AQUOS senseとAQUOS L2の違い

2017年11月11日 [スマホ]

UQmobileでも取扱いが始まったAQUOS senseと、安定した人気で売れているAQUOS L2。
今回の記事ではこの2つの機種を、スペックやベンチマーク結果を基に比較していきます。

カラーの違い

AQUOS sense 公式サイト

まず、AQUOS senseから。
カラーはエアリーブルー、シルキーホワイト、ベルベットブラックの3色。

AQUOS L2 公式サイト

つぎに、AQUOS L2です。
カラーはラベンダー、ホワイト、ブラックの3色です。

スペックの違い

下記の比較表はUQmobileの公式サイトを参照しています。
比べてみると、ほぼ前回のAQUOS senseとAQUOS EVERの違いと変わらない印象です。

AQUOS senseとAQUOS EVERの違い

大きな違いは液晶のフルハイビジョン化や、ROMとRAMの容量アップによる高スペック化、
および津波速報/災害・避難情報の対応などが挙げられます。

一方AQUOS senseがAQUOS L2に劣る点はサイズと質量で、後者は約10g増加しています。

そのほかAQUOS senseがドコモのSH-01Kと、AQUOS L2がAQUOS EVERと同じ仕様とすると、
UQmobileの公式サイトでは確認できませんが、電池の持ち時間が減少している可能性があります。

項目
AQUOS sense
AQUOS L2 (SH-L02)
サイズ(幅・高さ・厚み)約72mm×約144mm×約8.6mm約71mm×約143mm×約8.3mm
質量約148g約138g
ディスプレイ約5.0インチ(1080×1920)約5.0インチ(720×1280)
メインカメラ約1310万画素
サブカメラ約500万画素
電池容量2700mAh
OSAndroid 7.1Android 7.0
チップセットSnapdragon 430
クロック/コア数1.4GHz×4+1.1GHz×4
ROM32GB16GB
RAM3GB2GB
対応外部メモリmicroSDXC(256GBまで)
防水IPX5 / IPX8
防塵IP6X
受信速度最大150Mbps
国際ローミング対応(データ通信は不可)
BluetoothVer.4.2
Wi-FiIEEE 802.11 b/g/n
テザリング対応
緊急地震速報対応
津波速報 / 災害・避難情報対応×

ベンチマークの違い

※AQUOS senseのベンチマークスコアは、docomo版(SH-01K)のものです。

前回と同様にメモリが3GBのAQUOS senseよりも、2GBのAQUOS L2のほうがRAMが高い結果に。
それでもAQUOS senseはAQUOS L2に比べて、総合で102%の性能を発揮するようです。

対比率
AQUOS sense (SH-01K)
AQUOS L2 (SH-L02)
Total102%4261241878
3D112%93688382
UX105%1498314294
CPU97%1374014131
RAM89%45205071
Single-Core Score101%635630
Multi-Core Score87%20772386
Ice Storm Unlimited99%94009502


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ