【Chrome】日本語表示に変更する方法【規定のブラウザ】

Chromeを日本語表示に変更する方法

現在Windowsのデフォルトブラウザである「Microsoft Edge」よりも使われている、GoogleのChrome。
今回の記事ではこの「Chrome」のインストール後、日本語表示になってない場合の対処方法を解説します。

Chromeのインストール方法

ChromeとはGoogleによって開発された、全世界でトップシェアを誇る「Webブラウザー」のことです。
パソコンはもちろんスマートフォンやタブレットにも配信されており、ログインして設定の共有が可能です。

このChromeをパソコンにインストールするには、下のボタンから「Google Chrome」にアクセスします。

Google Chrome

Google Chromeに移動したら、ページ中央にある「Chromeをダウンロード」を選択します。
その直下にある使用統計データと障害レポートの送信に関しては、任意で設定してください。

Chromeのインストール方法

Chromeを規定のブラウザに変更する方法

Chromeを規定のブラウザに変更するには、Chromeの初回起動時に「Set as default」を選択します。

Chromeを規定のブラウザに変更する方法

すると規定のアプリが立ち上がりますから、Webブラウザーの候補から「Google Chrome」を指定します。

Chromeを規定のブラウザに変更する方法-2

その後Webブラウザーの表示が、Microsoft EdgeからGoogle Chromeに変更されていれば完了です。
WindowsはMicrosoft Edgeを推奨しているため警告メッセージが出た場合は、無視して変更しましょう。

Chromeを規定のブラウザに変更する方法-3

補足としてもし初回起動時に「Set as default」が出ない、もしくはウィンドウを閉じてしまい困った場合は下のボタンから「既定のブラウザ」にアクセスします。

既定のブラウザ

このボタンを押す方法のほか、右上のメニューボタンから「設定」に進んでも構いません。

Chromeを規定のブラウザに変更する方法-4

そして左側から「規定のブラウザ」から「デフォルトに設定」を選択しましょう。
もしまだ日本語が表示されていないためわからない場合は、先に日本語化を行ってください。

Chromeを規定のブラウザに変更する方法-5

Chromeを日本語表示に変更する方法

Chromeを日本語表示に変更するには、まず右上のメニューボタンから「Settings」を選択します。

Chromeを日本語表示に変更する方法

つぎに上の検索フォームに「language」と入力し、検索結果から「Language」を開きます。
Languageの内容が表示されたら、図示した位置にある「Add languages」を選択します。

Chromeを日本語表示に変更する方法-2

Add languagesが開いたら、様々なな言語の中から「Japanese - 日本語」を指定し「Add」します。

Chromeを日本語表示に変更する方法-3

すると先程の位置に「Japanese」が追加されていますから、その右側にある「メニューボタン」を選択します。

Chromeを日本語表示に変更する方法-4

そして「Display Google Chrome in this language」にチェックを入れます。

Chromeを日本語表示に変更する方法-5

最後に「Relaunch」を選択すれば、日本語化の設定は完了です。

Chromeを日本語表示に変更する方法-6

RelaunchによってChromeが再起動すると、表示がこのように日本語へ変更されています。

Chromeを日本語表示に変更する方法-7

パスワードのエクスポートとインポート方法

ちなみに「Chromeのパスワードのエクスポートとインポート方法」は、別記事で詳しく解説しています。

【Chrome】パスワードのエクスポートとインポート方法【2022年版】

国内外のWebブラウザシェアランキングにおいて1位を獲得し続け、高いユーザー評価を得ているChrome。
今回の記事ではこの「Chrome」のパスワードのエクスポートや、インポートの方法について解説します。

続きを見る

 
序章から衝撃の展開! NIKKEを試してみる

🏆 Google Play Best of 2023で複数受賞しました




-パソコン