Q16 完全ワイヤレスのBluetoothイヤホン レビュー

投稿日:2017年5月21日 更新日:

左右を繋ぐケーブルすら存在しない、完全ワイヤレスを実現したBluetoothイヤホンのQ16。
今回の記事ではイヤーフック採用で外れにくいよう改良された、このイヤホンをレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B06X3QXHXJ&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=li3&o=9&a=B06X3QXHXJ

SoundPEATS - Bluetoothイヤホン Q16

 

ポイント

Q16の特長

左右分離型
モノラル・ステレオの2つモードで使用できます。
高い装着感
イヤーフックだけでなく、3種のイヤーピースが付属しています。
マイク内蔵
通話にも使用可能な、マイクを内蔵しています。

商品説明

q16-01-320x240
前回紹介したD4と同じパッケージです。

参考記事:D4 クレードル付属のBluetoothヘッドセット レビュー

q16-02-320x240
商品内容はmicroUSBケーブル、イヤホン本体、キャリングケース、
イヤーピース、ユーザーガイド、メッセージカードの合計6点です。

q16-03-320x240
Bluetoothイヤホン本体です。
従来のモデルとは違い、左右間のイヤホンを接続するケーブルが存在しません。

q16-04-160x120 q16-05-160x120 q16-06-160x120 q16-07-160x120
左側のイヤホンです。
筐体表面は自身が好むつや消しブラックで、指紋汚れがつかない設計です。

q16-08-320x240
筐体上部には3つのボタンを搭載しています。
中央が電源管理やペアリングを行う機能ボタンで、左右が音量や曲移動を行うボタンです。

q16-09-320x240
筐体下部にはmicroUSB端子を搭載しています。

q16-10-320x240
microUSB端子はカバーで保護されています。

q16-11-320x240
付属しているmicroUSBケーブルは、先端から二股に分かれています。

q16-12-320x240
双方のBluetoothイヤホンを接続した状態です。

q16-13-160x120 q16-14-160x120 q16-15-160x120 q16-16-160x120
右側のイヤホンです。

q16-17-320x240
左側のイヤホンと全く同じ構造です。

q16-18-320x240
左右のイヤホンの判別は、イヤーフックの付け根で行います。

q16-19-320x240
付属のキャリングケースです。

q16-20-320x240
内部にはメッシュポケットを搭載しています。

q16-21-320x240
Bluetoothイヤホン両方の重量は、約22gでした。

まとめ

ケーブルから真に解放された、完全ワイヤレスのBluetoothイヤホンです。
本体にはイヤーフックを備え、スポーツで使用しても脱落しにくい特長があります。

また使用者の好みに合わせてサイズを選べる、3種類のイヤーピースも付属。
適度な固さのイヤーフックと合わせ、快適な装着感で音楽の試聴に集中することができます。

さらに左右分離型という特性を活かした、モノラルモードにも対応。
つまり右側のみ使用して、左側の耳には使用しないと言った使い方もできるのです。

この方法を利用すれば、音楽は聴きながら周囲の環境音に耳を傾けることが可能。
自身は推奨しませんが、移動中に使用する際にもきっと役立つことでしょう。

ちなみに実際の音質は、程良い低音と聞き取りやすい中音によりバランスの良い印象。
高音のシャリ付きも少なく、自身の環境では無音時のノイズも感じられませんでした。

ただし気になる点は、左右分離型による充電の煩わしさ。
前回のD4のように、こちらこそクレードルが必要だったのではと考えます。

 

よく読まれている記事

-日記

Copyright© Raison Detre - ゲームやスマホの情報サイト , 2018 All Rights Reserved.