【AMD】B450とX470の違い

2018年8月4日

2018年07月31日に発表された、X470の下位チップセットにあたるAM4プラットフォームのB450。
今回の記事ではこの「B450」と、先行して発表されたX470との機能の違いについて解説します。

第2世代Ryzen紹介動画

B450とは?

第2世代Ryzenに最適化された「Socket AM4採用チップセット」のひとつです。
X470の下位モデルであるものの、AMD StoreMIやオーバークロックに対応しています。

さらにXFR2 Enhanced Modeだけでなく、Precision Boost Overdriveも利用可能。
どちらもCPUの性能を引き上げる機能であり、末尾に「X」のつくCPUとの組み合わせが必要です。

ちなみにAMD 300マザーボードでも、第2世代Ryzenを搭載可能。
しかしBIOSアップデートが必要なため、AMD 400マザーボードを選択するほうが無難です。

AMD StoreMIとは?

X370やB350で利用できていた、有償ソフトの「FuzeDrive for Ryzen」とほぼ同等の機能のこと。
高速なドライブと低速なドライブを組み合わせることで、パソコンの応答速度向上が期待できます。

何より一番の特長は「無償で利用できること」で、FuzeDrive for Ryzenよりも若干機能面が拡張。
その実際の効果は、AMDの資料によると「最大で9.8倍もの速度向上」が見込めるようです。

X470との違い

項目 X470 B450 X370 B350 A320
CPUソケット Socket AM4
対応メモリ 4スロット / 64GB
PCI-Express Gen 3.0 2 1 2 1
PCI-Express Gen 2.0 8 6 8 6 4
SLI 対応 × 対応 ×
CrossFireX 対応 ×
SATA 3 4 2 4 2
SATA Express 2 1 2 1
USB 3.1 Gen.2 2 1
USB 3.0 Gen.1 6 2 6 2
USB 2.0 6
SATA RAID 0 / 1 / 10
NVME RAID 0 / 1 / 10 ×
Memory Overclocking 対応
CPU Overclocking 対応 ×
XFR2 対応
XFR2 Enhanced 対応 ×
AMD StoreMI 対応 ×
Precision Boost Overdrive 対応 ×

まとめ

  • B450なら、X470に比べてコストを抑えた構成を実現できる
  • B450はX470の下位モデルでありながら、十分な機能を備えている
  • B450には「PCI-Express Gen 3.0」が1つしかなく、SLIに非対応
  • B450には「SATA 3ポート」が2つしかない
  • B450には「USB 3.0 Gen.1ポート」が2つしかない

参考元:AMD,「B450」チップセットを発表

10周年大特価! Y!mobileを見る

🎉特設ページで人気スマホが多数公開中です



-パソコン