TT-BH09 Bluetoothヘッドセット レビュー

2016年02月08日 [日記]

高音質コーデックのaptXに対応した、BluetoothヘッドセットのTT-BH09ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B01AUN35VM
今回の記事では雨や汗だけでなく粉塵にも耐性を持つという、この商品をレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B01AUN35VM&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B01AUN35VM

TaoTronics – Bluetoothヘッドセット TT-BH09ir?t=utf-8-e3-22&l=as2&o=9&a=B01AUN35VM

ポイント

TT-BH09の特長

デザイン
ケーブルが邪魔にならない、ネックバンド式を採用しています。
aptX対応
CD音質のサウンドを再生可能な、aptXに対応しています。
長時間再生
約10時間の音楽再生が行える、改良型バッテリーを搭載しています。

商品説明

tt-bh09-01-1-320x240

パッケージはこのメーカーでよく見かける、高さを抑えた形状です。

tt-bh09-02-1-320x240

商品内容はポーチ、ヘッドセット、取扱説明書、
USBケーブル、イヤーピース、メッセージカードの6点です。

tt-bh09-03-1-320x240

ヘッドセットの外観です。

tt-bh09-04-1-320x240

右側のイヤホンです。

tt-bh09-05-1-320x240

頭部側です。

tt-bh09-06-1-320x240

イヤーピースは3種類から選択できます。

tt-bh09-07-1-320x240

右側のイヤホン上部には、電源ボタンを搭載しています。

tt-bh09-08-1-320x240

側面には、充電用のmicroUSB端子を。

tt-bh09-09-1-320x240

下部には、ボリュームコントロールを搭載しています。

tt-bh09-10-1-320x240

左右を繋ぐケーブルは癖が強く、手を離すと瞬時に丸まります。

tt-bh09-11-1-320x240

左側のイヤホンです。

tt-bh09-12-1-320x240

右側のイヤホンと違い、ボタンは一切搭載されていません。

tt-bh09-13-1-320x240

右側のボリュームコントロールがあった位置も、フラットです。

tt-bh09-14-1-320x240

付属しているポーチです。

tt-bh09-15-1-320x240

中にはメッシュポケットを備えています。

tt-bh09-17-320x240

充電用のmicroUSBケーブルです。
フラットケーブルを採用しているうえに短いため、邪魔になりにくいです。

tt-bh09-16-1-320x240

今回のBluetoothヘッドセット TT-BH09の重量は、中型イヤーピース装着時で約24gでした。

まとめ

Bluetooth 4.1とaptXに対応した、ネックバンド式のBluetoothヘッドセットです。
頭の後ろから回す形で耳に装着するため、ケーブルが邪魔にならない点がポイントです。

また本体の形状も考慮されており、一度耳に装着すれば密着するためスポーツ時の使用にも対応。
雨や汗だけでなく粉塵に対する耐性もありますから、多少の天候の変化もお構いなしです。

さらに改良型バッテリーにより長時間の音楽再生が行え、頻繁な充電の手間からも解放。
同時に2つの異なるデバイスに接続できる、便利なマルチペアリングも行えます。

ちなみにその音質は低音過多の傾向であるものの、ボーカルもしっかり表現。
しかし低音を強調する度合いが強すぎるため、本体の音源を楽しみたい方には向かない印象です。

そのほか音源によっては高音がシャリ付き、気になる場面も。
全体的な傾向は元々低音の強いQY7をさらに低音よりにし、解像度を上げた感じでしょうか。

少なくともデザインと装着方法は、他社製品に勝る特長だと考えます。
右側に配置された各種ボタンも押しやすく、操作性も良好でした。

製品によってはボタン操作でイヤホンの位置がズレ、再度装着しなければならないものがあるのです。


 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ