにカバーできる位置を保つ
  • 軸を被らせない ⇒ 敵プレイヤーから見て、味方と重ならないように動く
  • 退路を確保する ⇒ 選択肢を少なくする、どん詰まりの状況は避けていく
  • リング内で戦わない ⇒ もしくはリングに追われつつ戦うことは避けよう

障害物を使う

あなたは「なぜキルされるのか」と考えたことはあるでしょうか。
その答えはシンプルで、敵プレイヤーに撃たれて体力が0になるからです。

つまり避けるべきは「体力を0にしないこと」ひいては「敵に撃たれない立ち回り」が必要です。
そのためには戦闘が想定される場所もしくは戦闘になったら、障害物で自身の体を隠す必要があります。

Apex Legendsを含め全てのシューティングゲームは、敵が視認できている限り射撃できます。
繰り返しますが、射撃するために体全てを露出しなくとも「見えていれば撃てる」のです。

死なないための立ち回りでまず重要なことは「遮蔽物のない場所を闇雲に移動しないこと」に加え、万が一戦闘になった場合に「体を隠して戦うこと」をまず意識するべきだと言えます。

障害物さえあれば、常に有利に戦える

apex-legends-beginner-guide-1

高度を取る

障害物がなくとも強い」という状況のひとつに、高度を確保するという条件があります。
高度とは絶対的な高度だけを指すわけではなく、とりあえず敵よりも相対的に高い場所であれば良いです。

高度を確保することによるメリットは「敵が例え障害物に隠れても見える」という点にあります。
また敵から見た時に自身の被ダメージ範囲が少なくなりますし、ダウンしても地形上撃たれなくなります。

さらに落下ダメージのないApex Legendsの場合には、別ゲーム以上に高所から低所への移動は簡単です。
逆に低所から高所への移動は、なんらかの移動スキルやギミックなしには実現できない欠点があります。

同高度では不利な状況でも

apex-legends-beginner-guide-2-1

高度を上げれば跳ね返せる

apex-legends-beginner-guide-2-2

味方から離れない

Apex Legendsの特徴的なゲームシステムのひとつとして「トリオ(3人)」で戦うという要素があります。
どのゲームにおいても、ひとつのパーティあたりの人数が減るほど「ひとりあたりの負担」は増えます。

例えば5人パーティの中に「移動しかできない人」がいたとしても、他の4人が頑張ればなんとかなります。
しかしこれが3人パーティになると1人を2人でサポートしなければならず、難易度が大幅に上昇します。

つまりここで言いたいことは、味方の位置を意識し「常にサポートできる距離で移動すること」です。
同じ戦闘力の「3人対3人」なら勝率は5割でも「3人対2人」となれば、勝てる可能性は断然低くなります。

同戦力同人数、かつ同環境なら勝率は同じ

apex-legends-beginner-guide-3

軸を被らせない

「味方から離れないこと」を意識するあまり、味方の射線に自身の位置を被せてくる人がいます。
これは「攻撃する時」はもちろん「攻撃される時」にも不利に働きます。

味方から「近すぎず離れすぎない位置」をキープして、敵プレイヤーの撃破を狙いましょう。

被らせると敵の攻撃が二人に当たる

apex-legends-beginner-guide-4-1

間隔を開ければ、敵に狙われるのは一方だけ

apex-legends-beginner-guide-4-2

退路を確保する

これまでの内容をどんなに守っても、常に有利な状況が確保できるとは限りません。
そのため一度全ての要素をリセットするため、退却することも戦場では有効な選択肢となり得ます。

しかしながらこの時退路がないと「一旦引いて環境を整える」ということができません。
「攻撃する」「攻撃される」というどちらかの状況が見込まれる場合には、十分注意しましょう。

手詰まりの状況

apex-legends-beginner-guide-5

リング内で戦わない

Apex Legendsに限らず、バトルロイヤル系のゲームには必ず体力が減少するエリアが迫ってきます。
Apex Legendsにおいて「リング」と呼ばれるこのシステムは、時間の経過に応じて縮小していきます。

このリングはゲームが始まって間がない場合、中に入っても僅かな持続ダメージで済みます。
しかしゲーム後半に向かうほどダメージが上昇していき、最後には数秒で死に至る危険なものです。

そのため戦闘をする場合には、余程の理由がない限りリング内で戦うことは避けましょう。
リング内で戦った場合、あなたの体力を減少させる要因が銃弾とリングの両方になってしまいます。

リングを背負う状況は避ける

apex-legends-beginner-guide-6

リングを背負わせる状況を作る

apex-legends-beginner-guide-6-2

役に立つかもしれない動画

過去私が「Battlefield」をプレイしていた時に、公開していた講座動画のシリーズです。
この記事の内容は動画内で紹介したものが多数含まれていますから、参考にできるかもしれません。

ランクアップを狙う立ち回り

ちなみに「ランクアップを狙う立ち回り」は、別記事で詳しく解説しています。

apex-legends-beginner-rank-up-150x150
【Apex Legends】ランクアップを狙う立ち回り【初心者脱出】

Apex Legendsにおいてランクの昇降を決定づけるランクポイントと、それを得ることが可能な様々な条件。
今回の記事ではより上のランクを目指すために必要な要素を、戦闘・アイテム・連携に分けて解説します。

続きを見る

KD1未満でダイアモンドになる方法

そのほか「KD1未満でダイアモンドになる方法」は、別記事で詳しく解説しています。

apex-legends-rank-diamond-150x150
【Apex Legends】KD1未満でダイアモンドになる方法【ランク分布】

Apex Legendsのランク分布の中で突然比率が下がる、プラチナの上となるダイアモンド(ダイヤモンド)。
今回の記事では、KD1未満の私が「ダイアモンド(ダイヤモンド)」に昇格した方法について解説します。

続きを見る




無線ルーターの選び方

当サイトでも記事の閲覧数が多く、おそらく今は導入していない家庭を探すほうが少ない無線ルーター。
昨今はコロナによる巣篭もりの影響で、さらに需要が高まる「無線ルーターの選び方」を解説します。

musen-router-wi-fi-6-ipv6-150x150
【実売3千台超え】無線ルーターの選び方【Wi-Fi 6とIPv6対応版】

インターネットの普及に応じて認知度が上がっており、今や導入していない家庭が少ない無線ルーター。
今回の記事ではこれまで3千台以上の無線ルーターを緩く販売してきた私が、簡単に選び方を解説します。

続きを見る

便利なUSBケーブル

つい最近、コネクタの先端が「マグネット」になっているUSBケーブルを導入しました。
受け口は常に挿しっぱなしにできますから、日々のスマホ充電で抜き差しする手間を省けます。

Amazonオススメランキング
売れ筋新着人気度ほしい物人気ギフト

人気のデバイス

インターネットを利用して手軽に見られることから、需要が徐々に高まっているストリーミングサービス。
この「Fire TV Stick」なら古いテレビや余ったディスプレイを、多機能なスマートテレビに変えられます。

またキャプチャを用意すれば「HDMIで出力した映像を録画すること」もできるのです。

人気のゲーミングPCまとめ

ショップ名ブランド名主なコラボチームやコラボプレーヤー
マウスコンピューターG-TuneDetonatioN Gaming / G-STAR Gaming
AXIZ / Unsold Stuff Gaming / YOSHIMOTO Gaming
パソコン工房
0
LEVEL∞JUPITER / Crazy Raccoon / 父ノ背中
EAM αD ESPORTS / 令和ゲーミング
ドスパラGALLERIADETONATOR / Nephrite
フロンティアFRONTIER GAMERSLibalent / Zoo Gaming
アークarkhiveSunSister
ツクモeX.computer-

今人気のゲームランキングを見る

話題のゲームをお得に購入してみる

 

よく読まれている記事

-Apex Legends, ゲーム

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2021 All Rights Reserved.