【DbD】発電機の修理を阻害する「破滅」への対策【必須パーク】

投稿日:2019年12月21日 更新日:

dbd-perk-ruin

殺人鬼の使用頻度が高く必須パークとも名高い、発電機の修理速度を遅らせる効果が厄介な破滅(ルイン)。
今回の記事ではこの「破滅」が選ばれる理由と、破滅中の修理方法と破滅を無効化する方法を解説します。


 

呪術:破滅とは?

デッドバイデイライトに登場するダウンロードコンテンツ対象キラー「ハグ」が持つ固有パークのことです。
装備して儀式を始めると生存者全員に作用し、発電機に修理遅延効果を与えることが好まれる理由です。

ちなみに英語設定では「Hex:Ruin」と表記されるため、ルインとも呼ばれます。

dbd-perk-ruin-info

呪術:破滅の効果

この呪いは生存者の発電機修理スキルに影響を与える
全ての生存者が破滅の呪いにかかり、次の効果を受ける

・スキルチェック成功:グッド発生時、発電機の修理が3・4・5%減少する
・スキルチェック成功:グレイト発生時、発電機の修理進行ボーナスが0%になる

呪いの効果は、紐付けられた呪いのトーテムが残っている限り持続する

破滅の判別方法

破滅が有効かどうかは、修理中に出現する「スキルチェック」で判別できます。
破滅が機能している場合、通常白色のスキルチェックが赤色に変化します。

破滅が厄介な理由はその効果にあり、グレイト以外では修理ゲージが減少することです。
つまりグレイトを出し続けないと、修理の進行が一向に進まない可能性があるのです。

グレイト:修理ボーナスが得られない
グッド:わずかに修理ゲージが減少する
バッド:爆発して修理ゲージが減少する

dbd-perk-ruin-repair

破滅中の修理方法(簡易対策)

破滅が発電機の修理を阻害する理由は、スキルチェックにおけるグレイト以外を無効化することです。
そのためスキルチェックさえ出さなければ、修理の進行を妨げる要素は理論上存在しえません。

つまり修理を短い感覚で連続して行えば、スキルチェックは出現せず破滅の効果を抑制できます。
もちろん破滅を完全に無効化したほうが修理速度が優れることは、無視できない事実です。

実際の操作方法は「左クリック長押し ⇒ 離す ⇒ 左クリック長押し」のループです。

dbd-perk-anti-ruin

破滅を無効化する方法(完全対策)

破滅を完全に無効化する方法は、マップ上のどこかに存在する点灯したトーテムを破壊することです。
この呪いのトーテムを破壊した時点で破滅は消失し、それまで機能していた修理の阻害効果がなくなります。

一応殺人鬼側の対策として呪いのトーテムを増やすパークもありますが、初心者がその読み合いに参加するのはゲームに慣れてから考えることです。

dbd-perk-ruin-on

補足として点灯していない標準のトーテムは、このようなデザインとなっています。

dbd-perk-ruin-off

 

よく読まれている記事

-DbD, ゲーム

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2020 All Rights Reserved.