【Windows 10】無線LAN(Wi-Fi)の設定方法

2018年08月04日 [日記]

windows-wifi-setting-640x360

昨今のインターネット環境において、ほぼ必ずと言って良いほど導入されている無線ネットワーク。
今回の記事では最も基本的なパソコンにおける無線の接続方法を、Windows 10を例に解説します。

まずパソコンの電源を入れ、デスクトップ画面まで進みます。

wireless-setting-01-640x360

画面右下のタスクバーにある「扇のようなマーク」をクリックします。

wireless-setting-02

すると付近で検出可能な、無線ネットワークがいくつか表示されます。

wireless-setting-03-640x360

任意のSSID(接続先)にある「自動的に接続」にチェックを入れ、右下の「接続」を選択します。

wireless-setting-04-640x360

「ネットワークセキュリティキー」を入力し、次へ進みます。

wireless-setting-05-640x360

ネットワークセキュリティキーは「暗号キー」と表記されることもあります。
無線ルータの製品によってはシールやカードが付属しているため、こちらを確認すると良いでしょう。

ちなみに2.4GHzが障害物に比較的強い接続先で、5GHzが速度と安定性に優れる接続先です。
基本的には5GHzを利用し、電波が到達しない場合には2.4GHzを利用します。

wireless-setting-07-640x480

シールやカードが付属していない場合は、無線ルータの側面や底面に添付されています。

wireless-setting-08-640x480

選択したSSIDと入力したキーが正しければ、無事無線LANの設定は完了です。

wireless-setting-06-640x360


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ