【Core i7-9700K】ベンチマーク比較【Ryzen 7 2700X】

投稿日:2018年9月15日 更新日:

Core-i7-9700k-benchmark-640x360

いよいよ発売が迫っていると噂されている、8コアを搭載した第9世代CoreシリーズのCore i7-9700K。
今回の記事ではアプリやゲームにおける性能を、競合するAMDのCPU Ryzen 7 2700Xと比較します。

 

CPU仕様比較

Core i7-8700K 公式ページ Ryzen 7 2700X 公式ページ

Core i7-9700Kはリーク情報通り、最も低い基本クロックと最も高いブーストクロックが特長。
しかしハイパースレッティングが無効化されており、8コア/8スレッドであることが欠点です。

この欠点が、どれだけ「Core i7-8700K」や「Ryzen 7 2700X」との性能差を生み出すのでしょうか。

項目 Core i7-9700K Core i7-8700K Ryzen 7 2700X
コア / スレッド 8 / 8 6 / 12 8 / 16
基本クロック 3.60 GHz 3.70 GHz 3.70 GHz
最大クロック 4.90 GHz 4.70 GHz 4.30 GHz
アンロック 対応 対応 対応
キャッシュ 12MB 12MB 16MB
対応メモリ DDR4-2666 DDR4-2666 DDR4-2933
GPU 内蔵 内蔵 ×
CPUクーラー × × 同梱
TDP 95W 95W 105W

価格比較

Core i7-9700K

Core i7-9700Kの希望小売価格は「$374」になると公式で発表されました。
公式発表後の国内ショップ価格は税込で「51,480円」となっており、当初の予想よりも高めです。

そのため「Ryzen 7 2700X」との価格差は、約13,000円となります。

Ryzen 7 2700X

Ryzen 7 2700Xは2018年4月19日に発売され、優れたマルチスレッド性能で人気のCPUです。

Core i7-8700Kに比べるとブーストクロックが低く、ゲーミング向けとしては少し劣るものの、
オーバークロックを行なわなければ実用に足る、RGB搭載のCPUクーラーが付属しています。

ベンチマーク比較

一般アプリ

Core i7-9700Kは「wPrime 2.10 32M Single」で優れた成績を残す一方、マルチコアは苦手な印象。
とくにCinebench 15 x64では「Ryzen 7 2700X」に対して、83%の性能しか発揮できていません。

wPrimeとCinebenchを除いても93%~102%の間で推移しており、贔屓目に言っても同等です。

Core-i7-9700k-benchmark-graph-application-1-640x218

ベンチマーク名 Core i7-9700K Core i7-8700K Ryzen 7 2700X Ryzen 5 2600
wPrime 2.10
(32M Single)
28,411 30,945 36,182 38,986
wPrime 2.10
(32M Multi)
4,040 4,030 3,421 4,651
Cinebench 15 x64 1476 1421 1778 1286
x264 52,84 45,47 52,66 41,54
Aida 64
(Copy)
43.967 MB/s - 45.227 MB/s 44.990 MB/s
Aida 64
(Write)
48.338 MB/s - 47.828 MB/s 47.823 MB/s
Aida 64
(read)
45.623 MB/s - 49.063 MB/s 48.487 MB/s
3DMark Fire Strike 16.633 16.530 16.371 16.133
3DMark Time Spy 6.560 6.544 6.651 6.353
Unigine Heaven 4.0 2.464 2.462 2.459 2.444

一般アプリ対比率

ベンチマーク名 Core i7-9700K Core i7-8700K Ryzen 7 2700X Ryzen 5 2600
wPrime 2.10
(32M Single)
127% 117% 100% 93%
wPrime 2.10
(32M Multi)
85% 85% 100% 74%
Cinebench 15 x64 83% 80% 100% 72%
x264 100% 86% 100% 79%
Aida 64(Copy) 97% - 100% 99%
Aida 64(Write) 101% - 100% 100%
Aida 64(Read) 93% - 100% 99%
3DMark Fire Strike 102% 101% 100% 99%
3DMark Time Spy 99% 98% 100% 96%
Unigine Heaven 4.0 100% 100% 100% 99%

ゲーム

一般アプリでは振るわなかった「Core i7-9700K」ですが「Far Cry 5」を除くと軽微な優位。
「Ryzen 7 2700X」に対して98%~103%と、クロックほどのフレームレート差は見られません。

また前世代の「Core i7-8700K」と比べても101%~103%と、下回らないものの誤差のレベル。
少なくともCore i7-8700Kからの買い換えは、まず控えるべきだと言えるでしょう。

Core-i7-9700k-benchmark-graph-game-1-640x218

ゲームタイトル Core i7-9700K Core i7-8700K Ryzen 7 2700X Ryzen 5 2600
Battlefield 1 117.6 fps - 112.6 fps 111.6 fps
Doom 168.9 fps 166.8 fps 161.0 fps 163.8 fps
Far Cry 5 102 fps - 91 fps 91 fps
Resident Evil 7 145.3 fps 142.8 fps 145.3 fps 143.5 fps
Rise of Tomb Raider(DX12) 116.6 fps 113.2 fps 116.0 fps 115.9 fps
Rise of Tomb Raider(DX11) 111.4 fps 110.7 fps 113.6 fps 111.0 fps
Total War Warhammer 2(DX12) 66.0 fps 64.5 fps 64.7 fps 64.3 fps
Total War Warhammer 2(DX11) 74.4 fps 73.8 fps 72.1 fps 72.4 fps

ゲーム対比率

ベンチマーク名 Core i7-9700K Core i7-8700K Ryzen 7 2700X Ryzen 5 2600
Battlefield 1 104% - 100% 99%
Doom 105% 104% 100% 102%
Far Cry 5 112% - 100% 100%
Resident Evil 7 100% 98% 100% 99%
Rise of Tomb Raider
(DX12)
101% 98% 100% 100%
Rise of Tomb Raider
(DX11)
98% 97% 100% 98%
Total War Warhammer 2
(DX12)
102% 100% 100% 99%
Total War Warhammer 2
(DX11)
103% 102% 100% 100%
平均 103% 100% 100% 100%

まとめ

  • Core i7-9700Kは、依然高いシングルスレッド性能を持つ
  • Core i7-9700Kは、ゲームにおいても滑らかな表示が期待できる
  • Core i7-9700Kが「Core i7-8700K」を下回る要素は確認できなかった
  • Core i7-9700Kは「Ryzen 7 2700X」に比べ、マルチコア対応アプリの動作で劣る
  • Core i7-9700Kは「Ryzen 7 2700X」と比べ、ゲームにおいて平均103%の優位に留まる
  • Core i7-9700Kは「Core i7-8700K」と比べ、ゲームにおいて平均102%の優位に留まる

引用元:Review: Intel Core i7-9700K (Exclusiva)

 

よく読まれている記事

-パソコン

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.